絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2016年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

たくさんの家族に囲まれて、ナイジェリアに暮らす女の子の話を、とても気に入って楽しそうに聞いていたhaneちゃん。

最後の章4話目を読み終えた昨夜、

「ママ、こんどは 2を かりてきて!」

「う~ん、これは続きがないみたいだよぉ。続きが出たら、借りてあげるね」

と、かなり気に入っていたお話は、こちら ↓ 
 

アンナ・ハイビスカスのお話 アンナのうちはいつもにぎやか

アティニューケ/徳間書店

undefined


読んであげるなら 6、7歳~



この所、アフリカ付いていますが、こちらは最近読んでいる、暗く重い貧困と戦争とという内容からは真逆のお話。

作者のアティヌーケさんの経験を下に書かれたものですが、アティヌーケさんは10歳で母方の出身地イギリスの寄宿学校に入り、教育を受けてきた方です。

ですから、比較的裕福な家庭に育ったわけです。

それはお話の中にも見受けられます。


それは兎も角、なぜhaneちゃんがこんなにも喜んで聞いていたか?

まず、アフリカの暮らしという、日本とは違う暮らしぶりにわくわくした事もあると思います。

でも、一番は、アンナが愛のあふれる大家族で暮らしていることではないかと思うのです。

おじいさん・おばあさん・お父さん・お母さん・双子の弟達・おじさん達・おばさん達・たくさんの従姉弟たちと、とても大人数で、立派な門のある大きな白い家で暮らしているのです。


これって・・・そうそう、haneちゃんが好きな

ミリー・モリー・マンデーのおはなし (世界傑作童話シリーズ)

ジョイス・L. ブリスリー/福音館書店

undefined


と同じではありませんか!

このお話の中で、おじいさん・おばあさんの存在が、家族の中で実に大きく、そして長として大家族を支えているのがよく分かります。

我が家もそうですが、核家族が増えている日本人の暮らし・・・子ども達はアンナのような大家族に、現代の大人が忘れかけている優しく包み込むような温かさを感じるのかもしれません。

とても幸せそうな顔で眠りに就いたhaneちゃんでした。


ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2016-09-27 09:49 | 童話 低学年向け | Trackback | Comments(2)

6年生への読み聞かせ

押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

運動会が終わり、小学校は落ち着きを取り戻したかのような今日、二学期最初の朝の読み聞かせに行って来ました。

今回6年生に読んだのは、

さがしています (単行本絵本)

アーサー・ビナード/童心社

undefined



ともだちのしるしだよ

カレン・リン・ウィリアムズ : カードラ・モハメッド/岩崎書店

undefined


の二冊。

先日参加した読み聞かせ講演会で、ボランティアが子どもに読むべき本は楽しいものであるべきだと伺いました。

戦争を取り扱った本については、その1冊を読んだところで子どもに何が伝わるのでしょうか?それを読むあなたは戦争の事について話が出来ますか?・・・出来ないでしょう?と、厳しく指摘されてしまいました。

戦争の事、世界で起きていること・・・確かに私は全てを知らないし、知っているつもりの事でも、正しく説明が出来ないと思います。

だからと言って、戦争を扱った本を選ぶべきではないのか。。。。

夏だからと戦争の本を選ぶのはおかしい、だったら1年中、どこで読んでも良いじゃないの?とも・・・・それは確かに。。。。



朝なので、あまり暗い雰囲気にはしたくないというのは、ボランティアの中にある共通の思い。

私たちは何も考えずに、選んでいるわけではない。

上から目線で、子ども達に読んであげているわけでもない。

子ども達に伝えたい事があるからこそ、その一冊を選んでいます。

そして、それがこの二冊だったのです。


時間の関係で、「さがしています」の中からは3つを選びました。

14点あるなかで、3組の担当者それぞれが選んできた3つが全く同じ所だったのは驚きでした。


以前、この「さがしています」が出版されたばかりの頃、この本だいすきの会の例会で、私はこの本を紹介しました。

それを受けて、小松崎先生は年の暮れの集会の講演にアーサーさんを呼んでくださったのでした。

今回子ども達に読むために、この本を読み返してみて考えたのは、遺産が語る原爆の被害よりも、巻末でアーサーさんが仰っている「原爆」か「ピカドン」かという、解釈の違いについてでした。

人は立ち居地によって、解釈が異なります。

アーサーさんがアメリカで教わった原爆の正当性と、日本に来て、広島を訪れて知ったピカドン。

同じものなのに。。。。



5月、オバマ大統領が広島を訪れ、平和記念資料館に来館したことで、欧米からの来館者数はそれまでの倍になったそうです。

しかしながら、アジア諸国からの来館者数は増えていないとの事。

戦争を終わらせる為に原爆投下は正当だったと考えるアメリカ。

アジア諸国は自分たちが日本の被害者であると考えています。

日本は・・・

それぞれの立場により、原爆投下の意味は違うのです。

誰が悪いかではなくて、原爆は恐ろしい・・・本当に伝える事はその1点のはず。

平和祈念資料館が、政治利用される事なく、ただただ世界平和を願って広く世界の人々に知られる存在になる事を心から望みます。


世界には戦禍が絶えません。

自分の主張だけでなく、相手の立場に少しでも近づく事が出来たら、争そいは減るのでは無いか・・・そう考える私は、甘いのでしょうか?

