絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村


大人向け・・・だと私は思う。

ヨシタケシンスケさんの絵本は、子ども向けなのでしょうか?

絵本だからとて、全てが子ども向けとは限りません。

漫画っぽい絵に、飛びつく子どもは多いです。

でも、大人だから笑えるし、共感できるものがあるのではないかと、私は思うのです。

haneちゃんが書店に置いてあるヨシタケさんの絵本をパッと手にとっても、それは一度きりのこと。

まだまだ楽しめないお年頃です。


子どもには勧めないこの本を、私が読んでみました。

ふむふむ、なるほど~

面白い。

大人が読むと面白いのです。


子どもの本は、未来へ開けるものであるべきだと私は思うのです。

色々嫌なことも、苦しいこともある中で、そのお話の結末に何か一筋の光が見えるようなもの、それが児童書のあるべき姿ではないかと。


確かにこの本は面白かったのですが、そういう意味では大人向けです。


で、この本を読み進めて行く内、こんな本棚あったらいいなと思う場面がありました。

(こんな内容です)

その町のはずれの一角に、「あるかしら書店」があります。

このお店は「本にまつわる本」の専門店です。

店のおじさんに「○○についての本ってあるかしら?」ってきくと、たいてい「ありますよ!」と言って奥から出してきてくれるのです。

そして今日も、あるかしら書店には、いろんな理由で本を探しにお客さんがやってくるのです。


私がいいなと思った場面は、


e0160269_09530881.jpg

書店婚って、何だかほっこり(^^)

本好きな人同士だったら、絶対やってみたいと思いますよね?

ケーキ入刀ならぬ、しおり入本とか、

ブーケトスならぬ、文庫トスとか、

絶対良い(^^)


それからちょっとしんみりしちゃうのが、「お墓の中の本棚」↓

e0160269_09564129.jpg

墓石の中が本棚になっていて、生前故人が好きだった本が入っています。

墓参りに行くと、中から一冊選び出し、代わりに天国のあの人に読んでもらいたい本をしまってくるのです。

いいと思いません?

私のお墓をこうして欲しいわ~。

故人とこうやって心を交すこと、本当に出来そうな気がします。



それから「水中図書館」。

カリオストロの城を彷彿させる?

ある大金持ちがコレクションしたたくさんの本。

それを背の高い棟のようなお城のような図書館にぎっしり詰め込んで、階段もはしごも外したのです。




e0160269_10030813.jpg
やがてくぼんだ土地に建てたその棟は、水の中に。

「水中図書館」として、有名になりました。


e0160269_10061933.jpg



e0160269_10084287.jpg


あったら行ってみたいわあ~♪


どうでしょうか?

この三場面だけでも、子ども向けではないですよね。

大人だから共感出来るのではないかと思いませんか?


ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村

# by yomuyomuehon | 2017-10-25 10:14 | 大人向け | Trackback | Comments(2)
押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村


読んであげるなら 7歳位~

ハロウィーン・・・日本ではクリスマスよりもその地位を確立したらしい、このイベント。

しかし、どうも私は好きになれない。。。。。

なぜか?

クリスマス以上に、商業ベースに乗せられている感じがあって、そもそもハロウィーンってさあ!な~んて思ってしまう石頭だからだろうか?


ハロウィーンは、日本で言うところのお盆。

時期を同じくしてやってくる有害な悪霊や魔女から身を守るために、仮装や魔除けの火を焚いてたことが始まりだとか。


この「アイスクリームが・・・」は、


「Trick or treat」(お菓子をくれないと、いたずらするぞ!)と言って、お菓子をもらうことになったわけから始まる。


昔、子どもたちは、ハロウィーンになると、本当にいたずらをしたらしい。

家の前の郵便受けをバットで殴ってボコボコにしちゃったり、

家の玄関に生卵を投げつけたり、

牧草地の門を開けて、牛を皆逃がしちゃったり・・・

被害者からすればひどい話だけど、まあ「牛を・・・」のいたずらには笑っちゃう(^^)


それが、世界恐慌時代にはエスカレートし、笑えないいたずらになったそうだ。


電柱をノコギリで切り倒す!?

