絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:たくさんのふしぎ ( 5 ) タグの人気記事

押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

今年、小学一年生の教室前のトイレは殆どが和式です。

小学一年生にとって、この和式トイレが最初の難関かもしれませんね。

最近の幼稚園・保育園のトイレは洋式でしょうし、おうちのトイレもほとんどそうでしょう。

最近では自動で水が流れます、なんてお家も増えてきて・・・

小学校のトイレに入ると、流れていない。。。。なんて事もしばしば(^^;)

和式トイレだとう〇こ座りをするわけですが、このう〇こ座りが出来ない子も増えているようで、トイレの洋式化は、足腰の弱い子どもを作る事にもつながっているのかもしれません。


今日紹介するのは、そのトイレの話。

と言っても、和式か洋式かというレベルではなく、何でおしりを拭いていたかという話です。

私はとっても興味深く読みましたが、果たして今の子ども達にはピンと来るでしょうか?

おしりをふく話 (たくさんのふしぎ傑作集)

斎藤 たま/福音館書店

undefined


小学3年生位~


今や紙で拭くのは当たり前?

日本ほどトイレ環境の進んだ国はないでしょうね。

私がかつて勤めていたTOTOの、1982年に始まったCM。

不思議系キャラクターの戸川純が「おしりだって、洗ってほしい。」と語るこのCMは、社会に大きな衝撃を与え、温水洗浄便座の普及に絶大な貢献をもたらしました。

ウォシュレットはお尻に問題を抱える人にとって救世主のような存在。

しかし!

ビデは、女性のそもそもの体の自浄作用を崩すもので、使わない方が良いみたいです。

そして。踏ん張りやすい和式トイレの方が、便秘になりにくいという意見もあるのです。

一昔前の洗浄便座には温風機能があり、洗った後は乾かすでしたが、今のものには温風機能が付いていないと思います。

紙で拭くが一般的。

その紙・・・今は当たり前のようにありますが、昔はどうだったのでしょう?

これは、お尻を何で拭いていたかを知る科学絵本なのです。

トイレットペーパーという石油製品が登場する前は、

ちし紙という新聞紙やボロ布から作ったものを使っていました。

私くらいおばさんならば、四角い紙が束になったものを知っているでしょう。

が、ボロ布?

それはもっと前の事かしら?(^^;)

更にその前は、新聞紙や障子紙をはがしたものを。

さらにその前は・・・

なんと、葉っぱや木だったのです。

中には、痛そう(^^;)と顔をしかめちゃうようなものもあります。

どんな葉っぱや木を使っていたのか、どう使っていたのか、是非読んでみてください。

お尻を拭くものだけじゃなく、一昔前の人たちは、自然のものを使い、不要になればまた自然に返すという、循環型の地球に優しい暮しをしていた事も分かります。

便利で清潔な暮しになった現在、それは良い事でもあり、一方で行き過ぎた暮しには反省をします。

昔、あちこちを潜っていた若い頃、外国の地方に行くと、???これってどう使う?トイレで固まることもしばしば。

トイレットペーパーなどはなく、水を貯めた桶とが置いてあるだけとか、ね(^^;)

温水洗浄便座は確かに素晴らしいけれど、洋式便器も当たり前だけれど、

便秘人口が増えた事と関係がないわけではないのかも?

一番は、トイレだけでなく、西洋化した便秘になりやすい食生活の変化が問題ですね。

その事もこの本に書かれていて、な~るほどね!と納得します。



ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2017-04-15 07:53 | 知る | Trackback | Comments(0)
押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

しめかざり (たくさんのふしぎ傑作集)

森須 磨子/福音館書店

undefined


読んであげるなら 7歳くらい~


一般的な松の内とされる今日1月7日を境に、注連飾りを外される所が多いのでしょうか?

