絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村


小学6年生くらい~

フランスに暮らしていたユダヤ人少女ファニーの戦争体験で、作者の実話です。

物語は1939年8月、フランスの秘密警察に連行される父親の話で始まります。

ナチスが権力の座に付いた時、ユダヤ人である一家5人はドイツからフランスへ逃げて来たのでした。

「パパを連れて行かないで!」と戸口で通せんぼしたファニーの頬にキスをしたパパ。

「明日朝5時に警察署に来なさい。だんなさんを釈放するから。これは単なる手続き上のことでね・・・・」と一人の警官は言いました。

フランスなら大丈夫だと思っていたのに・・・・・

しかしユダヤ人差別は、恐ろしい早さでフランスにも広がっていて、ファニーはそれをひしひしと感じていたのです。

学校でも・・・・


次の日、ファニーとママは警察署に行きました。

しかしいくつの警察署を訪ね歩いても、何の情報も手に入りませんでした。


その晩、ママは言いました。

「ここはもう危険だから逃げなければならないの。モンモランシーに、児童救済協会の子どもの家があるのよ。でも、そこに行けるのは子どもだけなの」


ママと別れ、二人の妹と共に子どもの家に来て三年が経ちました。

年上の子も居たけれど、その中でファニーは子ども達のリーダーになっていました。

ここでの暮らしは穏やかでした。

戦争はひどく遠くに感じられました。

でも、1942年5月、ついに戦争の影はこのショーモン城まで伸びてきて・・・・

*****

1943年、児童救済協会は、子ども達を国境を越えてスイスに逃がす計画を立てました。

その時ファニーは13歳。

その危険な旅の途中で引率者の青年が逃走。

そして、ファニーは突然、大勢の子ども達の命を預かるリーダー役を任されることになったのです。

子ども達だけの逃避行。

ギリギリの精神力と体力と、絶対に生きるんだ!という強い意志。

13歳の指揮官ファニーに学ぶことは様々で、深く大きい。

このお話は映画にもなっています。

予告編を見ただけで、涙が止まりません。

映像になっちゃうと、生々しくて、ぐさぐさ刺さります。


物語の最後にエピローグが載っています。

パパもママも強制収容所で殺されたそうです。

ファニーがそれを知ったのは、戦争が終わり、フランスに戻った1946年のことでした。

フランスでの帰化申請に、テストと36000フランが要りました。

途方に暮れるファニーを救ったのは、かつてファニーが力を貸したレジスタンスの若者でした。

ファニーはレジスタンスの命を救った功労で、戦時功労特別賞を与えられ、フランス国籍も手に入れたでした。


ファニーは今、イスラエルに暮らします。


最後に訳者の伏見操さんの言葉を。

「想像力の大きな役割のひとつは、ほかの人の苦しみや喜びを察することです。そうすることで、世の中にあるたくさんの問題に立ち向かい、自分だけでなく周りの人たちもよりよく生きていけるはず。」


世界の情勢を知るために↓

中高校生向けに書かれているだけあってわかりやすい。


ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村

# by yomuyomuehon | 2017-09-11 15:18 | 戦争と平和を考える | Trackback | Comments(0)

読書は宝探し?

押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

折々のことば 9/6より

「本を読むにはエネルギーが必要です」中川李枝子


オビや目次を眺め、頁(ページ)を繰っているうち、ある文章に目がとまる。引き込まれもすればがっかりもする。が、ひたすらそれをくり返す中で、すごい本、つまらない本を嗅ぎわけるこつを憶(おぼ)える。楽して未知の世界はこじ開けられない。課題図書を読むだけ、言われて感想文を書くだけでは「幸福発見の貴重な技術」は身につかないと、児童文学作家は言う。『子どもはみんな問題児。』から。


夏休みの宿題の中で、頭を悩ますものの一つに読書感想文があります。

課題図書があるのは、比較しやすいからでしょうか?

