絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
あしにょきにょき (えほん・ドリームランド 4)

e0160269_22393735.jpg


ポコおじさんは食べることが大好き。
なにかもっと珍しいものを食べてみたいと思っていました。
そこへ怪しげな男がやってきて、珍しいソラマメを置いて行きます。
それを食べたポコおじさんの左足は、林を抜け橋を渡り、町中へにょきにょき伸びて行きます。
困った人々は市長に助けを求めますが、市長はどうすることも出来ません。

結局足は元に戻るのですが、どうやって元に戻ったか?
知りたい人は是非読んでくださいね。
思わず笑っちゃいますよ。

ランキングに参加しています。
「あしにょきにょき」に興味を持たれた方!是非クリックお願いします。

にほんブログ村 子育てブログへ
# by yomuyomuehon | 2008-11-18 22:53 | おもしろ絵本 | Trackback | Comments(0)
ちゃいますちゃいます
e0160269_10204540.jpg

私が読むと嘘っぽい大阪弁になってしまうのですが、息子は大笑いです。

 息子 「わたしはだれでしょうか?」
  母  「わんちゃんでっか?」
 息子  「ちゃいますよー。そうたです」
と、「ちゃいます」使って喜んでます。


 電話がかかってきました。
 「わたしは だれでしょう?」
 とうちゃんでした。
 でも、たあくんは とぼけてました。
 「にわとりさんでっか?」、
 だって、だれって ゆわへんねんもん。
 すると・・・。
 「こけこっこー」。
 でんわから ニワトリのなきごえがしました。
 たあくんも なきました。
 「こけこっこー」。
 「ちゃいます。わたくしです。あなたの だいすきな ひとです。」

このやり取りが延々続くのですが・・・。

こんな会話、子育てに余裕がないとできませんよねえ。
こんな風に子供の会話に付き合っていきたいものです。
子育てにユーモアを!

ランキングへ参加しています。
参考になった方は是非クリックお願いします

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
# by yomuyomuehon | 2008-11-17 00:19 | おもしろ絵本 | Trackback | Comments(2)
もっとゆっくり、もっとやさしく あかちゃんからの自然療法 2008年 05月号 [雑誌]

e0160269_2325317.jpg


風邪が流行り始めましたね。うちの子も今朝から鼻水ずーずー。
大根・レンコン・干ししいたけの三種スープを飲ませ、
足湯させて、寝る時には鼻の頭にねぎの白いところを一枚はりつけました。
部屋にはティーツリートリーとユーカリとレモンのアロマスプレーをシュッシュッ。
鼻がすっきりしたようで只今熟睡しております。

サブタイトルには、家庭でできる整体・ホメオパシー・アロマテラピー・ベビーマッサージとあります。薬に頼らない自然療法満載です。どれも初心者な私には重宝な本です。

ランキングに参加しています。
少しでも参考になりましたらクリックお願いします

にほんブログ村 子育てブログへ
# by yomuyomuehon | 2008-11-16 23:40 | 自然療法 | Trackback | Comments(0)
ないた

中川ひろたか・作  長新太・絵

e0160269_23472778.jpg


もうじき4歳になる息子は実によく泣きます。
朝起きたとき・幼稚園に行く前・幼稚園バスを降りて家に着いた直後等々、一日一回は泣いてます。それも近所中に響き渡るような大声で。
一通り泣いた後はけろっとして、朝ごはんを食べたり、元気よくバスに乗って行ったり、おやつを食べたり。
一つの儀式なんでしょうか。
泣くことで体内に溜まった熱を放出しているんだろうと思い、十分泣かせるようにしています。

表紙の「僕」は転んだりぶつけたり喧嘩したりでよく泣きます。
うれしいことでも泣きます。
そしてある時お母さんやお父さんが泣いたのを見たことが無いことに気づきます。
「僕」も大人になったら泣かなくなるのだろうか?と思うのですが・・・。

どうして ぼくは なくんだろう
いちにち いっかいは ないている

というくだりを息子が泣くたび言ってます。
言わないでよーって、余計にわんわん泣かれちゃうんですが。
# by yomuyomuehon | 2008-11-16 00:07 | 愛のある絵本 | Trackback | Comments(0)
ねえだっこして
e0160269_22423676.jpg


図書館で見かけ、またまた借りてしまいました。何回目でしょうか。
息子より私が大好きな絵本です。
もう買わないとね。

竹下文子・文  田中清代・絵
ねえ だっこして

私には二人の息子がいます。下はこの秋一歳になったばかり。
すっかり歩くのが上手になって抱っこも減りました。
でも家事をするときおんぶは多いし、寝るときは添い寝でおっぱいです。
そんな姿を見て、上はやはり寂しいのかなあ?まだ3歳ですものね。
「ねえ だっこして」って言ってるのは表紙の猫なんですが、読んでると自分の子供に被ってきます。

わたし もう おおきいから
くさの なかでも ねむれる
わたし もう おおきいから
やねの うえでも ねむれる

だけど だけどさ
わたし まってるから
あとでで いいから

ねえ おかあさん おかあさん
ときどき わたしも だっこして

なんだか泣けてきませんか?
# by yomuyomuehon | 2008-11-14 22:48 | 思わずうるっと来ちゃう本 | Trackback | Comments(0)