ただ世間は今日からまた三連休。

ここを過ぎないと正月気分は抜けなさそうです。

あっという間の冬休み、子ども達のお休みも今日を合わせてあと三日。

お休み最後のこの週末は年始めの大会で、何だかバタバタ忙しかったお休みが終わります。

毎年毎年、注連飾りを作ってみたいと思いながら・・・ああ今回も出来なかった。

この本を読むと藁の香りの清々しい注連飾りを作ってみたい!という気分になります。



注連飾り用の稲は普通の稲とは異なる、1m以上の長さにもなる特別な種類のもの。

それをまだ暑い夏の内に刈り取り、温度20度、湿度50%の暗室で保管。

藁をより合わせることと綯う(なう)と言う事を子ども達はこの本で知るでしょう。

注連飾りには左綯い。

昔から左を「聖(神聖)」、右を「俗(日常)」とする考えがあるそうです。

そういう理由と、左綯いのほうがほどけ難いという理由から、注連飾りには左綯いをするのだそうです。

そして注連飾りは地域によって、実に様々な形があることに驚かされます。

それぞれ、深い意味と先人達の強い思いが込められています。

また付いている飾りには、お節料理と同じく意味があります。

今時の飾りの方が洒落ていると思っていましたが、やはり意味のあるものを飾るべきだなあと思いました。

最後に、広島の安芸の宮島の老舗旅館「岩惣」のしめかざりが紹介されています。


いつかは訪れたい旅館です。


もうお正月のの本は・・・と言わず、このお正月休みの間、あちこちで子ども達も目にしたであろう「しめかざり」について、学んでみるのはいかがでしょう?


大切にしたい日本の文化です。

3年後のオリンピック、日本の文化を伝えられる日本人になりたいです。


ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2017-01-07 09:59 | 知る | Trackback | Comments(2)
押してくれると、うれしいな(^^V) 


にほんブログ村 

一日目の夜、ホテルのディナーをたらふく食べた為、2日目の朝はお腹が空かず(^^;)

朝食をランチに変えて、いざビーチへ!

e0160269_12022387.jpg

まだ8時前、一番乗りかと思いきや、先着あり。

ビーチショップで、パラソルとビーチチェア・ボディーボード・エアマット・お砂場セット・そしてバスタオルをレンタルして、まずはプールで一泳ぎ。

それから息子達とパパは、ホテルビーチ奥に浮かぶオーシャンパークにて、パワーゲーム。

e0160269_11465249.jpg
e0160269_11472678.jpg
マウンテンによじ登り、反対側の急な斜面から海に飛び込んだりしたそうですが、私はhaneちゃんに付いてプールで遊んでいたし、なかなか写真を撮れず。

奥に見える船の辺りの赤いブイは、辺野古の立入禁止区域。

前日、海水のしょっぱさを味わったhaneちゃんは、専らビーチサイドプールです。

e0160269_11543200.jpg
オーシャンパークで小二時間遊び、砂遊びに興じる子ども達。

この前に、ボディーボードで私と息子達は海で泳ぎました。

パパはオーシャンパークで疲れ果て、ビーチチェアに横になっていて、写真を撮ってくれてなかった(^^;)


e0160269_11565770.jpg
sohtaが乗っているエアマットがよく水に浮き、海で漂っているとメチャ気持ち良い♪

e0160269_11584976.jpg
海はイヤ!とビーチで砂遊びのhaneちゃん。

ここの海は急に深くなっていて・・・水の色の違いが分かるでしょ?

青い所はもう足が付かない。

これは干潮時。

既に12時を回り、4時間ちょっと海とプールで遊んだのでお腹ぺっこぺこ。

ランチをホテルのイタリアンレストランで取って、プールもビーチも混んで来たので、美ら海水族館へお出掛けしま~す♪

カヌチャからは小1時間。

そんなに長く車に乗るのはイヤだ、ゴルフをやりたい!とsohta
.
ゴルフをするにはまだ陽差しが強すぎて、帰って来てからにしようよ!と説得。

(帰って来たのは既に6時半をまわっていたので無理でしたが・・・)


さて沖縄の家はコンクリートの四角い家が多いです。

昔ながらの赤瓦屋根の木造建築は、大通りを走っていたらまず見かけない。

で、こんなにものコンクリートをどこから?