読んだ感想を聞くなんて野暮なこと。

感想文=道徳か!?と思うこと多し。

心に引っ掛かるか否か、引っ掛かる場所も人それぞれ。

感想文は作文力だけ気にすれば良いと思います。


たくさんの本を読む中で、これ!という作品に出会ったときは宝物をみつけたようで、読書は宝探しに似ています。

形あるものとして手元に残るわけではないけれど、体の一部に引き出しとなって残り、その都度必要な引き出しを開く・・・そんな感じです。

ただ形あるものではないので、ファイリングは難しく、引き出しの存在に気付かない事もありますが・・・・

ただ数多くの引き出しを持っている人の方が豊かな気がします。

豊かな人間になりたいものです。


生まれる前から読み聞かせをしてきたにもかかわらず、上の二人は全く本を読みません(><)

専ら漫画です。

最近買ってくれ!と頼まれているのが、

新刊でそろえるとなると60冊はお高いっ!(^^;)

一方haneちゃんは漫画も好き、特に好きなのはこち亀。

こちら葛飾区亀有公園前派出所 1-25巻コミックセット (ジャンプコミックス)

秋本 治/集英社

undefined


ですが、かなりの読書好きで、夏休み中に読んだ本は40冊以上。

最近ではラモーナシリーズの↓も読むようになりました。

ラモーナとあたらしい家族 (ゆかいなヘンリーくん)

ベバリイ クリアリー/学習研究社

undefined


そのhaneちゃんがこの一週間に読んだのが、

おにいちゃん (おはなしドロップシリーズ)

後藤 竜二/佼成出版社

undefined



プレゼントはお・ば・け

西内 ミナミ/フレーベル館

undefined


王さまのアイスクリーム (ゆかいなゆかいなおはなし)

フランセス ステリット/大日本図書

undefined


小さな赤いめんどり (こぐまのどんどんぶんこ)

アリソン アトリー/こぐま社

undefined


せなかのともだち (PHPとっておきのどうわ)

萩原 弓佳/PHP研究所

undefined


そして特に面白かったと言っているのが、

しょうぶだしょうぶ!―先生VSぼく (わくわくえどうわ)

野村 一秋/文研出版

undefined



です。

楽しい楽しい物語の世界に足を踏み入れたhaneちゃん。

お話のなかではどこへでも旅が出来、誰にでもなる事が出来ます。

とても自由です。

これからも色んな旅を楽しんで欲しいと思います。


そして今、目の前で読み始めたのが、


ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村

# by yomuyomuehon | 2017-09-10 08:49 | 童話 低学年向け | Trackback | Comments(0)
そr押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

そらいろ男爵

ジル・ボム/主婦の友社

undefined


読んであげるなら 7,8歳~

100年くらい前のお話。

まだ、戦争を人の手で動かしていた頃の事。

空と見分けが付かないように、空色に塗った飛行機に乗るそらいろ男爵。

誰にも邪魔されず、鳥を眺めていた男爵も、地上で戦争が始まったとき、戦争に行かなくてはならなくなりました。

そこで空色の飛行機を迷彩柄に塗り替えて、男爵は砲弾になるものを探しました。

重くて、当たったらガツーンと痛いもの・・・

これだ、分厚い辞書だ。

・・・というわけで、12巻の百科事典を飛行機に載せ、戦地へ。

上から敵に向かって手落とし(^^;)

見事命中。

男爵は大活躍。

けれども、12巻では足りません。

戦争は続きます。

男爵は行っては帰りを繰り返し、最後の分厚い本「戦争と平和」を落としたところ、残念!

本はまともに当たらず・・・・

けれども、敵の大将はそれを拾い、夜通し読んだのです。

次の朝、隊長の目は真っ赤。

戦いの命令はストップしたのでした。

これに気をよくした男爵は作戦変更。

分厚い本はないけれど・・・・

*****

この本を、アの国のTさんと、キの国の金さんと、ニの国のあ~さんにプレゼントしたいものです。

この本の唯一残念なところは、裏表紙の男爵の飛行機がまだ迷彩柄のままなこと。

裏表紙を見て、ああ戦争が終わって空色男爵はまたバードウォッチングに興じる事が出来たのね☆って感じる事が出来たら良かったのに。。。。


”ペンは剣よりも強し”


戦場にいる兵士の果たして如何ほどが本を読めるのか?

アフリカや中近東で起きている紛争に引きずり込まれた若き兵士たちは、まともに教育を受けて育ってはいないでしょう。

それ故、教育というもの、知るということの重要性を感じずにはいられません。

私たちも、偏った報道や、ワイドショー化したTVに惑わされることなく、歴史から学び、自分の考えを持たなくてはならないと思います。

その考えをお互いに付き合わせ、自己主張のみでなく、互いの意見も受け入れあえたら・・・う~ん、戦う事も回避できるのでは。。。。

甘いかな?