ともだちのしるしだよ

カレン・リン・ウィリアムズ : カードラ・モハメッド/岩崎書店

undefined


最近読んだ本↓

ダイヤモンドより平和がほしい―子ども兵士・ムリアの告白

後藤 健二/汐文社

undefined


ルワンダの祈り―内戦を生きのびた家族の物語

後藤 健二/汐文社

undefined


どちらも、小学高学年から。

かつての日本がそうであったように、今も世界の各地で、自分と同じくらいの子ども達が、とても辛い毎日を生きているという現実があります。

さて、見た目にとても大きくなった6年生は皆、どちらの本も真剣な眼差しで聞いてくれていました。


ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2016-09-26 11:45 | 戦争と平和を考える | Trackback | Comments(0)
押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

先日、図書ボランティアのための講座で、大井むつみさんのお話を伺いました。

絵本はパレット

大井 むつみ/郵研社

undefined


講座のタイトルは「最近の絵本知っていますか!!」


まず、読み聞かせの目的とは何か?

子どもと本を結びつける事ではないか。

それには、読み手がどれだけたくさんの本を知り、どれだけたくさん楽しんできたかが問われる。

次回を楽しみにしてくれる子ども達がいるか?

子どもが次回を楽しみにしてくれるという事は、読み手は子どもに少なくともそこまでの生きる支えを与えているのである。

子どもに読む本は、読むに値するものでなくてはならない。

子どもがそれを読んでもらってどう感じるかが大事。

生きる力をもらえるか?

本って楽しい!と思えるか?

大人が読んで楽しいものと、子どもが読んで楽しいものは違う。

絵本作家は書きたいものを書けばよいわけではない。

ビジネスとして仕掛けられたものに惑わされてはいけない。

知る努力を惜しんではいけない!とにかくたくさん読みなさい!

読み聞かせは選本が全てです。


下は、子どもにはこういう気持ちで大きくなって欲しいと、紹介された詩です。

「橋をわたる時」   新川 和江


向う岸には

いい村がありそうです

心のやさしい人が

待っていてくれそうです

のどかに牛が啼いて

れんげ畠は

いつでも花ざかりのようです 

                                      

いいことがありそうです

ひとりでに微笑まれてきます

何だか こう

急ぎ足になります




①読み聞かせによいと思われる絵本
②子どもにはどうかな?と思われる絵本
③ベーシック絵本

この3種に分けて何冊か紹介されました。

①の中で、図書館司書さんに読んでいただいたのは、

あーと いってよ あー (幼児絵本ふしぎなたねシリーズ)

小野寺 悦子/福音館書店

undefined


かにこちゃん (はじめてであうえほんシリーズ)

きしだ えりこ/くもん出版

undefined


しんぞうとひげ (ポプラせかいの絵本)

しまおか ゆみこ/ポプラ社

undefined


はいくないきもの (谷川俊太郎さんの「あかちゃんから絵本」)

谷川俊太郎/クレヨンハウス

undefined


どれも読み聞かせに是非使いたい!と思うものばかり。

特に今、アフリカに注目している私は、

しんぞうとひげ (ポプラせかいの絵本)

しまおか ゆみこ/ポプラ社

undefined


というアフリカの民話に釘付け。

民話というものは、その地の独特のものである事を改めて実感。

「心臓」と「髭」の由来のお話ですよ。

そのモチーフがすごくないですか?

表紙からも分かるように、心臓にも髭にも手と足があって、更に顔があって、一つの生き物なんですから。

なぜ心臓が左胸にあって、髭が口の下にあるか。

昨夜、久し振りに早く布団に入った息子達が、何か昔話を読んで!と言うので、この本と、

ブラジルのむかしばなし 1

カメの笛の会(編さん)/東京子ども図書館

undefined


の中から「カメの笛」を読みました。

特に「しんぞうとひげ」の発想は斬新だったようです。

「へえ、なるほどねえ」と感心しきり(^^;)

まさかと思うが(^^;)

これは、昔話だからねぇ。。。

そこに実際に足を運ぶ事が出来なくても、物語によって気持ちや頭の中ではその地を旅する事が出来ます。

それが本のすばらしい所。


大人としての読書と言えるかな?