と思っていたら、美ら海水族館へ向かう名護北部の海沿いの道沿いは、広大な採掘場。

この採掘場は、かなりなが~く続きます。

左側の海には、懐かしの伊江島が見えます。

ここの海のダイビングも面白かったなあ。

レアな魚が数多く見れました。


さあ、いよいよ美ら海水族館に到着♪

何と言ってもジンベイザメですね。

三匹もいました。

e0160269_12172811.jpg

魅力的な南の海のお魚ちゃん達がた~くさん。

毎晩、日本産魚類生態大図鑑を眺めていた私はどこへ?(^^;)

日本産魚類生態大図鑑

益田 一,小林 安雅/東海大学出版会

undefined


全く魚の名前が浮かんでこない(><)

すっかり海から足を洗ってしまったな。。。。。。

そして、ここには大浦湾のアイドル、ジュゴンちゃんも居ます。

e0160269_12244207.jpg
e0160269_12274820.jpg
奥に見えるのが伊江島です。

e0160269_12283478.jpg
美ら海水族館は、実に立派な建物です。

もう一度しっかり魚の勉強を!と図鑑を買い込んで来ました。

でも、子ども達が一番じっくりと見ていたのはお土産屋さん!?

ウミウシ (たくさんのふしぎ傑作集)

中野 理枝/福音館書店

undefined


小学3年生以上向け

色鮮やかで、様々な形の巻貝の仲間、ウミウシ。

昔、海の中で色んなウミウシを見てきましたが、貝殻を背負ったものは見たことがありません。

もしかしたら、貝殻を背負っているウミウシが居る事を知らなかったので、目に入らなかったのかも!

しなやかにヒラヒラを海中を泳ぐもの、そう思っていたからでしょうか?


この本の裏表紙には、42種類ものウミウシの写真が載っていますが、そのどれもが鮮やかで美しい。

この美しさ・鮮やかさにはヒミツがありました。

ウミウシの餌はカイメンやホヤ。

これらには毒があるのですが、ウミウシにはその毒が利きません。

ウミウシはこの毒をも自分の体の中に蓄え、そして体色も餌と似た色になり、擬態化します。

が、餌がなくなると、この色は勿論かなり目立ってしまいます。

しかし、この色は自分には毒があることを周囲にアピールするように働くのだそうです。


では敵なし!?なのかと思いきや、意外な所に敵がいたのです。

それは、なんとウミウシなんですって!

キャー恐ろしいですね(><)


ウミウシってどんなもの?

そう思った方、海へお出掛け予定のある方は是非、読んでみてくださいね(^^)


てっぽうをもったキジムナー (童心社の絵本)

たじま ゆきひこ/童心社

undefined

読んであげるなら、7歳位~

(書き出し)

これは、おきなわに すんでいる さちこという 女の子のはなしです。

「おおきな木には、キジムナーが すんでいるんだよ」

さっちゃんは、カリエスという びょうきで、あるけません。

まいにち、おばあさんのうばぐるまで 学校へかよっています。

日本は、アメリカ、イギリス、中国など アジアの国ぐにをあいてに、せんそうを はじめました。

校長先生は、子どもたちのまえで、

「てんおうへいかのために、せんそうをかちぬこう。日本は、神さまの国です。さいごに かちます。かならず かつ」

と さけぶのでした。

からだのふじゆうな さっちゃんも、うんとべんきょうをして、てんのうへいかの おやくにたとうと、おもうのでした。

男の子は、いつも せんそうごっこです。


(あらすじ)

