絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2014年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

押してくれると、うれしいです(^^)


にほんブログ村


「絵本の記憶」って、ありますか?


私は読み聞かせしてもらった記憶が・・・全くない(><)


読んで貰っていたはずなんだけど・・・・お母さんごめんなさい。


ただ、

「ぐるんぱのようちえん」「たろうのおでかけ」「だるまちゃんとかみなりちゃん」「バーバパパのいえさがし」辺りは、ものすごーく懐かしさが込み上げてきて、









何かを思い出せそうなんだけど・・・

う~ん、思い出せない。

「いちごばたけのおばあさん」が数年前に再発売された時には、



「ああ これっ!好きだった絵本!」って、すぐ即買いしたのですが、

これまた思い出せない。

あまりにも、昔過ぎるの、か・も・し・れ・な・い(><)





山口雅子さんが大学で絵本について教える中で、学生に出してもらったレポートによると、

殆どの人がうちの人(特にお母さん)や幼稚園の先生の読んでもらう事で、

思い出の本に出会っているそうです。


中でもお母さんに読んでもらったことについては、

「嬉しかった」「楽しかった」「幸せだった」と書いているそうです。


大好きなお母さんが、誰にも邪魔されずに自分のそばにいて、そのうえ面白い絵本を読んでくれるというのは、子どもにとって、ほんとうにすばらしいことなのです。

おとなにとっても、自分の子どもと一緒に絵本を読むひとときは何にも替えられない幸せな時間ではないでしょうか。

子どもがやわらかくあたたかいからだをぴったりと寄せてきて、自分が読んでやっている絵本に目を丸くしたり、笑ったりする―――こんなに心地いいことはめったにありません。

絵本の中には楽しい冒険や不思議な出来事がいっぱい詰まっていて、私たちがページをひらくのを待っています。

周りに煩わしいことがあったとしても、子どもと一緒に絵本の世界に入れば、そんなことはすっかり忘れてしまいます。

それにあと数年もたてば、子どもが「この本、読んで」と持ってくることもなくなってしまうのです。

おとなにとっても、子どもにとっても、一生の内のほんの短い時間だからこそ、この時間を大切にして、「絵本をよんでやる時間」をゆっくりと心ゆくまで味わって欲しいと思っています。




どんな状況で読んでもらったのか、記憶にはない私ですが、

懐かしさを感じるそれらの絵本を、今手にしても、

あの時のわくわく感が蘇ってきます。

かなり空想癖のあった子ども時代。

ぐるんぱのようちえんや、かみなりちゃんの住む天空(雲)の世界、そしてバーバパパの家は、

私の空想癖に一役買っていたに違いありません。


「読んでもらって嬉しかった気持ちや、絵本の中で経験した楽しいことは、おとなになってからも幸せな記憶として蘇るのだ。こんなすばらしいことを将来自分の子どもにしてやれたら、どんなにいいだろうと思った」

これは、一年間の山口さんの授業を終えて書いてきた、ある学生の感想です。


この本は、月刊誌「母の友」の連載が単行本化されたものです。





母の友「5月号」の特集、

小児科医・山田真さんによる「知っておきたい、子どもの病気」は、

子どもの病気対策や予防接種を考えるきっかけになるものだと思います。

是非、ご一読を!


更に、この5月号から始まった連載「ほいくのゆくえ」。

15年度から導入される予定の「子ども・子育て支援新制度」における問題点を扱っています。

この制度では、保育が経済的な観点・大人の都合でしか考えられていないのです。

「子どもをどう育てるか」という視点が置き去りにされている事がかなり問題で、今後の国の行方を左右するとても大事な問題です。



ブックオフオンライン

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

 * * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  ↓  ↓  ↓    

にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2014-06-15 18:57 | Trackback(1) | Comments(4)
押してくれると、うれしいなあ(^^)