列車の運転士が急ブレーキを掛けるように、人そっくりの人形を作って線路に置く!?

干し草を摘んだ荷車に火を着けて、丘の上から転がす!?

などなど。


大人たちは怒って、

子どもたちを銃で撃ったり(><)

警察はバリケード越しに子どもたちと戦ったり・・・

そんなおそろしい時代があったのだそうだ。


お祭だったはずのハロウィーンが、大人対子どもの戦争のようになってしまって、大人たちはハロウィーンを変えることにした。

それが、

「子どもがいたずらをしないように、大人がお菓子をあげる」お祭になった。


ハロウィーンなんて、はあ?の私がこの本に惚れたのは、この後のお話。

図書館で借りて読んで、即注文(^^)



子どもが「trick or torieat」とやって来たら、その子が何の仮装をしているか当てなくてはいけないそうだ。

これはあいさつのようなもので、当てないのは失礼にあたるのだと。


スーパーマンのシャツを着て、全身緑色の絵の具にまみれた子。

さて、この子は何?

正解は、

ウーパーマン!

???

って、私は分からないのだけれど(^^;)

スーパーマンは、クリプナイトという緑色の石の光を浴びると、弱くなってしまうんだそうで、

頼りにならない、空も飛べない、力も弱くてまっすぐ歩けないスーパーマン。

それが、ウーパーマン。

この子は、そのよわよわスーパーマンを演じる。

それが大受け。

弱いけど、ヒーローの気分(^^)


こんなものは巷に売っていやしない。

手作りなのだ。

そしてこの手作り衣装こそが、ハロウィーンの醍醐味なのだ。

せっせと手作りする両親。

しかし、一度はお店で売っているものを着たがる時期がある。

が、それだと、友だちと被ってしまったり、当てっこゲームで盛り上がらなかったりして、

結局は手作りに戻る。

毎年毎年溜まっていくハロウィーンの写真を見て、みんなで笑う。

ハロウィーンとは、そういうお祭なんだそうだ。


やがて友だち同士で親が嫌がるような衣装を作ったりして、大人になっていく。

ハロウィーンでお菓子をもらうのが当たり前だった子ども時代も、やがて終わりが来る。

親と見ていた写真を、友だちと見ながら、その時と同じ衣装を作ってみたり、一緒に泣いたりして、

そうして、子ども時代に終わりが来る。


へえ、そんな風にハロウィーンを考えた事無かったなあ。

日本でのハロウィーンはそういう感じじゃないもんね。

衣装を手作り・・・楽しんでいる大人はやりそうだけれど、子どもには売ってるものを着せてるだけかも。

この本にあるようなハロウィーンならいいよねぇ♪

e0160269_653230.jpg


さて、上の写真。

数年前、主人が夜なべして作ったダースベーダー卿に扮した私。

幼稚園のバザーで、お化け屋敷に出現。

誰も、「お化けじゃないじゃん!」って言ってくれなかったけど、すっごくいっぱい写真を撮られた、最高の出来映え♪

e0160269_66158.jpg


主人が着ると、おおダースベーダーっぽい。

手前のストローハットはsota、一年生かな?

って事は6年前。

いやあ、家族でばかな事をやっていた時代。

今のような悩みはなく、う~ん、あったかもしれないけど、今考えると大したこと無かった(^^;)

っていうか、主人が細いんですけど・・・・






第二弾はこれ↓

e0160269_17272460.jpg



ブルックに扮した私。こちらも幼稚園のお化け屋敷で(^^)



「お菓子をもらっていた頃の仮装の写真は、みんなの宝物。

大人になった子どもたちは、考える。

針金ハンガーをママやパパと曲げながら作っていたのは、何だったのだろう?

思い出とか、愛という気持ち。

一緒にいる時間。

一緒に歩く時間。

それとも?