戦争が激しくなると、勉強は無くなり、毎日竹やりでアメリカ兵をつく練習です。

お父さんも兵隊になって、戦争に出て行きました。

アメリカの飛行機がたくさんの爆弾を落とし、何もかもめちゃめちゃになってしまいました。

疎開する人も増えました。

しかし、体の弱いものは邪魔にされると、おばあさんとさちこは沖縄に残りました。

次第に戦争は激しくなり、おばあさんは爆弾に当り、粉々になってしまいました。

気が付くとさっちゃんはフヌギの木の下まで吹き飛ばされていました。

竹やりを持ち、赤ちゃんを背負ったままアメリカの戦車に突っ込んで行ったハナおばさん。

ひとりになったさっちゃんは、這って近くのほら穴に逃げ込みました。

穴の中の島民に兵隊は手榴弾を配り、自決をうながします。

あちこちで手榴弾が爆発。

でもさちこは生きていました。

それから何日も死体の間で隠れていたさちこ。

お腹も空き、喉も乾き・・・

でも怖くて洞穴から出る事は出来ません。

辺りが静かになってから、穴を出たさちこ。

黒焦げになった死体の上を這いずり回り、食べ物を探しました。

大きなガジュマルの木が立っていました。

大きな木にはキジムナーがいて島を守ってくる・・・おばあさんの言葉を思い出しました。

気を失ったさちこの口の中にやわらかいものが押し込まれ、目を開けると、目の前に居たのはキジムナーでした。

それから暫くキジムナーといたさちこ。

体の弱ったさちこの為に、食べ物を探しに、昼間、木からおりたキジムナー。

パンパンパン

鉄砲の音がして・・・・

*****

翁長沖縄県知事の言葉(毎日新聞より)

「沖縄が自ら基地を提供したことはない。普天間飛行場もそれ以外の基地も、戦争が終わって県民が収容所に入れられている間、『銃剣とブルドーザー』で強制接収されたものだ」

「県民に大変な苦しみを与えておいて、その危険性の除去のために『(代替の新しい基地も)沖縄が負担しろ』『お前たち、代替案を持っているのか』という話がされること自体が、政治の堕落ではないか」

支持率が下がったからと、取って付けたような政府対応、
米軍普天間飛行場の移設作業の1カ月間中断。

台風通過時期でもあって作業が進まないからか?

観光シーズンであり、更なる支持率低下が心配だからか?

国内でもちゃんと説明できない政府、外交交渉なんて無理か?

今の政治家たちじゃ、アメリカの傘に入る以外選択肢がないんだろうな。

どこが政治?政治家なんて・・・よく言えたもんだ。

沖縄に行って、目の前に辺野古が無かったら、これほど考える事は無かったかも。

目で見て、感じる事、大事ですね。


ブックオフオンライン

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す


お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
 
 ↓  ↓  ↓

にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2015-08-07 23:36 | 戦争と平和を考える | Trackback | Comments(0)
押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村



小学4年生くらい~

(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)

ガリバーが小人国に流れついた。

「すさまじく大きな人間じゃ。

なに、背たけがわしの12倍もあるのか。

さぞかし、たくさんたべるであろう。

12倍たべるのじゃろうか?」


「陛下、それはちがいます。

問題は体重です。・・・」


 * * * * *

(以下、あらすじです)

「いや、お待ちください。食べる量は体重ではなく、表面積だとおなじようにふえるのだと、私は考えるからです。」


体重説なら1728人分。

表面積説なら144人分。

どちらが正しいのだろうか?


正解は185人分。


表面積説の方が近いけれども、少しずれている。

単純に表面積とともに増えるわけではなさそうだ。


小さなネズミから、大きなゾウまで食べる量を調べてみると・・・

体重と食べる量の間には、決まった関係がある!

食べる量は、体重の増え方ほどは多くは増えない。

ゾウはネズミの10万倍重いけれど、食べる量は約3000倍。

ゾウって意外と小食!