にほんブログ村

間もなく開幕するワールドカップ

TVでは、連日サッカー特番が放送されている。

やっぱり見ちゃうのは、

ここまで来た人達には、人の心を捉える何かがあるから。

多くの方がご覧になったであろう、NHKのプロフェッショナル本田の二週に渡る特別番組

ああ、子どもたちにも見せたかった(><)


「ゼロとは僕は言わないですけど、天才なんかこの世の中にほぼいないと思っています。

才能の差は若干なりともあるというのも認めます。

ただ若干でしょう?っていうことを僕は言いたいです。

ライオンと格闘するわけじゃない。

馬と競争するわけじゃない。

「あいつが別の生き物だ」とか、「あいつだから」っていう考えは馬やライオンにすればいいんです。

そんな天と地がひっくり返るほどの差はないでしょう?って。

だから僕よりも才能のある選手に僕は今までも勝ってきたし、なぜならそんな差はなかった。

でも「その差は大きい」と見るか、「越えられるもの」と見るかは自分しだいなんです。

それをみんな自分の限界を決めてしまって、挑戦することをやめてしまうんです。

だから夢がかなわないなんていうことになるんです。

「夢がかなう」とは僕は子どもたちに言ったことはないですよ。

「大きな夢を持ってください」と僕はいつも言うんです。

なぜそれを言うか。

「絶対にかなう」っていうふうには僕は言ったことも1度もないし、ただ頑張ればかなう可能性があるわけすでよ。

頑張るということは自分で決められるんです。

頑張るか、頑張らないかは。だから「その夢をかなえる可能性があるかどうかは、あなたしだいですよ」って言う。

常にチャンスはその本人にあったほうがいいと思うんです。

ただ、がんばるつもりがないなら、夢はかなうわけがないんです。

僕はどんな人にも、どんな位置に今いる人でも、チャンスはあると思う。

それを目指すかどうかは明日からじゃなくて、今日決めるんです。

やれることは今日からあるんです」




長友だって、遠藤だって、そしてイチローだって、

み~んな、クラブの練習の前に、後に、人より更に努力をしている。

今回の本田選手言葉は、ものすごく説得力があって、そして感動した。


どうしたらこういう考え方をもてるのだろうか?

どう育てられたのだろうか?

親ならば、それを考えざるを得ない。

別に一流選手になって欲しいわけじゃないけれど、

そのへこたれない強さを、子どもたちにも持って欲しいと思う。

彼らの発言は、いつも前向きだ。

それを考えると、

少なくとも彼は小さい時からポジティブな言葉を耳にしてきたんだろうと思う。


同じ事を言っても、言い方一つで、受け取り方は違う。

まずは、ちょっとでも良かった事を褒めて後で、

ここをこうしたら、もっと良くなるんじゃない?って言うのと、

先にダメな所をガミガミ注意した後、

良かった所を褒めたって、

きっと嬉しくないし、耳に入らないし、怒られた!って印象の方が強くなる。


かつては子どもだった自分も、きっとそうだったはずなのに・・・

どうして大人になると、親になると、忘れてしまうのだろうか?

言い方一つで、気持ちは変わるものだ。


『大きな夢を持つ事』、そしてそれを口にする事、

弱い自分の逃げ道を作らないために、

本田選手は、あえてそれを口にするのだそうだ。

人を変える事は出来ないし、環境を変える事もそう簡単ではない。

でも!