いつかタイムマシーンが発明されるとしたら、その答えを知るために発明されるのだ。」


私が紡いでいるこのブログも、絵本や児童書の紹介でありながら、思い出であり、愛である。

sotaもtaichiもhaneちゃんも、その思い出や愛を糧に、大人になってほしいものである。


最近、更年期(・・・だと自分では信じ切っている)による感情のコントロールが難しく、イライラしっぱなしで、笑みがない自分。

そんな自分が一番、過去の思い出に癒やされるのかもしれない。


ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村

# by yomuyomuehon | 2017-10-20 23:30 | 愛のある絵本 | Trackback | Comments(0)
押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

児童書コーナーで見つけたが、どう見ても大人向け

(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)

豚、ひとりで林の入り口にすんでいました。

豚だから、豚は豚小屋にすんでいます。

 * * * * *

(以下、あらすじです)

お腹がすけば、林に入り、ピクニックに来たうさぎやきつねの食べ残しをあさり、

どろんこがあれば、ごろごろ転げ回り、

日向で体を乾かすことがあれば、どろどろのまんま家に帰ったりもしました。

そうやってずうっと林の入り口に住んでいたのです。


やがてたくさんの動物たちが豚の知らない機械を持ってきて、林の木を切り倒し、林が野原になっていきました。

そこに何十軒ものきれいな家が建ち、

朝にはランドセルを背負った子ども達が出掛けていき、

背広にネクタイ姿のお父さんたちもぞろぞろ出掛けていきました。

残ったお母さんたちは、洗濯物を干すと、テニスに出掛けていきました。

小屋の近くに来た子ども達にクーサイクーサイと笑われても、豚は豚のまんまでした。


ある日、きつね紳士とうさぎ婦人が豚小屋にやって来て、

他の豚と同じように、文化的生活をするようにと勧めたのです。

しかし、意に返さない豚。

翌日もいつものように林に食べ物を探しに入り、小川で遊び、小屋に戻ってみると、豚小屋があったはずの所にはオレンジ色の屋根のある真っ白い家が。

玄関にはきつね紳士がにこにこ笑って立っていました。

「ここがきょうからの豚さんのいえですよ」

その日から、パンツとズボンを履き、ネクタイを締め、背広を着た豚。

街の大きなビルの一角で働き始めました。

夕方、疲れて家に帰った豚を待っていたのは・・・・えっ、奥さんに子ども?

*****

ちょっとSFっぽくて、現代社会人を風刺しているような面もあって、

う~ん、どう見ても大人向けなんだけど。。。。。

どうしてこの本が児童書コーナーにあるのかしら?

これは、子どもが読んで、楽しいのかしら?

だとしたら、随分と大人っぽいお子さんです。

佐野さんの作品は、確かに子ども目線じゃないものが多いかもしれません。

でも、

なぜ?と、目の前の現実を受け入れられない豚に、当たり前のように子どもが生まれた時や入学式の写真を見せる奥さん。

そこに一緒に映るのは紛れもない、父となった豚。

その後、思い立ってきつねの家を訪ねた豚の取った行動や、その後の展開に、子どもにはショックじゃないかしら?


ある日、バス停で会ったきつね紳士はいう言いました。

「しかし幸せというやつは、ひととおなじことをやっていないといけませんからな。こつはこれだけです。このかんたんなことをやるのがまた、なかなかたいへんですが、幸せってそういうもんですからな。はっはっはっ」

さらに「しかし、」と言いかけた豚に対し、

「『しかし』とか『よくかんがえてみますと』とかはいわないほうがいいのです。『しかし』とか『よくかんがえてみますと』とかは、いまの幸せをこわします。よくおわかりになっているでしょう」


大人はきつね紳士のように、紳士面をしているのかな?

子どもはきっと

「うちのパパはどうなんだろう?」

な~んて考えちゃうよね(^^;)


大人からすれば、

う~ん、分かるなあ。。。。。

大人として、親として、こうあるべき!だけれどもさ、

時に逃げだして、どろんこの中でごろごろしたくなっちゃうもの。

現実的にはそうは出来なくて、心の中でごろごろしながら、ちゃんとしている自分を演じて思うんだろうな。

ああ、ちゃんと大人やってる自分って偉い!ってね。


タイトルにもなっている「あっちの豚 こっちの豚」は物語のラストに登場するのですが、果たしてこれは一匹の豚なのでしょうか?

それとも?

