絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:写真絵本( 2 )

押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村


月曜日、今年度初めての朝の読み聞かせがありました。

今年度私が所属するのは、6年生と1年生担当グループ。

昨年度も息子が居た6年生を担当しましたが、ほとんど知っている顔の昨年度とは違い、始めまして(^^)の子も結構居ます。

一方、sotaが幼稚園入園前に公園で一緒に遊んでいた子たちが大きくなっている事に、改めてビックリしたりもして・・・

相方さんが先に読んでくださったのが、

うめぼしさん

かんざわ としこ/こぐま社

undefined

読んであげるなら 5歳くらい~

梅干・・・担当したクラスの先生が苦手な食べものだったようで・・・本が紹介された瞬間、一斉に先生の方を見た子ども達。

「こっちをみるなーっ!(^^;)」と先生。

先生も少しは梅干に興味を持ってくれたでしょうか?

「家で梅干を作っているという人は居ますか?」という問いに手を挙げたのは二人。

うち一人は同じ幼稚園出身の男の子でした。

うめぼしさん


うめぼしさん

うめぼしさんは そのむかし

しろいはな あかいはな しろいはな

うめのこえだで さいていた

ほうほう ほけきょを きいていた


と始まるこのお話は、梅干しが出来るまでを描いているのですが、歌うような七五調がとても心地良い絵本です。


さて、この月曜日の夕方から目が充血(><)

夜塩番茶で洗い、塩番茶湿布をしたものの翌日は大充血。

翌朝、まずは梅醤番茶を飲んで、そして眼科へ行ったのですが、うつるものかどうかの検査が痛かった(><)

麻酔をしたものの、すぐさま麺棒でぐりぐりぐり・・・うっ痛っ、涙が。。。。。。

で、うつるものではなく、細菌感染だとか。

右目だけだったのが、直に目もまっ赤になり、目やにがどんどん出て来て、目がかすむ程(><)

処方された目薬に、毎朝の梅醤番茶。

そして昼ご飯前に第一大根湯を飲んで、

う~ん、どれが利いたのかな(^^;)

大分充血は収まり、目やにも出なくなりました。

免疫力が大分落ちてるわぁ。。。。。

そんな私は17日の月曜日、48歳になりました。

小学校の本部役員や学校ボランティア活動、そして今日から始まる中学校の役員、本当によく食べる子ども達のご飯作り、そして水泳の送迎に、haneちゃんのピアノの練習と、仕事もしていないのに、メチャクチャ忙しい。

自分の体のケアがとっても大切になってきました(^^;)


話が飛びましたが、次に私が読んだのは

あさの絵本

谷川 俊太郎,吉村 和敏/アリス館

undefined

読んであげるなら 7歳くらい~

この写真絵本は、吉村和敏さんの写真に谷川さんが詩をつけたもの。

舞台はカナダケベック、プリンス・エドワード島。

自然ってこんなに素敵な色を発しているのですね。

なかなか街中に居るとこんな色には遭遇できませんが、それでも朝って一番澄んでいるとき。

ここまでの瞬間を目にすることは出来ませんが、朝早く起きて、地球が目覚める美しい瞬間に立ち会いたい!そう思わざるをえません。

まあ、プリンスエドワード島に行けたら良いのですが、現実はなかなかそうもいかず。。。。

更に、この写真に付けた谷川さんの詩も素敵で(^^)

ルピナスの葉っぱについた水滴には、

「だれのものでもない ほうせきが いっぱい」

朝日を浴びて笑っているように見えるルピナスなどの草花に、

「はっぱもくきも ねっこまでわらってる ひかりにくすぐられて」 

「こんな表現できないわよねぇ。今度子ども達に言ってみようかしら?」と、交通安全員もしてくださっている読み聞かせボランティアのEさん。

6年生だったら、「ああ、あの本のあの場面だ!」って思い出してくれるかもしれませんね(^^)

そんな美しい言葉が一つずつ子ども達の心に届き、根を張り、いつか花を咲かせますように!

そう願って、今年度も読み聞かせボランティアを頑張りたいと思います。





ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2017-04-21 09:55 | 写真絵本 | Trackback | Comments(0)
小学校では、早くも書初め展を開催。

授業参観だった昨日、そちらも見てきました。

今年、小学三年生で始まった書道の授業。

筆を洗わず持ち帰って来るのですが、

ほぼ一週間後の次の書道の授業の日の朝、

慌てて洗うそうたを、

何度叱った事か!


「道具を大事にしなさい!」


入学前、自分の名前が読めるだけだったそうたですが、

筆でもこんなに書けるようになった(^^)


「こ」が

ちょっと笑っちゃってますけれど・・・

漢字で書いた名前もさて置き、

上手いじゃないの。

親バカでしょうか?(^^;)

e0160269_06301453.jpg


でも、入選はしなかった(^^;)



親戚のおばさんが書道教室を開いていたので、


私は園児の時からそこに通っていました。


なので、小・中学校では書道の選抜として、


冬休み中も毎日学校で、朝からお昼までみっちりしごかれた記憶があります。


そうたのスイミングじゃないけれど、


一日休むと三日戻ると言われ、


大晦日から三が日も一日も欠かさず、書いたなあ・・・


そのそうた、選手コースの練習のお休みは元旦と二日だけ。


やっていた事こそ違え、


自分が子どもの頃も確かにそうだった。



社会人になって、暫く休んでいた書道を再び始めたくなって、


日本書道院の幹部だった、地元の先生の所に飛び込んだのが20代半ばの頃。


やがて師範になり、


日本書道院展で最高賞を頂き、


毎日展でも賞を頂ける様になると、


少し前巷で問題になった、書道界のお礼金の話通り、


書道展の度に数万円掛かるようになって、


勿論、続かない。


お金で賞を買っているようなもんだなあ・・・


そう思って、


日本書道院を飛び出し、


古典の勉強の為、


カルチャースクールで習い始めたのですが、


その先生がまさに前衛の先生で、


NYで絵のような、抽象画的書の個展を開いちゃう、


篠田桃紅さんを崇拝している素敵な先生でした。


そこで木簡の素晴らしさ、書の楽しさに改めて触れることになったのですが、


遠かった事もあり、そうたの出産の為、暫くお休みするか、


・・・と思っていたところ、


それから丸9年。


明日はそうたの誕生日です。


そうたの書を見て、


また始めたいなあと思いました。


先々月だったか、篠田桃紅さんの個展があったのですが、


見に行けなかったのが残念。


墨を摺る、ゆったりとした時間、


来年以降ならば取れるかなぁ


月 人 石 (こどものとも傑作集)

谷川 俊太郎,乾 千恵/福音館書店

undefined



書の美しさは、

余白の美、かすれ具合。

白と黒の境目に表われます。

そうたの練習してきたものを見て、

「ここの、このかすれ具合がいい感じだねえ」

と言ったものの、

学校のそれは書道というより、お習字なので、

かすれなど無い方が良いのです。


桃紅百年

篠田 桃紅/世界文化社

undefined


日本の名随筆 (27) 「墨」

篠田 桃紅(編さん)/作品社

undefined



ブックオフオンライン

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

 * * * * *

ランキングに参加していま~す


お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
 

 ↓  ↓  ↓
  
 
 にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2013-12-06 22:18 | 写真絵本 | Trackback | Comments(2)