本田選手が言うとおり、 『頑張るか頑張らないか』は、自分で決めれる事。

ダメだ、無理・・・その言葉を吐く時、結局は、そんなに努力してないって事なんだよね。


そうたもたいちも、マグロと競争しているわけじゃない。

後発組のそうたにとっては、選手練習暦としては2~3年程の差があるけれど、

まだ10年も生きてない内の、たったの2~3年。

今の内の差なんて、大したことないさ。

要は、自分の限界を決めず、自らを信じて、他より努力出来るかどうかだ。

才能のある子だって、小さな時から出来る!凄い!って言われてきた子だって、

大なり小なり、必ずある時に壁にぶつかる。

そこで折れるか、乗り越えられるか、そこが夢が叶うか否かの分岐点。

打たれ強い子に育てる事・・・それが親の役目だと思う。




読んであげるなら 7歳くらい~

(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)

たいすけが 伊賀良村に きたのは、

せんそうが おわったばかりの ころでした。

たいすけが 四さいのときです。

そのころ、日本じゅうが たべものに ふそくしていました。

諏訪の 町に すんでいた たいすけの 一家も、

たべものが 手に はいらなく なりました。

そこで、この村に きて、おひゃくしょうを することに なったのです。


 * * * * *

(以下、あらすじです)


たいすけの家族は父ちゃん母ちゃん、大きい好子姉ちゃん、小さい充子姉ちゃん、幸治あんちゃ、そしてたいすけの6人家族。

たいすけは小児麻痺に罹り、足が不自由でした。

お百姓仕事が初めての父ちゃんに、村の衆は親切に教えてくれました。

皆懸命に働きました。

たいすけもこの村に来て、歩けるようになりました。

たいすけが3年生になった秋、好子姉ちゃんがお嫁に行く事になりました。

伊賀良村では、お嫁入りの朝に自分の家で採れた米のお赤飯を食べる習慣があります。

でもたいすけの家には田んぼがありません。

それで、粒揃いのおかぼを作る事にしました。

しかし、雨が降らず、

父ちゃんと好子ねえちゃんは、ずっと下の小川から水を汲み、

朝早くから暗くなるまで、何度もおかぼに水を撒きました。

でも、ダメでした。

泣きながら、出来損ないのおかぼを刈り取った好子姉ちゃん。

父ちゃんは、ものも言わず土の上に座り込み、涙を流していました。

父ちゃんは、おかぼの失敗からずっと「水」の事を考えていました。

その事で、村の物知りのせいざえもんさんに来てもらいました。

でも、せいざえもんさんは、

「だけさ、あそこは いくら ほっても むかしから 水は でんに」

2月18日の雪が舞う朝の事。

父ちゃんは「水神」という文字を石に堀り、裏の畑に置きました。

「とうちゃんは、これから よこあなを ほる。みんなで 水がでるように おねがいするんだ。」


*****

この話は、作者の原田さんが実際に体験したそのままのお話。

一家が村人たちの考えもつかない高台へ田んぼを作り、

子どもたちに真っ白いご飯を食べさせようと、

大自然に挑戦したお父さんの姿を絵本にしたものだそうだ。

*****

戦後の逞しい日本人の姿、ゆとり教育を受けた本田選手の諦めない気持ち。

環境は大分違うはずなんだけど・・・

どちらにも、

壁に当たっても当たっても起き上がる、逞しさを感る。




ブックオフオンライン

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

 * * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  ↓  ↓  ↓    

にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2014-06-12 23:39 | 愛のある絵本 | Trackback | Comments(2)
押してくれると、うれしいです(^^)


にほんブログ村



読んであげるなら 7歳位~

カフカの「変身」にヒントを得たという、何ともショッキングなこの作品。

「ムシ」は、虫と無視の掛詞になっているようですが、

オリジナルは「BEETLE BOY]

日本語だけの面白さがあるみたい。

ということは、伝わり方・・・作者が言わんとしている事は、

原作と翻訳では一緒なのか否か?