う~ん、謎めいていています。

私の中にも、「あっち」と「こっち」と、二匹の豚が存在しているような気がします。

皆、そうなのかもしれませんね。

そうやって私たちは、自分というバランスを保っていられるのかもしれません。

*****

さて、この絵本は文も挿絵も、佐野洋子さん作ですが、実は1987年に小峰出版から広瀬弦さんの挿絵で出版されていました。

巻末に、その当時のイラストが載っています。

当時、親子がちバトルの末、息子さんのイラストが採用されたそうです。

でも私は、広瀬さんのイラストは生々しくて毒がある気がして、佐野さんのイラストの方が好きだなあ。

あなたはどちらがお好みでしょう?

ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村

# by yomuyomuehon | 2017-10-12 16:45 | 大人向け | Trackback | Comments(0)
押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

週に一度の5時間授業月曜日。

sotaは毎週、整体治療院に通っている。

haneちゃんの泳ぐ姿勢が、左肩がかなり下がっていたのでおかしいと思い、一緒に連れて行くことにした先週の月曜日。

朝約束したにもかかわらず、学校から帰ってくるなり、ランドセルを放り出して遊びに行ってしまったhaneちゃん。

やがて学校から帰ってきたsotaを車に乗せて、公園にhaneちゃんを迎えに行ったのだが、

「いや、いかないっ!」

の一点張り。

何度言っても、どう言っても、いやだと言い、

ネットで予約したsotaの番はとうに回ってきていて、何度も呼び出しコールがあったので、

「じゃあ置いていくからね!雨も降ってきたけど、皆帰っちゃったら一人になっちゃうからね。お家にも入れないからねっ!」

「いいもん!」

仕方なく、haneちゃんを公園において治療院へ。

そしてsotaを治療院に置いて公園に戻ってみると、

小雨の中、一人ブランコを漕ぐhaneちゃんが。

「どうするの?まだ一人でいるの?」

とぼとぼと、ふくれっ面で車に乗ったhaneちゃんである。

そんな君はほんとうに頑固。


このやり取りを見ていた幼稚園からの友だちT。

「haneのおかあさんがすっごくおこっていた。はじめてみた。」

とびっくりしていたそうで・・・・

翌日学校で会ったお母さんのMちゃんに、

「昨日公園で何かあった?Tがなんかやった?」と聞かれてしまった(^^;)

確かに私は他の人の前で子どもに怒鳴った事が無かった。

・・・かもしれない。

治療院に行くのも、練習に間に合うようにしなければならず、治療に小一時間掛かる事を考えると、遊びたい気持ちは理解出来るが、haneちゃんが満足するまで待つことは出来ない。

ましてや、本人の体に支障が出ているのだ。

しかし!

今までの私は、人前で大きな声を出さずにhaneちゃんを連れて行くことが出来ていたのだろうか?

この所、それが出来ないのは、加齢による生理現象・・・更年期が本格的にやって来たからに違いない。

あれ?何か早くない?

と気付いたのが先月。

規則正しかった生理周期が若干短くなった。

子どもに対しては、反抗期だからね、そういう時期だからね、と理解してある程度は我慢できる。

ん?・・・出来てるかな?

しかし、最近主人とは衝突ばかり。

兎に角一々が気に障る。

今まで我慢出来ていたものが、最近は我慢できない。

他人を変えることは出来ない。

自分を変えるしかない。

そう分かっているのだが・・・これは更年期のせいである。ん、きっと更年期のせいである。

が、向こうはそう思わないよね、きっと。


きみはいい子

中脇初枝/ポプラ社

undefined


大人向け

夕方五時までは帰ってくるなと言われ、雨の日も校庭にたたずむ小学4年生男子の神田さんと、頼りない新任教師との心のふれあいを描く「サンタさんの来ない家」。

震えと怒りと悲しみと・・・神田さんの胸の内を考えたとき、胸が締め付けられて、どうやってこの子は救われるのか?その幸せな結末が知りたくて、一気に読んだ。

学校の給食だけが彼の命をつなぐ。

学校が休みの日、長期休みの時、神田さんはお腹をすかせたまま我慢する。

「うそつき」でも、継母からの精神的苦痛と、食事を与えられない肉体的苦痛を味わう6年生の男の子だいちゃんを描く。


さらに、娘に手を上げてしまう、かつて自分も虐待を受けていた母親とママ友との物語「べっぴんさん」

ひとり暮らしが長くなった老女と、家を訪ねてきた障害を持つ男の子との物語「こんにちは、さようなら」。

涙無くしては読むことの出来ない作品が五篇収録されている。

それぞれの物語が家族からの虐待という辛いテーマを扱ったものなのだが、必ず手をさしのべてくれる人が現れる。

どちらも同じ人間の仕業なのだが、果たして自分は手を差し伸べる側の人間になれるか?