私が今アフリカに、アフリカの社会問題を勉強してみようと思ったきっかけの本がこれ↓

ボノボとともに 密林の闇をこえて (単行本)

エリオット・シュレーファー/福音館書店

undefined


ボノボというのは、コンゴにしか生息しない霊長類です。

ソフィーはコンゴ人の母とアメリカ人の父を持つ14歳の少女

父と母は離婚し、ソフィーはアメリカに住んでいます。

夏休み、母に会うためコンゴにやって来たソフィーは、路上で野生動物を食肉として売ろうとしていた男から弱りきったボノボ(オットー)を買いました。

その行為は保護センターを作って、ボノボを保護する活動をしている母をとても困らせるものでした。

ある日、内戦が起こり、ソフィーたちの居る保護センターも襲われ、その場に居たスタッフは皆殺されてしまいました。

ソフィーの母は保護センターから遠い保護区域にボノボを放つ為に不在でした。

どうにか殺されずに身を隠していたソフィーとオットーがそこから逃げだし、母の元にたどり着くまでのサバイバルフィクションです。


長きに渡り武力紛争が続いていたコンゴ民主共和国。

ルワンダに接する東部地域では、反政府勢力が鉱物資源を略奪し、子ども達を兵士にするために連れ去り、女性には性的暴力をふるっています。

国の反対側の首都キンシャサでも、

「9月19日の大統領選挙公示期限前後において,野党支持者等のデモ隊と軍・警察との衝突,暴徒による略奪行為が発生するおそれがあり,十分な注意が必要」と、外務省のHPには注意勧告が出ていましたが、

時事通信によると、20日、

「カビラ大統領辞任を求め野党勢力が計画していた集会の参加者と治安部隊が衝突し、野党側によれば、50人超が死亡した」と言う事です。



「大人としての読書をしていますか?絵本以外のものもしっかり学ぶ大人でなくては、図書ボランティアとしては失格です。」 と大井さんは仰っていました。


その通りだと思います。

私もただの「読み聞かせ好きなおばちゃん」とならないように、政治・経済・世界とさまざまな事に目を向けて学んでいかなくてはならないと感じています。


ルポ 資源大陸アフリカ 暴力が結ぶ貧困と繁栄 (朝日文庫)

白戸 圭一/朝日新聞出版

undefined


遠い世界のことではありません。

自分たちの生活と世界は全て繋がっています。

ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2016-09-20 16:12 | 知る | Trackback | Comments(2)
押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

久々の太陽が覗いた昨日は小学校の運動会でした。

六年生のsohtaにとっては最後の運動会。

行事が一つずつ終わる度、静かに、一歩ずつ、卒業への扉へ向かっているのを感じます。

午後最初の演目、5.6年生のマーチングバンドが始まる前、6年生はクラス毎に記念写真を撮っていました。

種目よりも、その事にうるっと来てしまった母です。


今年、市一番のマンモス校になった小学校。

親子種目は1年生と6年生に絞られました。

そして昨年怪我人が出てしまった、運動会で一番の注目種目だった5.6年生の騎馬戦が無くなりました。

なんで今年から!?

そんなやりきれない気持ちは、子ども達も同じだったようです。

何しろ、この学年は幼稚園の卒園の頃3.11があり、卒園式も儘ならずだった学年です。

騎馬戦がないと、何だかもの足りない運動会です。

残念。。。。


そして、6年生になると様々な仕事が出てきます。

特に運動会は朝も早くからお仕事があり、運動会中もずっと忙しく、流石に昨夜の水泳の練習は疲れたようでした。

見ていると、何においてもリーダーシップを発揮するのは女の子。

男の子が前に出て来るのは、自分の経験からしても中学3年生以降でしょうか。

イマイチ便りさなを感じなくもないのですが、すっかりでっかくなった息子。

この6年間で大分お兄さんになったようです。

夜、家族で以前の運動会のビデオを比べてみて、大笑いしながらその成長を実感しました。


次の行事は来月の修学旅行。

ピリピリした感じの中学生活が始まる前のこの1年は、私が子どもの時を思い出しても、とってもキラキラした1年だった気がします。

残りの半年、素敵な思い出を胸にたくさん詰め込んで卒業して欲しいです。


一方のtaichiは、朝早く登校してしまった六年生の他、taichiと一年生しか居ない班なので、
今年二回目の二人での登校。

二人で学校までずっと走って行ったそうで、

荷物を持ってでは走れないだろうからと、一年生の荷物を全部持ってあげたんだとか・・・

持ってあげるというのはどうなのか?そこは疑問ですが、

上が居なけりゃ居ないで、しっかりするもんだなと安心しました(^^;)

しかし!

徒競争の練習ではいつも圧勝の一位だと聞いていたのに、まさかの4位!?

トラブルが発生したというtaichi。

何、トラブルって?

なんでも、体操着の下のパンツのゴムがゆるかったとか(><)

ビデオには、何度もパンツを上げる姿がここかしこに映っていました。

何で言わないかなあ?

まったく・・・

準備する気持ちと言うものが抜けている子・・・いつになったら先を読めるのかな(><)

びりのきもち

阪田 寛夫/童話館出版

undefined


小学3年生くらい~


taichi3年生は、国語で今の単元の前が金子みすゞの「詩」でした。

わたしと小鳥とすずと (金子みすゞ詩の絵本 みすゞこれくしょん)

