絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:料理の本( 3 )

押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

9月に、幼稚園の保護者会主催で開催した 料理研究家梅崎和子先生 講演会。

講演後、先生とお話する中で、

「色んな幼稚園や保育園で講演して来たけど、こんなに真剣に聞いてくれる園はなかなか無いのよ。

次回は是非調理実習に呼んでね!」

と仰っていただいたので、

その後すぐ連絡をとり、

昨日、調理実習会を行うに至りました。

季節柄、子どもの体調不良などで、残念ながら参加出来なかった人も数人いらっしゃいましたが、

講演後ということもあって、36名が参加。


梅崎先生の明るく気さくなお人柄、

重ね煮料理の簡単さに、

皆、リラックスした中で、楽しく調理実習出来たようです(^^)


しかしながら、先生が作ったものと自分達が作ったものでは、

材料も分量も同じはずなのに、大分違います。


火を入れすぎないこと、煮込み過ぎないことが大切です。


先生が仰っていた、

「食べるのが遅くなるご主人の分は、別の小鍋に用意しておいて、火入れするのは食べる前にしてあげないとね!」

に皆苦笑(^^;)

「クタッとなったものじゃ可哀想よ。やさしくしておかないとね」

(あはは・・・(^^;))


コロッケも重ね煮で♪

昨夜は、先生のレシピ本からのアレンジで、

haneちゃんの大好きなサトイモのコロッケを作りました。

レシピではじゃが芋+玉ねぎ+にんにく+ニンジンの重ね煮ですが、

それを里芋に変えてもめちゃおいしーっ♪

お肉無しコロッケでも十分いけます!

と言うか、こっちの方が断然おいしーっ♪



野菜がめっちゃいっぱいある日のメニューは、決まって八宝菜(^^;)

スイミングの後、かなりお疲れの長男は、

食べるのも疲れるから、ご飯に乗っけて!とどんぶりものを要求するので、

八宝菜丼になります。

油を使わない、重ね煮の八宝菜は、体にやさしい(^^)


そして先生の重ね煮はレシピ本も見やすくて、

うちのパパにも、子どもにも作れる優れものです。












haneちゃんが最近お気に入りのこの本は、

日曜日、お出掛けしたママに代わり、パパとクッキーを作るさっちゃんの話。




これ、しろくまちゃんのホットケーキにそっくりじゃない?って思ったら、作者いっしょだもんね。

おとうさんとバージョンです(^^)



ブックオフオンライン

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

 * * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  ↓  ↓  ↓    

にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2014-11-22 07:49 | 料理の本 | Trackback | Comments(2)

わらのごはん

船越 康弘,船越 かおり
地湧社
発売日:1999-12




大人向け


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)


何かの拍子で自然食を知り、

突然、有機無農薬のものをやっきになって探しはじめたり、

食べた事もなかったような玄米食しか

自分に許さなくなったら・・・疲れてしまいますよね。



(途中、略)


農薬の有無にこだわることより大切な事が私にはあります。


大きい、珍しい、安い、甘い、種かがない、

形がよくて料理しやすいなどなど、

わがままな消費者の限りないニーズが

今、農業をどんなふうに変えてきたか見直してみることです。

ちょっと立ち止まって、自分の責任に目を向けてみると

明日からどんな買い方をしていけばいいのか答えが出てきます。


だから今日も、私は二股のにんじんさんに

包丁を入れながら話しかけています。

「キミはなんて個性的で

元気いっぱいのにんじんなんだ!!」
 



* * * * *


岡山の、自然食を提供する民宿「わら」の心とは・・・

カントリー・イン 百姓屋敷わらが正式名称。


・その季節ならではの、旬のエネルギーのたぎった「ばっかり食」をいただく事。

・主役はごはん。

・お命、頂戴いたします。新鮮な内に感謝して、頂きます。



重ね煮料理なら、この本のレシピが良い!って、

そうたと同じクラスのNのママから、ずーっと勧められていたレシピ本。

ちょっとお高いので(^^;)

迷いに迷い、漸く手に入れました。


そして早速作った筑前煮。

それが旨いの何の☆☆☆

重ね煮なので、切って順番通り鍋に重ねていくだけ。

味付けは醤油のみ!



でも、醤油はいいものを使いましょうね!

これで、味が決まってしまいますからね(^^)

最近思うのは、毎日使う調味料こそ、体に良いものを使おう!って事。

そしてそれらは、自然のお薬だって事。



私は、マルシマの濃い口を好んで使っています。

丸中醤油はまろやかでかなり美味しい。

どちらも、スーパーで売ってる大量生産品に比べると、かなりお高いのですが・・・



ああ、いつか泊まりにいってみたい「わら」です。



読んでくださって、ありがとうございます。



 * * * * *


ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!

あなたの一票が明日への励みに繋がりま~す(^^)

 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
by yomuyomuehon | 2011-01-27 07:15 | 料理の本 | Trackback | Comments(2)
からだにやさしいお菓子とパン
e0160269_236673.jpg

カノウユミコ・著


バスから降りると眠くて歩けないから抱っこ・・・と言う息子。
しかし家に着くなり、「ママー!おなかすいたー!なんか食べた~い」
・・・だったら、歩いてよー!

一日4食の息子。
おやつと言っても、お菓子でないものを与えるようにしています。
ニンジンの蒸ケーキだったり、ポテトもちだったり、おやきだったり。

この本の中でよく作るのは、
ごぼうクッキー、大根の葉クッキー、ゴマケーキ、ベジタリアンのチョコケーキ、、さつま芋のお焼きです。
どれもびっくりするほど簡単で、おいしい~。
その上バターや砂糖を使わないで作れるんですよ。

お試しあれ!







ランキングに参加しています。
少しでも興味をもって頂けましたら、クリックお願いします。
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 子育てブログへ
by yomuyomuehon | 2008-11-29 23:21 | 料理の本 | Trackback | Comments(4)