子どもに苦痛を与えていないか?

弱者である子どもは、自分の言葉を行動をどう感じ、どう受け取るのか?

子どもは、大人をよく見ている。そしてすべてを怖いほど素直に受け取る。

自分の言葉は、子どもを考えた上と言いながら、自分の都合でしかない、よね(^^;)そう反省するのである。



ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村

# by yomuyomuehon | 2017-10-10 14:37 | 大人向け | Trackback | Comments(0)

ああ、水泳。。。。。

押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

やっぱりね、そうだよね、きっとこうなると思っていたのよ。

最近練習を見ていた私の目から見て、踏ん張り切れない、力を出し切れないsotaの練習態度に、コーチもイラッとするに違いない。

学校の正門に大きな看板張られちゃってから落ちました。。。では、話にならんぞ。

そう言っていたのに・・・・

本人は、一所懸命やってる!と言い張り、

自分よりタイムの遅い子たちに、練習では平気で負けてて、それでも負けてないと言い張り、

全く現実を直視しないsotaであった。



よりによって、看板が張られたその日の降格発表。

全くもっていただけない(><)

「質問があれば、担当コーチまで」という文言が載ってはいるが、本人にも親にも何の説明もない。

まあ、そんな所だと思ってはいたけれど・・・・

人間としての成長を問うスポーツもあれば、コーチの罵詈雑言に耐え、憎しみから強くなるのが、ここ。

年下に抜かされて、耐えられなくなってやめていくのが、ここ。

ただ、sotaは入ったのが遅いため、そもそもsotaより遅い子なんていなかった。

お前はダメだと言われ続けて、ようやくここまで来た。

ああ、それなのに・・・・

所詮、リレーのメンバーの一人でしかなかったのだろう。


さてどうするか?

本人は速くなって見返してやると言うが・・・

環境が悪い。

メンバー見たら、リストラクラス。

練習時間も練習場所も良いとは言えず。

が、救いは、このクラスのコーチが、今までになくよく指導してくれる事。

そして、よく話しかけてくれる事。


最近、何を聞いても「うるせー!」しか言わなかったsotaが、学校での事を夕食時に話すようになった。

これには母さん、涙が出ちゃいそうで(^^;)

下のクラスに落とされたのに、明るくなったsotaである。

前のクラスのコーチは無視に近かった。

こんな所に子どもを入れてると、これが正しいのかどうか・・・・ほんとうに悩ましい。

何事も、努力無くしてはならないのだが、人間として成長するはずのスポーツで、この環境は如何なものか?

速い子は大切にされる。

そのコーチの態度は、子ども達にも伝染し、遅い子をはじくような王さまをも作る。

我が子は、速かろうが遅かろうが大事な子ども。

それは、子どもも持たぬコーチには到底分かるまい。


タイムという、どうにもこうにも誤魔化せないものが、全てを支配する。

それは全くもって公平であり、そして一方では無慈悲でもある。


指導者とはどうあるべきか?

コーチの態度を見ては、自分は子どもに対してどうか?と、つくづく考えさせられる。

大人は子どもに対し、常に高圧的な態度を取りがちだ。

最近、子どもの頃に、大人は理不尽だと思った出来事を思い出す事がある。

皆、そんな思い出の一つや二つあるだろう。

でも、私たちはそれを忘れて、理不尽な大人になってしまっている。


大人は子どもに対して、

親は子どもに対して、

先生は生徒に対して、

指導者は教え子に対して、

そして政治家は国民に対して、

真摯でなくてはならない。

そう思う。


ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村

# by yomuyomuehon | 2017-10-08 21:09 | 大人向け | Trackback | Comments(0)