英語が苦手な私としては、

原作まで読む気はないので(^^;)

どなたかご存知でしたら、教えてくださいね(^^)


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)


グレゴリー・サンプソンは、ある日のあさ、目をさますと、でかいムシになっていました。

ドアのかがみを ながめました。

でかい紫色っぽい茶色のムシのからだです。

ふたつのでかい黒いムシの目があります。

2本のながいムシの触覚がはえています。

6本のながっぽそい、毛むくじゃらのムシの足がのびています。

こんなふうになったのは、はじめてでした。

「グレゴリー、はやくきがえて、あさごはんをたべなさい」とおとうさんの声がしました。

グレゴリーは、6本のてあしをでぴょこぴょこ洗面所にいそぎました。



 * * * * *

(以下、あらすじです)


キッチンに入っていっても誰も顔をあげません。

「ママ、パパ、ケイトリン ぼく、ムシになっちゃった。みて。でっかい甲虫になっちゃった」

でも気付かないのか?

ムシなのか?

誰もグレゴリーの体の変化に触れません。


グレゴリーはケイリトンとスクールバス乗り場に向かいました。

バス乗り場に着いても、誰も何も言いません。

スクールバスに乗ると、通路を進み、親友のマイケルが座っている席の傍に立ちました。

マイケルは、でかい虫の爪に掴まれたグレゴリーの弁当箱と、

でかい虫の厚い甲羅にのっかったグレゴリーのバックパックを眺めました。

「グレゴリーのなにかあったの?ぼくの親友はどこ?」

涙ながらに聞くマイケル。

「ぼくがグレゴリーだよ。朝起きたらこんな風になってた。誰も気が付かないんだ。どうしたらいい?」

「どうして こんふうに?」

「わからない」

「いたくは ないの?」

「ぜんぜん」

「お医者さんに みてもらう? 薬、もらう?保健室に いったほうが いいよ」

「保健室の先生は、まえに 虫になった 2年生を みたことあると おもう?」

「ないようなきが するけれど」



こうして、一日中虫の姿で学校生活を送ったグレゴリー。

気付いてくれたのは親友のマイケルだけ。

家に帰って来たのですが・・・


*****




「変身」は、それはそれは怖く悲しいお話です。

最後は家族に見捨てられ、毒虫のまま、息を閉じるのですが、

さすがに絵本なので、このお話の結末は、本家の「変身」とは違います(^^;)


虫になった事を、すっかり無視されちゃうグレゴリー。

唯一分かってくれたのは、親友のマイケルだけ。

皆全く気付かない・・・って事は、どういうこと!?

日頃、自分に存在感がないと思っているのでしょうかね、グレゴリーは!


ただねぇ、親としては複雑な結末。

日頃の接し方を反省する事になるかもしれません。

子どもは、虫の行動描写が面白かったらしく、所々ゲラゲラ笑いながらも、一方ではハラハラしながら聞いている感じで、

ラストはかなりホッとしたみたいでした。



ブックオフオンライン

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

 * * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  ↓  ↓  ↓    

にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2014-06-10 22:50 | 愛のある絵本 | Trackback | Comments(2)
押してくれると、うれしいです(^^)


にほんブログ村


それにしても、

よく降る(><)

怖いくらい、よく降った。

いつもは全く水が無く、そこが丸見えだった近所の貯水池は、

地面に近いほどに水が溜まっていた。


梅雨っていうと、

しとしと降る雨のイメージだったけれど、

最近のはスコール!?

ここは熱帯地方!?

やっぱり温暖化がもたらす影響なんだろうか?


湿度は高いが、今朝の晴れ間はやっぱりうれしい。

天候で気分って、相当変わるものだ。




読んであげるなら 5歳位~

(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)

どようびの あさ、あめが ふりだして、

にわとりたちが コッコ コッコと なきだした。

ねこが にわとりに フーッと いい、

いぬが ねこに ほえかかる。

あめは ざあざあ ふっている。


とうさんが いぬを しかり、あかんぼうが めを さます。

「しずかにしてよ!」と かあさん さけぶ。

いぬは もっと ほえだして、

あめは まだ ふっている。   


おまわりさんが さわぎを ききつけ、

・・・・・・・・・・・・
 

* * * * *

(以下、あらすじです)