金子 みすゞ/金の星社

undefined


家にある詩集を書き写していくのが、すっかり最近のtaichiの手抜きの自主勉強。

大体この本↓から選んでいたようですが、

おーい ぽぽんた 声で読む日本の詩歌166

柚木 沙弥郎/福音館書店

undefined


坂田寛夫さんの詩は、子ども心をくすぐるようで、こちら↓からもいくつか書いていました。

びりのきもち

阪田 寛夫/童話館出版

undefined


タイトルにもなっている「びりのきもち」は、イラストからも分かるように、運動会の徒競走でびりになった子どもの気持ちです。

運動会は、何と言っても足の速い子が主役です。

でも、人はそれぞれ花咲く場所が違います。

運動では素晴らしい子も、美術や書道は苦手だったり・・・

逆もまた然り。


そして本も!です。

読書は子どもに素晴らしい世界をもたらしてくれるものではありますが、

子どもが他の世界でそれを持っていれば、絶対に必要なものであるとは言い切れない。


どれも、子どもが生きている事に幸せを感じるものである必要があると思います。

そこが逃げ場所になるのでもいい。

何か一つ、自分の居場所がある子は幸せです。

運動会で逃げ出したい気持ちを持った子にとって、この詩はきっと心の拠り所となるでしょう。

でも、これいいよ!って勧めるより、そっと置いておくことをオススメします。

「詩」って、ふっと心に入ってくるものではありませんか?


そんな事を言いながら、ダメ親な私は、

10代のための座右の銘

大泉書店編集部(編集),須山奈津希(イラスト)/大泉書店

undefined


の中の格言を、今日のsohtaに!今日のtaichiに!と一つ読むのでした(^^;)

うるさい!って言われちゃいますけどね。

パラパラ捲って、誰の言葉だ?と、すっかりクイズ本にしてしまっているsohtaです。


ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2016-09-18 10:30 | ことばあそびの本 | Trackback | Comments(2)
押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

昨日haneちゃんを迎えに行く車の中で聞いていたTBSラジオ。

東大卒で首都大学東京の教授であり、社会学者宮台真司さん。

いつも結構メチャクチャで、耳障りなコメント続出のために私は嫌いなのだが、意外や意外?昨日のニュースクリップのコーナーで、実にまともな事を仰っていた。


日経新聞によると、

「リクルートホールディングス(HD)は2017年春から高校生の職業適性や進路診断の結果をデジタルデータで無料提供するサービスを始める。企業が採用活動で使う適性検査「SPI」のノウハウを利用し高校生の興味や関心、適性などを測るテストを開発した。」

荒川強啓さんとアシスタントの女性は、この事を、遠回りしないで、自分の適性が分かるなんていい!と言っていた。

そこに食ってかかる宮台さん。

①人生は回り道をするからこそ面白い!
②そもそも適正な職業なんて存在しない
③今の学生は自分にはもっと合う仕事があるはずと、ありもしないものを追い求めて、結局は青い鳥症候群となってしまっている。

その通り!

まず、コンピューターに決められる人生なんてアホな人生(宮台さんの言葉を借りるとね(^^;))

人生の到達点をどこに見るのか人それぞれかもしれないが、人生はきっとずっと回り道なんだと思う。

というか、終点の見えない長い旅ではないか。

リクルートHDは、これを学生ではなく親が対象としている所に、今の日本の問題があるのではないか?

進路も就職も結婚も、親が決める!?

だから、遠回りする事を嫌がるのだろう。

適正なんて、本当にないのではないかと思う。

あるとすれば、それはへこたれない心と身体を持っているか否か。

どんな職業に就いたところで、それを持っていたら踏ん張れる。

それが無ければ、結局自分にはこれは向いてない、もっと別の世界があるんじゃないか・・・そうやって彷徨う事になるのだ。

まあ、中には適正を見つける幸運な人も居るかもしれない。

でもそれって、人間関係だったり、賃金だったりではないか?


「人に決められる人生で良いのか!

自分の人生は自分で決めろ!」

息子が中学でも水泳を続けられるか否か、本当に、予想外のまさかの崖っぷち(><)

昨日からsohtaに言っている言葉。


スポーツ適正診断をしたら、きっと水泳は適正と出てこないだろう。

才能が無ければ、努力でカバーするしかない。

自分がやりたいと思うなら、どうしたらいいか考えるしかない。


皆さんはコンピューターに決められる人生に満足できますか?

ツイート見てると、結構好感持っている人も居るようなので驚きです。

今時は、何でも早く結果も結論も出さなくちゃいけない社会になっている事が、これまた企業に付入る隙を与えているのではないでしょうか?

昔から相性診断とかもありますけれど、今時の方々は、どんなに好きな相手でも、コンピュータに×を付けられたら、別れてしまうのでしょうか?

そもそも、高校生で適正なんてものが分かるのでしょうか?

大学に入ったら少し・・・いや大分世界が広がって、そしてアルバイトしたら知らなかった世界の一部がまた見えて、就職したらもっと世界が広がって・・・

それによってか?ずっと同じ会社に居る人も少ないですね。

特に女性は就職・結婚・育児・子育て・再就職と目まぐるしく変わる人生。

会社勤めに疑問を感じ、農業を始めたり、献身的な職に就いて被災地を廻ったりする人も居ます。

行き着いた先を天職だと思う人も居るでしょう。

でも、そんな遠回りはコンピュータには出せない。

だって、コンピュータが出す答えは、一つの答え、そして親が納得するものでしょ?