でも、

戦争が生むものは、苦しみや憎しみ・・・負の連鎖。

かたや教育が本が生むものは、楽しさであり、喜びであり、生きる希望。


さて、今朝の朝日新聞に載っていたのは、「完訳 ファーブル昆虫記」を完成させた奥本大三郎さんの記事。

完訳ファーブル昆虫記 第1期 1-5巻 全10冊セット(化粧ケース入り)

ジャン=アンリ・ファーブル/集英社

undefined


完訳ファーブル昆虫記 第2期 6-10巻 全10冊セット(化粧ケース入り)

ジャン=アンリ・ファーブル/集英社

undefined


昆虫記の魅力は、虫の本能から人間社会を哲学的に考えている点にもあると仰います。

最終巻で、オサムシの残虐な捕食を描写した後に記されていること。

「幸福な民族というのは、もっとも大量に大砲を保有している民族のことではなく、平和に働き、豊富に生産する事の出来る民族のことなのだ」

たかが虫。

されど虫。

虫けらというて、侮ることなかれ。

虫から学ぶことはまだまだ多い。


ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村

# by yomuyomuehon | 2017-09-09 10:36 | 戦争と平和を考える | Trackback | Comments(0)

「塩田の運動会」

押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

今日は大分涼しく・・・と言うより肌寒いですが、例年ならば残暑厳しい時期です。

気温からは秋とは言えないこの時期に、多くの小学校で運動会が行われます。

スポーツの秋と言うならば、やはり10月になってからの運動会が理想です。

子ども達が通う小学校の運動会も、来週末に行われます。

連日、読み聞かせやPTA活動で小学校に行っているのですが、今時の音楽が、校庭から体育館から聞こえてきます。

sotaが一年生だった6年前は、それまでの幼稚園の運動会と全く異なるこの音楽ガンガン!の運動会に、驚きと新鮮さいっぱいでしたが、さすがに慣れて当たり前になりました。


最近の運動会はフェス化していると言われています。

テントにテーブル・・・学校に持ち込むものが多く、まるでフェス!?


この絵本に、自分が小学生だった頃のなつかしい運動会の姿を垣間見ました。


江戸時代から続く塩田が栄えた山口県防府市三田尻塩田。

昭和34年、政府は塩業整備臨時措置法によって、塩の需要と供給のバランスをとるため、多くの塩田を廃止。

その一つが三田尻塩田でした。


その跡地はやがて工業団地に生まれ変わります。

その前に、「この場所を皆の記憶に残そう」と、地域をあげて、この跡地で運動会を行うことになったのです。

大人も子どももこぞって参加するお祭りのような運動会。

それと交互に描かれるのが、古代から延々と続けてきた塩作りの営みです。


”お祭りのような運動会”

かつては稲刈りの後、10月の秋晴れの日に行われた運動会。

それは地域を挙げて、家族総出で、本当にお祭りのようなものでした。

このお話の中で、お昼に近所の人と酒を組み合って、酔いの回ったお父さんは、リレーでまさかのスピードダウン。

今の時代、非難囂々でしょう。

でも、学校行事とはいえ、かつての運動会は地域のお祭り・交流会というものだったのかもしれません。


さて、食卓に欠かせない塩ですが、何をお使いですか?

私が普段使うのは、醤油・酒・みりん・塩・酢・(砂糖少し)くらいなので、これだけは良いものを使います。

塩は海の精を使っています。ちょっとお高いですが・・・・(^^;)


ことばのしっぽ - 「こどもの詩」50周年精選集

読売新聞生活部(監修)/中央公論新社

undefined


読売新聞家庭面の「子どもの詩」が50周年を迎え、本になりました。

子どもの詩って、飾らなくて、心のまんまで、輝いています。

楽しい詩、悲しい詩、全てが生き生きしていて、採れたての果物か野菜のようです。

選者は、山本和夫さん→川崎洋さん→長田弘さん→平田俊子さんと変わり、選者によって選ばれた作品にも変化が見られます。

平田さんは川崎さんの選び方に似ている気がします。

で、私は川崎洋さんの詩が好きなので、やはり川崎さんが選んだ子どもらしい詩に、笑ったり涙したり。。。。


その中で、運動会にちなんで「つなひき」を!

つなひきにはお母さんが 出ました

PTA会長の青かげさんは きいろ組です

顔を真っ赤にして 「ワッショイ」と 言っていました

おわったら手がくさかったです


青・黄・赤というコントラストに、最後の「手がくさかったです」

う~ん、最高です。

小学4年生の男の子の作品。


他にも素敵な詩がいっぱいです。

是非、ご覧になってください。



ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村

# by yomuyomuehon | 2017-09-06 17:23 | 秋の本 | Trackback | Comments(0)

夏休みの宿題

押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

夏休みの最後はいつも宿題に追われていた子ども達、その傍らでキーキー騒ぐ母。

しかし今年は?