パトカーが道路をふさぎ、車は渋滞し、

くだものは転がるは、人は怒鳴りあうは・・・

それでも、雨は降っている。


しとしと降る雨は、気持ちをゆったりさせる気がするけれど、

どしゃぶりは人の心をかき乱し、イライラさせるようだ。

・・・となれば、衝突も起こりやすい。


「雨の日の本」というと、この前者の雨が多いのだが、

この絵本は後者。

土砂降りにドタバタ人間現模様という、なんとも喧しいお話。

でも、最後はやっぱり「・・・地固まる」


雨が降ってるから休もうか。

そんな暢気なことを言ってられない現代。


でも、

雨だから・・・

そう言って、ちょっと一呼吸、一服?

そんな大らかさ・・・現代には必要な気がする。



そして、とつぜん・・・・

・・・・あめが あがった!

さわぎも やんだ。

おひさまが かおを だし、

くうきが さわやかに かおってる。

よごれが すっかり ながされて、

やねの うえには にじが かかった。




まさに今はそんな感じ?

でも、この雨の量じゃそんな事言ってられないか(><)

あちこち相当危険らしい。

皆さん、お気をつけて。


ブックオフオンライン

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

 * * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  ↓  ↓  ↓    

にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2014-06-09 11:46 | 雨の日の本 | Trackback | Comments(0)
押してくれると、うれしいです(^^)


にほんブログ村


孫正義さんへ


読み語りの意義について、

それがどういう事なのか、

なんの為なのか、

貴方は分かっていらっしゃいますか?


昨晩のニュースステーションでの発言に、大変驚き、そして怒りを覚えました。


「主婦が家事に忙しい時に、

ロボットが子どもに絵本を読み聞かせたり、英語を教えたり・・・」


貴方はそう仰いました。


絵本を子どもに読み語る事は、

勉強ではありません。

言葉を学ぶという意味では、勉強と捉える方もいらっっしゃるでしょう。


しかし、読み語りで一番重要な事は、

その生の会話であり、心と体のふれあいなのです。

抱っこしたり、傍に寄り添ったりして、

一緒の時間を過ごす事なのです。



貴方はそれもロボットにさせると仰るのですか?



これからの時代の、子どもたちは一体どんな大人になっていくのでしょう?

果たして、人と心を通わせる事が出来るようになるのでしょうか?

人の気持ちが分かる子になるのでしょうか?

色んな人とぶつかり合って、子どもから大人になって、

そして結婚して、子どもを作ろうと思うのでしょうか?



ロボットに教わった、正しい英語の発音が出来た所で、それが何?

その子どもは、心からの言葉を持つ事が出来るのでしょうか?



キャスターも、「ワクワクしますね」なんて仰っていましたが、

本当にワクワクしますか?

私は、そんな時代が来るのかと思うと、とっても恐ろしいです。




忙しくてバタバタ料理をする時は、

手伝いたくて手を出してくる娘4歳に、

「今日はごめん、ちょっとあっちで遊んでて~!」

っていう事もあります。

が、本来家事にも参加させることが、子どもを育てるって事ではないでしょうか?




「ことばは、心を育てる母乳だという。

おかあさんのおっぱいといっしょに、

呑みこんで覚えるのだともいわれる。」



児童文学者の宮川ひろさんは、

「母からゆずられた前かけ」の中で、こう仰っています。




大変お忙しいかと存じますが、こちらも是非、読んで下さい。





悲しくて、頭にきて、やるせなくて、涙が出ます。




そして、世のお母さんたちへ


こんな馬鹿げた世の中で、子どもをまともに育てる事が出来るのは私達です。

忙しいからこそ、

読み語りが大事なんです。

どんなに短い簡単な絵本でも、

是非、寝る前に、この子どもとの至福の時間を持ちましょう!



ブックオフオンライン

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

 * * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  ↓  ↓  ↓    

にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2014-06-06 10:36 | 大人向け | Trackback | Comments(8)