アシスタントの女性は、高校生版キッザニアと言っていましたが、キッザニアにしたってただの遊園地。

小さな子の職業体験なんかより、家でお手伝いしていますか?

子どもに仕事はありますか?

幼稚園の年長さんにもなれば、殆どなんでも出来ます。


なんだか私・・・宮台真司さんみたいになってきたので、この辺で(^^;)

で、

「コンピュータに決められる人生なんて、クソくらえだーっ!!!」

ロバのロバちゃん (デュボアザンの絵本)

ロジャー=デュボアザン/偕成社

undefined


読んであげるなら 5、6歳~


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)

ロバのロバちゃんは かわいい ロバです。

おみみも ちょうどいい ながさです。

おなかは、しろくて まるくて まりみたい。

ロバのロバちゃんには、なかよしの おともだちが おおぜい います。


 * * * * *

(以下、あらすじです)

ある日のこと、ロバちゃんはうまのパッとくんと、小川で水を飲んでいました。

水に映るパット君の頭を見て、それから自分の頭を見ました。

「パットくんは耳が短くて素敵だな。ぼくは耳が長くてばかみたい」

犬のヘリクターくんに相談すると・・・・

*****

耳のつき方って、動物によって色々です。

ロバの耳のつき方がブタの耳のつき方と同じだったら?

みんなちがってみんないい。

動物による耳のつき方の違いも学べる本です。



ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2016-09-10 11:52 | おもしろ絵本 | Trackback | Comments(2)
押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

昨日今日と、二回目のお泊り保育だったhaneちゃん年長さん。

台風のため、今日の午後お帰りのはずが、午前のお帰りになってしまいましたが、ひどい天候にならず良かった・・・かな?

でも、今回も一位ゴールを目指し、やる気マンマンで出掛けた宝探し(オリエンテーリング)が出来なかったのは残念。

その上、昨日は震度4の地震もあったりして・・・

まあ、あまり良いコンディションとは言えず(^^;)


さて、haneちゃんが居ない夜は、静かです。

そして私は一人別部屋にてゆっくり眠る事が出来ました。


日曜日、息子の大会の帰りから、全身を倦怠感と痛みが襲い、家に帰って布団に直行。

その数日前から調子は悪かったのですが、良くなったはずだったのに・・・

すぐに発熱、39度近くまであがり、体中に痛みが。

特に腱鞘炎の右肘から手首に掛けて激痛が走り・・・一晩中寒気と痛みに苦しんだのでした。

翌日は下がったものの、微熱は続き、足の痛みで歩く事も儘ならず(><)


で、その日学校から帰って来たsohtaは、暑い中運動会の練習をして疲れたとお昼寝。

一方のtaichiは、いつものように、すぐさま遊びに出掛けて行ったのでした。

練習前には、一食食べて行くので起こしたところ、身体が熱い!

なんと、sohtaも39度近い発熱。

勿論この日の練習はお休み・・・週末はまた大会なので、本人は「練習に行く!」と言うのですが、それは無茶苦茶な話。

休む事も大事!と説得。

本人だって動けないことは承知でしたけど。

翌日、前回のこともあるので(ただの風邪だと思っていたら溶連菌で、通院が遅れたこと)、念のため病院に行ったみたら、

あちゃーっ、またもや溶連菌(><)

一人特訓は1年続いていますが、
この夏は特にハードなトレーニングになっていて、疲れは相当溜まっている様子。

9時まで練習の日も、週に二日となったので、帰って来ると9時半近く。

そこからご飯を食べて・・・またそれが、疲れ過ぎてて時間が掛かるのなんの(><)

でも、食べないと枯れちゃうので、時間掛かっても、無理にでも食べないと。

寝るのは11時近くになり・・・小学生の生活とは思えない。

それと一緒に帰って来るtaichiも勿論寝るのが遅くなるのですが、こちらは健康体(^^;)

まあ、練習のハードさは雲泥の違いですが。


で・・・・もしかして?

と、私も検査してもらったら、わずか~に陽性反応が(><)

私がどこかから貰ってきたものがsohtaへ???

既に病院に行った時にはsohtaの熱は下がっていたので、その後からは食べるのなんの。

学校へは今日から。


今年の夏は体調崩すことなく終わりそうだったのに・・・・

更年期にせいか?自律神経に狂いが・・・温度変化にとっても弱い私です。

エアコンの効いている場所では必ず靴下長袖着用なのですが・・・


あと一ヶ月で幼稚園の運動会。

今年は1年ぶりにリレーにエントリー。

無理しないようにと過ごした夏休みは、全く走らず。

9月から再開!と思っていた矢先の体調不良。

あらら、運動会で走れるかなぁ(^^;)


私が体調を崩ずのはなぜ?

