絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る

2015年 02月 16日 ( 1 )

押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村



読んであげるなら 6歳くらい~

(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)

もう、ずいぶんむかしのことです。

そのころ、世界でいちばんやかましいところは、ガヤガヤという都でした。

そこでは、人びとは、話すということをしませんでした。

口をひらけば、わめくか、どなるかしたからです。


 * * * * *

(以下、あらすじです)

この町の人びとは、四、五人集まるとすぐ、こんな歌をうたいました。


とびらを バタンと けっとばせ

ゆかを ドシンと ふみならせ

昼間は わめき

夜、たかいびき

ガヤガヤ ガヤガヤ


この町の入口にはこんな立て札が立っていました。

「これより ガヤガヤの都 世界でいちばんやかましい町」

この町で、とりわけやかましのはギャオギャオ王子さまでした。

まだ六つにもなっていないのに、大抵の大人よりずっとやかましい音を立てることが出来ました。


あと一月で王子様の誕生日。

王さまは王子様を呼んで、誕生日の贈り物には何がいいか聞きました。

「ぼく、世界でいちばんやかましい音がききたい」

王子様の希望は、

『世界中人が、一人残らず、同時にワアーッと叫ぶ』

というものでした。

王さまは考えれば考えるほど、これは面白い!という気がしてきました。

「よし、やってみよう!」


それから、ガヤガヤの町は大忙し。

何百人もの使いが、世界中のあちこちへ送り出されました。

そして間もなくあちこちから、この思いつきは面白い、喜んで協力しますとの返事が届きました。


日が経ち、王子さまの誕生日が近づくにつれて、人びとの興奮はどんどん高まりました。

どこの国でもギャオギャオ王子の誕生日の事で話は持ちきりでした。


ある日、ガヤガヤ町からずっと離れたある小さな村で、一人の奥さんが旦那さんに話していました。

「ねえ、あなた、わたしはね、わめくのはいいと思うのよ。でも、ちょっと気になるのはね、自分がありったけの声で叫んでしまったら、他の人の声が聞こえないってことなの。だって、そうでしょう。自分の声しか聞こえませんもの。だけど、わたし、世界でいちばんやかましい音というのを、ちょっと聞いてみたい気がするの」

「おまえのいうとおりだ」

「どうだろう。そのときは、口だけあけて、声は出さないでいたら?そうすれば、ほかの連中の出す声が、いったいどんなものか聞けるわけだ」


これは素晴らしい考えだと思った奥さん。

別に悪気はなかったのですが、近所の奥さん達にこの計画を話しました。

そして、別に悪気はなかったのですが、近所の奥さん達は旦那さんにこの話をし・・・・


さて、王子様の誕生日プレゼント・・・一体どんなものになるのでしょうか?


最後には、見事、素敵などんでん返しが!

*****

このお話、面白いだけでなく、大人にとっては学ぶべきところが多いですね。


種明かししちゃいますと、

皆が世界一やかましい音を聞いてみたいと思ったため、

誰一人、約束の時間に叫ばなかったわけです。


世界中が、し――――んと沈黙した瞬間でした。


王子様はがっかりしたかと思いきや、大喜び♪

王子様は初めて小鳥の歌と、木の葉が風にそよぐ音を、小川を流れる水の音を聞いたのです。

生まれて初めて自然の音を聞いたのです。

静けさと落ち着きを知ったのです。


家の中、TVが付けっ放しになっていませんか?

街へ出ると、あちこちから音が迫って来て、交差点はやかましいですよね?

巷ではランニングブームですが、耳にはイヤホン・・・自然を感じる間はなさそうです。


静けさを知ったガヤガヤ町の人びとは、

静かに話すようになり、

アヒルはやわらかな声で鳴くようになり、

家の戸は音を立てずにしまるようになり、

お巡りさん達は、やさしくそっと笛を吹きました。


世界でいちばん静かで、『平和だ』という事を自慢するようになったとの事。

そうそう、静けさは『平和』なんですよね(^^)


家庭でも然り!

わたしもわめく・怒鳴るをやめなくちゃ(^^;)

*****

さて、土曜日のバレンタインデー。

チョコレートって凄い!!!

スイミングの練習後、チョコレートをもらって来たsohta。
.

「ママーっ、何個だと思うーっ?」

「う~ん、二個」

「ブッブーッ!4個でしたーっ!」

義理チョコか!?友チョコか!?まあ、そんな所だけれども、分かっちゃいるだろうけれど、メッチャ嬉しそうなsohta。


一方のtaichiはゼロ。

「・・・ほしかったなあ」と一言。


へえ!!! taihiでも欲しいって思うんだ!?

それも驚き。


それにしても、男って単純だ(^^)


ブックオフオンライン

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

 * * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  ↓  ↓  ↓    

にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2015-02-16 09:26 | ほのぼの絵本 | Trackback | Comments(2)