小さいものは体の割りに大食いで、食事と食事の間の時間も短い。

しょっちゅう食べている。

ネズミ(200g)はたったの4日で自分の体重と同じ重さのえさを食べる。

ウシ(450キロ)は体重分食べるのに一ヶ月以上掛かる。


小さいものほどせかせかしている。

大きいものはゆったりしている。

体重が増えるにつれて、時間はゆっくりになる。

食べ物を食べてからうんこになって出ていくまでの時間も、

筋肉が1回ピクンとちぢむ時間も、

血液が一巡する時間も、

赤ちゃんがお母さんのお腹にいる時間も、

生まれてから大人になるまでの時間も、

生まれてから死ぬまでの時間も・・・

小さいものは短い一生。

大きいものは長い一生。


でも・・・・


人間の心臓は1分間に60から70回打つ。

ハツカネズミは1分間に600回近く打つ。

ゾウは1分間に30回。

大きいものほどゆっくり心臓は打っている。

息をスーハー出し入れする時間も、

ハツカネズミは1回の出し入れに0.4秒、

ゾウは8秒掛かる。

体重が増えると、心臓の動きも肺の動きもゆっくりになっていく。

呼吸の間隔の時間を心臓のドキドキの時間間隔で割ると・・・4!

体重に関係なく、どの動物も息を1回吸って吐く間に心臓は4回打つ。


寿命を心臓の打つ時間で割ってみると・・・一生の間に心臓は15億回打つ。

ゾウもネズミも同じなのだ。

それぞれの動物の心臓が1回打つ時間を基準にすれば、ゾウもネズミも全く同じだけ生きて死ぬ事になる。


体重あたりの食べる量と時間のゆっくりになるなり方は、なんと同じ。

だからゾウもネズミも、1kgの体重当たりにして比べれば、一生に食べる量は同じ。

一生の間に活動する量も同じ。


小さい動物は短い一生を全速力で駆け抜ける。

大きい動物はゆっくりのんびり生きていく。

それぞれの動物は、ぞれぞれの時間の中で生きている。

*****

この本の説は殆どの動物に当てはまるそうです。

が、例外も!

例えばナマケモノ。

大きくないのに、かな~りゆっくり(^^;)


さて、人間は?

この説からすると、人間の寿命は26.3歳だそうで・・・今は80年くらいですか?大分違いますね(^^;)

でも、縄文人の寿命は31年だったんですって。

安定した食料供給、安全な都市や医療の発達等が飛躍的に人間を長寿化させた要因だと。

動物学的にみれば、子育てを終えた後はおまけの時間。

そうか(^^;)

人間の子育て期は、寿命が長くなった分、伸びているのかもしれませんね。

子どもの自立に時間が掛かっている人は、長生きなのかしら?

でも、それでは困ります(><)


子どもにも、ゆっくり成長するタイプ、早熟なタイプといますが、最終的には時間と速度を掛け合わせると一緒なのかな?

なかなか結果に繋がらない息子達ののスイミング。

中学生・高校生になった時に花開け!と願っているが、

パパ曰く、

小さい時から早くなけりゃ、水泳は無理。

かな~りキツイスイミングの練習。

ある程度大きくなってからでは、キツイ練習にはついていけない。

でも、すぐに結果が出なくても、地道に実直に努力を続ける事、それしかない。

練習を休まない・・・うちの子達、それだけは◎です。

ブックオフオンライン

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

 * * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  ↓  ↓  ↓    

にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2015-06-05 12:46 | 童話 中学年向け | Trackback | Comments(2)
押してくれると、うれしいです056.gif


にほんブログ村

バスの添乗さん 「あら、何入ってんの~?」

haneちゃん 「これーっ♪」

バスの添乗さん 「えーっ、もしかして・・・昨日のカエルーっ!?

生きてたのーっ!!!