年齢的な変化時期に来ているのはもちろんの事、

睡眠不足もあります。

体調が悪い時に別の部屋に一人で寝ることがあって、一人で寝ると一度も途中で目が覚めることなく朝まで寝れる!という事が分かりました。

子ども達と同じ部屋で寝ていると、途中で何度起きているか?

taichiは相当寝相が悪いので、腕や足が当たって、何度も起こされる。

その上、昼間何か嫌な事があるとうなされる人なので、その声(相当大きい)に起こされる。

そして隣で寝ているhaneちゃんが寝返り打つ度に起こされる。

haneちゃんの成長痛も頻繁にあるので、足をさすって、腕をさすって・・・

夏場は、エアコンを途中で止めたり窓を開けたり、更に雨が降ると、また窓を閉めたりエアコン着けたり・・・・

本当にまったく熟睡が出来ていないのです。

神経質だからだと、腹出して熟睡している主人は言います。

で、朝は5時半には起きる。

土曜日はtaichiの朝練習があるし、日曜日は試合があるし、もっと早く起きる。

こんな睡眠で、私はよく起きて活動出来ているなあって、最近驚いた。

でも、世のお母さんって、こんなもの?

母親にはそう言われましたが・・・

私は専業主婦だから、昼間は大分楽しているはずなんですけどね(^^;)


くまのビーディーくん (世界の絵本)

ドン=フリーマン/偕成社

undefined


読んであげるなら 5、6歳~


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)

ビーディーくんは、セイヤーくんという おとこのこが もっている おもちゃの くまでした。

ふたりは、よく かくれんぼをして あそびました。

ときどき、ビーディーくんは、カタンと とまり、コロンと あおむけに ひっくりかえりました。

ぜんまいが、もどってしまったのです。

すると、かならず セイヤーくんが かぎを もって やってきて、ていねいに ねじを まいてくれました。

いったん ねじが まかれると、ビーディーくんは、いつまでも あそびたがりました。


 * * * * *

(以下、あらすじです)

ある冬の日、セイヤー君はいつ帰るとも言わずに出掛けてしましました。

初めて一人で遊ぶ事になったビーディーくん。

本を読むと、クマは洞穴に住んでいるとありました。

窓から望遠鏡で、山の斜面を見てみると、洞穴が見えました。

そこで、ビーディーくんは書置きをして、家を出ました。

丘を登り、洞穴に着くと、それはビーディー君にピッタリの大きさでした。

でも、穴の中は暗くて冷えます。そして岩がゴツゴツしています。

ビーディーくんは家に戻り、枕を取ってきました。

でもまだ何か足りません。

また家に戻り、今度は明かりを、その後は新聞を取って来たのですが・・・

う~ん、何だか落ち着かない。


果たしてビーディーくんにまだ足りないものとは?

*****

体調がすぐれない時、こうして一人で寝るとすっきり!

う~ん、でもまた家族のぬくもりが恋しくて、元気になれば子ども達の所に戻る事になるのかな?

年を取ると、それまで一緒の部屋で寝ていた夫婦が別の部屋で寝るようになる事も多いようですね。

やはり、男女では暑さに対する基準の違いが大きいような気がします。

エアコンにめっぽう弱い私も、きっとそうなるんだろうな(^^;)

ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2016-09-08 20:14 | ほのぼの絵本 | Trackback | Comments(2)
押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

小学校の二学期が始まった29日月曜日の夕方、

「蜂の巣が出来ているわよ!」と近所のおばさん。

確認すると、
家の裏側、二階の軒下に、直径10cm~15cmの丸い蜂の巣がありました。

すぐに害虫駆除の会社に電話したところ、明日は台風で臨時休業との事。

駆除に来れるのは、なんと3日後の1日との事。

そして気になるお値段は?

なんと16000円!!!

仕方ないのでお願いして・・・・

でも、すぐに駆除してもらいたい!3日後なんて・・・

と、ネット検索したところ、なんだ結構あるじゃないか(^^;)

電話してみると、その日に来てくれるとの事。

ネットで見たお値段は7000円~

見てみないとはっきりした金額は分かりませんと仰るが、7000円が倍!とかにはなりませんよね?

他の見積もり以下ではやらせてもらいますとの事だったので依頼。


すると夜9時にやって来た業者のお兄さん二人。

現場を見て、二階とは聞いてなかったと・・・

私は電話で言ったんだけどなあ。。。。

梯子で登らなくちゃいけないので、もっと掛かるんですが、他の見積もり以下でやると言っているようなのでお受けしますと、更にネット割引もしていただき、12000円で
やってもらった(^^)

ごめんなさい。。。少し安く伝えました(><)

真っ暗な中、雨も降ってきて・・・

危ないので中で待っていてください。と言われ、待っていると・・・30分くらいで作業は終了。

アシナガ蜂でした。

一ヶ月くらい前に、斜め前のお宅の裏側、二階の軒下にあった、同じくアシナガ蜂の巣。

そして一週間ほど前には、裏のお宅の戸袋の下にあったそうで・・・

気をつけないと、あっという間。

そして大きな出費・・・痛いっ!


「随分遅くまで仕事しているんですね」

「う~ん、これから秩父まで行くんですけど、どのくらい掛かります?一時間で着くかな?」

「一時間じゃ難しいんじゃない?まだ仕事あるんですか?」

その時点で、夜の10時近い(^^;)

朝は6時から働き、そして前橋まで帰るそうなんだが、帰ると12時過ぎるって(><)

もの凄いハードなお仕事(^^;) 

その上、秩父の現場はスズメバチだって(><)

「作業は明日ですかね?とりあえず見に行ってみますか?」と二人で話し合っていた。

えーっ(^^;)そんな時間の使い方?秩父から前橋まで帰るんだよね?

