絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る

2015年 02月 12日 ( 1 )

押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村



読んであげるなら 7歳くらい~、自分で読むなら小学中学年以上


まぬけでがんこ、でも賢いゴハおじさん。

エジプトで何百年もの間、愛されてきたゴハおじさんの笑い話。

それが15話収められたお話集です。


例えばゴハおじさんのまぬけさは、「ロバは何頭?」という話で分かります。

商人になる事を決めたゴハおじさん。

市場でロバを12頭買いました。

おじさんは一頭のロバにまたがり、他のロバを後ろから追い立てて家に向かいました。

途中、確認のため、ロバの数を数えました。

すると、11頭しかいない。

買ったのは12頭のはず。

おじさんはロバから降りて、もう一度数えました。

すると12頭、ちゃんといました。

安心したゴハおじさんはロバにまたがり、念のため、もう一度数えてみると、あれれ11頭!?

わけが分からなくなったゴハおじさん。

でも、どうやらロバから降りると一頭増えるようだと気が付いたゴハおじさんは・・・



こんなゴハおじさんですが、奥さんは賢いのです。

おじさんをからかってやろう家に集まった友達を、奥さんの機転で、してやったり!

なんだか、バカボンのパパとママみたい(^^;)


しかしながら、ゴハおじさんは賢くもあるのです。

3人の賢者相手のとんち比べで、恐れ入りましたと言わしめる一面も!


また、世間の目が気になって仕方ない息子に、世の中を教えるゴハおじさんの話には、感動さえ覚えます。



昨日はsohtaのスイミングの大会で、朝早かったsohtaと、sohtaが目覚ましを止めなかったせいで早くに起こされてしまったtaichiとhaneちゃん。

今日は眠いでしょ?だから一話か二話ね!と言いながらも、面白くて、結局全てを読んで聞かせちゃいました(^^)


この本、イラストも素敵なんです。

伝統工芸の職人さんが、一針一針縫ったもの。

イラストはオールカラーの贅沢な本です。


ブックオフオンライン

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

 * * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  ↓  ↓  ↓    

にほんブログ村
by yomuyomuehon | 2015-02-12 09:08 | 昔ばなし | Trackback | Comments(2)