昨日さあ、haneちゃんがさ、リュックをバンバン叩いててさあ、

中にカエルが入ってるって言うからさあ、

ここで開けなくて良いから、家でそうっと開けてって言ったのよ~

・・・・絶対つぶれてるって思ってた」


幼稚園で捕まえてきた、一匹のアマガエル。

今朝は、虫籠に入れて、一緒に登園です。

昨日、今日の支度をし始めた夕飯前、

「そういえば、カエルつかまえたんだった」と、

ビニル袋を開けたhaneちゃん。

「えーっ!?今頃ーっ?それに・・・リュックの中じゃん!」

しかしそのカエルは、以外にも元気で(^^;)

ビニル袋から出して、なでなでしているhaneちゃん。

「みてーっ!かわいい」


そうなんです!

haneちゃんは、アマガエルがだ~い好き♪

今日はお友だちを探してくると言ってましたが、

帰って来た虫籠には朝居たあの、アマガエルが一匹だけ。


飼うというので、

それでは!と、先程読んだのが、この科学絵本



読んであげるなら 7歳くらい~

(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)

「おや、こんなところにカエルが」

流しの中に、一匹のアマガエルを見つけました。

図鑑にあるような美しい緑色ではありません。

灰色をしています。

5月のさわやかな風をいれようとあけておいた、洗面所の小窓から入りこんだのでしょう。

それから何日かたちましたが、カエルはずっと、流しの中にいました。

時どきは洗面所の中をあるいていることもありますが、おおかたは、流しのふちにじっとしているのです。

何が気に入ってそこにいるのでしょう?

そして暑い夏の日もすぎて、すずしい風がたちはじめたころ、カエルはいつのまにか、いなくなっていました。

次の年の5月、雨の日のことでした。

台所の戸をあけたとたん、まちかまえていたかのように、外から一匹アマガエルがとびこんできたのです。


* * * * *

(以下、あらすじです)

それは間違えなく、去年の夏洗面所にいたカエルでした。

窓をあけてやりましたが、次の日も、また次の日もそこにじっとしてたカエル。

ハエを捕まえて楊枝の先につけてカエルの口にもって行くと、

「パクリ」

その年もまた流しにいて、すっかり私に慣れてしまったのです。

夏が過ぎると、またカエルは居なくなってしまいました。

そして3年目の5月。

洗面所の小窓をいっぱいに開けておくと・・・・

ある日、流しにまたあのアマガエルの姿が!

それから暫くして、今度は台所のドアにピッタリと止まっている、もう一匹のアマガエルを発見。

秋になっても外に帰ろうとしない二匹を外に放した所、

膝に飛びついてきたカエル。

「やっぱり家におこう」

さてさて、カエルって一体どうやって飼ったらいいのでしょう?

*****

自然や環境、人間の生活・歴史・文化から、数学・哲学の分野まで、あらゆる“ふしぎ”を、

毎号一つのテーマについて考える小学生(3、4年生以上)向き月刊誌「たくさんのふしぎ」。

これは、その傑作集の一つ。


ちょっと描写が難しいのと、結構長いのと・・・

大好きなアマガエルの話でも、

相当お疲れだったhaneちゃんは、遅かった事もあり、途中で夢の中へ。

しかし熱心に聞き入っていたそうたとたいちは、

haneちゃんが捕まえてきたカエルを、飼うのだそうです(^^;)

しかし、haneちゃんが園と家を行ったり来たり、そして身体を触るたびにきっと、

アマガエルは弱くなっていく事でしょう。


この本を読むと、

以外や以外、長生きするようで・・・

この本に登場するカエルは、13年もの間飼われていました。

そして、あんなに小さい頭でもカエルって、懐くみたいで(^^)

ハエを捕まえてきて食べさせると言っておりますが・・・

捕まえられるのかなあ・・・


それにしても、まあ生き物を飼うっていうのは、

犬でもねこでもカエルでも、一緒なんですね。

長く飼ってると、情が湧くものなんですね。


でも・・・・

庭に放置の飼育ケースに入ったザリガニは、もう冬眠から覚めてるよ~!

カエルの前にそっちもチェックしてね~!!!

しっかし、ザリガニの生命力って凄い!!!


ブックオフオンライン

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

 * * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  ↓  ↓  ↓    

にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2014-05-13 22:47 | 自然の本 | Trackback | Comments(2)