私の手から離れたsota中1。

7月中に課題を終えていたhaneちゃん。

後半は、合宿・jocと予定いっぱいだったtaichiも自由研究以外を早々に終わらせ、

その自由研究はhaneちゃんとの共同作業にし、

しっかり者のhaneちゃんにかなり助けられたtaichi。

毎朝のランニングを夏休みの日課にしていた子ども達。

そのついでに行った「公園での抜け殻調査」が自由研究になりました。

合宿などで留守が多かったtaichi。

よって、haneちゃんの担当した日が多く、haneちゃんも朝練の土曜日は、私が散歩がてら抜け殻調べ。

夏の朝は公園で歩いている人が多く、

何度もおじいちゃん達に、「何をしているのか?」と聞かれました。

抜け殻を見せても「それは何?」と聞くおじいちゃんには正直驚きました。

どんな都会に育っても、蝉はいるはず、だけど。。。。。

天候と気温と蝉の数を調べると、今年の夏は曇りか雨ばかりで、アブラゼミの出現も遅く、秋の訪れをを告げるように鳴くツクツクボウシはかなり早い時期から鳴き始めました。

思えば先週くらいしかギンギンギラギラの太陽を見ることがありませんでした。

何年も続けて調べたら、面白いなあと思うのですが、

果たして子ども達が来年も同じ事をやる!言うかどうか?

自由研究中に読んだのは、

はじめて見たよ!セミのなぞ

新開 孝/少年写真新聞社

undefined


ファーブル先生の昆虫教室

奥本 大三郎,やましたこうへい/ポプラ社

undefined


鳴く虫の科学: なぜ鳴くのか、どこから音を出すのか、そのメカニズムを探る (子供の科学★サイエンスブックス)

高嶋 清明/誠文堂新光社

undefined


セミの一生 (科学のアルバム)

橋本 洽二,佐藤 有恒/あかね書房

undefined


ファーブル昆虫記〈3〉 セミの歌のひみつ

奥本 大三郎/集英社

undefined

などです。

私は

素数ゼミの謎

吉村 仁/文藝春秋

undefined


も読んでみました。

吉村先生はもちろん!昆虫少年だったそうです。

虫から見えること、学ぶことは限りなし。

悲しいことに、上の二人は虫への興味なし(^^;)

haneちゃんは、普通の女子的に「きゃー、きもーい」ってなことにならず、このままセミもトンボも素手でパッと捕まえる事が出来る虫好き女子として育って欲しいなあと思うのですが・・・きっとパパは逆だろうな(^^;)

親が一番嫌がる宿題がこの自由研究だそうですが、

私は仕事を持っていないので、子どもに付き合うことが出来ることもあり、仕事で忙しい方には申し訳ない。

自由研究こそ夏休みの一番大事な宿題だと思っていて、それによってこちらも学ばせてもらっていて、楽しいったらないのです。

なんたって、”自由な”研究です。


それにしても今年の夏はなんてこと!

冷夏ではないにしろ、陽が出ない。

もう秋とはいえ、例年はまだまだ暑い時期の今朝はとても寒い。

今日は27年前に、49歳で亡くなった父の命日です。

あの時は、かなり暑かった。

父の居た年数を、父の居ない年数がとうに過ぎました。

地上に出て2週間ほどしか鳴かない蝉を短命だと、はかないたとえに用いられますが、地中で7~8年生きる事を考えたら、虫としては決して短命とは言えず。

物事は、一方からしか見ないのでは分からないことが多い。


ギリシャで生まれたこのお話。

徐々にヨーロッパの北へ北へと広まっていく内、セミのいない地域でアリ→キリギリスに変わっていったのだそうです。

日本はセミ大国。

様々な鳴き声がこだまする夏の公園。

ニイニイゼミにアブラゼミ、ミンミンゼミにツクツクボウシと、それはまさにオーケストラ。

東と西、街中と山とでは、鳴く蝉も異なります。

日本の夏にいらした外国からのお客さまには、是非蝉の鳴き声も堪能して欲しいですね。


ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村

# by yomuyomuehon | 2017-09-02 11:17 | 虫の本 | Trackback | Comments(2)