今日は一体何時のご帰宅?

若いから出来るのかしら?

すごいな。。。。このお兄さん達(^^;)


安くやってもらって、夜遅くだったので、悪いなあと思って。。。

でも、ビール渡して車で飲まれちゃったまずいから、子供騙しでごめんなさいと思いつつアイスを差し入れ(^^;)


ハチ退治と言って思い出すのは、このお話。

ジャイアント・ジャム・サンド (えほんライブラリー)

ジョン・ヴァーノン・ロード/アリス館

undefined


読んであげるなら 5、6歳~


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)

むんむん むしむし あつい なつ

チクチクむらに とんできた

4ひゃくまんびきの ハチの たいぐん

ピクニックも めちゃくちゃ

おひゃくしょうさんも にげだす

おやしきの だんなの はげあたまに まで

ブンブン ワンワン ウォンウォン チクッ!

 * * * * *

(以下、あらすじです)

村の皆が集まって、

「いったい このハチ どうすりゃ いいんだ?」

皆が頭を抱える中、パンやのおじさんが立ち上がり、

「ハチが一番好きなのなんだ?

イチゴのジャムだとすると・・・・

ジャイアント・ジャム・サンドを作って罠にしたら?」と提案。

皆は大賛成。

皆で協力して、本当に大きなジャイアント・ジャム・サンドを作った。


さて、この作戦、成功するかしら?

*****

う~ん、家でもこれやったら、大きな出費をせずにハチを退治出来たかな?

でも、高いところの【 巣 】までは、撤去出来ないよねぇ(^^;)

やっぱり現実は、業者に頼むべき?だよね。


ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2016-09-04 07:53 | おもしろ絵本 | Trackback | Comments(0)
押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

昨日の夕方、haneちゃんを幼稚園にお迎えに行った時、ふと見ると園庭の隅に落ちていたビーチサンダルの片一方。

「あっ、〇〇のだ」とhaneちゃん。

「持っていってあげれば」と私。

「やだ」とhaneちゃん。

「えー、どうして?探してるよ」

「だめなんだよ、じぶんでさがさなきゃ」

「〇〇~!ここにあるよ~!」と呼びかけた私。

そこに△△が来て、〇〇に持っていってあげたのでした。

帰りの車の中で、

「なんでhaneちゃんは、△△のように、持っていってあげないのかな?そういう優しい女の子の方が可愛くない?」

「じぶんでさがさなくちゃいけないのっ!」とhaneちゃん。

ふてくされてしまいました。


その夜、お風呂の中でその事を考えていた私。

あれは、確かにhaneちゃんが正しかった!

そうです。幼稚園ではそう教えられているのです。

無くした物は、自分でどこでどうしたのか、遡って考えさせるのです。

見つかるまで探します。

例えば、家に帰って、幼稚園に持って行ったお箸がないとなると、幼稚園にあるはずなので、代わりを持たせてはいけない事になっています。

幼稚園に行って、先生にそれを話し、探します。

どこで食べるのも自由なので、庭で食べる子もいたりして、なかなか見つからない事もあります。

また、子ども達が履いていく履物は、これ!といって決まっていません。

ビーチサンダルでも草履でも、長靴でも、靴でも、子どもがその時々で考えて履いていけばいいのです。

各教室に面し、中庭を囲むようにコの字型になった廊下から子ども達は出入りします。

裸足で広い園庭に出て行く子も居れば、履いていったものを園庭のどこかにおきっ放しで戻ってくる子も居ます。

廊下のどこから入っても良いので、たまに草履やビーチサンダルの片一方が幾重不明になる子が居ます。

そうなると、見つかるまで先生と一緒に探すのです。

どこで遊んでいたか?その前はどこに居たか?それを思い出させながら辿るのです。

私がやった事も、△△がやった事も、親切なようでいて、そうではなかったのです。

〇〇が一つ成長する機会を要らぬお世話で奪ってしまっていたのでした。

haneちゃんは、お腹の中にいた時から、ひまわり幼稚園の方針を見て聞いていたのです。

幼稚園から小学校やその他の社会の中で、すっかり大事な事を忘れていた私・・・haneちゃんに教えられたのでした。

haneちゃん、ごめん(><)


あなたのようにしっかり成長している子に無用に心配かもしれませんが、世の中には甘い言葉で近寄ってくる悪い奴もいます。

この本は何れ教訓となるかもしれません。

スパイダー屋敷の晩餐会

トニー ディテルリッジ/文溪堂

undefined


蜘蛛が獲物を捕る巧妙な方法を物語にしたものです。

しかし、これは虫の世界だけの話?

自分には関係ない!と思っている子に向けて書かれたものですよ。

追いかけるのはいつもクモだけとは限らないし、つかまえられるのもはいつもムシだけとは限らない。

この本の中で起こっている事をよくよく心に刻んでおきなさい。

いつかだれかの罠に捕まらないように!・・・ですって(^^;)

1829年に出版された寓話形式の教訓詩。

ちょっぴりこわ~いお話です。

ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2016-09-02 12:54 | おもしろ絵本 | Trackback | Comments(0)

夏休みの宿題

ポチッとよろしくお願いします。


にほんブログ村

月曜日から始まった小学校。

そして今日からhaneちゃんも登園し、毎日台風吹き荒れていた我が家に、静けさが戻った。

寂しくも、ホッとしたりして・・・

さて、夏休み中、息子達に問題が色々と噴出し、発覚し、親としては考えさせられる事、反省させられる事が宿題になっている。

育てたように子は育つ・・・まあ素直な子達なのが救いだが、育て方間違ってるのかなあ?間違ってるんだろうなあ・・・

色々考えていると、更年期の私はどどーんと落ち込む(><)

でも、こうして書いていると少しは自分の中のマグマが冷めていくのを感じる。

もっと賢い親になりたいものだ。


今朝、ラジオを聴いていて、興味をそそられた本が、

思考の整理学 (ちくま文庫)

外山 滋比古/筑摩書房

undefined


手描きポップについての話だったのだが、

その手描きポップを書いた盛岡の老舗書店店員の松本大介さんと、外山滋比古さんとの会話→「筑摩書房」

自分の頭で物を考え出す力というのはどうしたら得られるのか。自分で模索しながらこんなことをしてみると、効果があるかなというのを、一つ一つ脈絡なく並べた。

というこの本。

考えることを考えてみませんか? 



さて、6年生のsohtaは、「自由研究」or「発明創意工夫」・・・どちからをやらなくちゃいけなかったのに、最後の最後まで取り掛からず。

「ああ、全く浮かばないーっ、ママ~、何かない~?」と言い出したのが、夏休み最後の日の前夜。

「今頃何言ってんの?そんなに簡単に発明なんか浮かばないよ。去年の自由研究の続きをやちゃえば良かったのに~っ!自分で考えるって、豪語しだ人は誰だっけ?創意工夫ってのは何やるか分かってる?」

「分かってるよ!分かっているけど浮かばないんだもん。何か困った事ないの?」

「困ってる事ねえ・・・君達が勉強しないとか、水泳が早くならないとか・・・それが出来たら凄いのにねっ!」

「・・・・・」

「あっ!そうだっ」

haneちゃんは毎朝カブト虫のお世話をしているのだが、卵だけ別のケースに移し、霧吹きで水を掛けている。

でも、100均の霧吹き器は、最後まで水を吐き出すことが出来ず、必ず残ってしまう。

斜めにしても、どうしても少しは残る。

これをどうにか出来ないか?

という事で私の鶴の一声によって誕生した「最後まで噴出し切る霧吹き器」。

管の先端に何を付けるか?

布?毛糸?スポンジ?

長さはどうか?と長さを変えて噴出し切る時間を計測し、データ化した。

e0160269_11043890.jpg
最初は底にぐるっと廻るように取り付けたスポンジ。
しかし噴出し切る時間が結構掛かった。

ここから徐々にスポンジを短くしていって・・・
e0160269_11045258.jpg
最後は1cmだけに・・・これが一番早い!
同じ長さで幅広タイプもやってみたが、時間が掛かった。


霧吹き器の管の先端にスポンジちょこっと付けただけの物で、小一時間で終わった創意工夫作品。

しかし、なんと!市の発明創意工夫展に出品される事になっちゃった(^^;)

一方、大変時間の掛かった大作、taichiの自由研究「丈夫で格好いい秘密基地作り」から導き出した 三角形は強い!は、理科展への代表に選ばれず(><)

おかしいな?逆じゃないのかな?

上手くいかないものである。

毎年、夏休み明けに、理科展に出すからあそこを直して、ここを直してと宿題を出されるので、今年は最初から理科展向けに見栄えよく仕上げさせちゃったのが逆効果だったのかな?

でも、まあtaichiはそれによって知らなかった事を知ることも出来たので、勉強した甲斐はあったけど(^^)

来年は小学生のhaneちゃんはもう、来年の自由研究テーマが決まったらしい(^^;)

女の子は取り掛かりが早い(^^;)


下は、taichiの自由研究で参考にした本。

ストローで調べる強いかたち (やさしい科学 (18))

ベルニー・ズボルフスキー/さ・え・ら書房

undefined



子供の科学 2016年 08 月号 [特大号・別冊付録付き]

誠文堂新光社

undefined


「子供の科学8月号の付録」は秘密基地の作り方。これで大きな秘密基地を作った。

出来上がった秘密基地でくつろぐtaichiの写真を撮ったのに・・・sohtaの先生に、写真の大きさを編集したいのでデータを下さいと言われたのでSD入れたところ、えーっ!!!どうして?どうして?入ってた写真が全て消えちゃった(><)

先生のせいではないです(^^;)

ああ、なんで消えちゃったのかな・・・・(トホホ)


夏休みの最後必ず言う私の台詞

「お母様に感謝しなさい!」

ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2016-09-01 12:26 | 知る | Trackback | Comments(2)