絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

かいじゅうたちのいるところ

かいじゅうたちのいるところ
e0160269_17162178.jpg

モーリス・センダック/作・絵  神宮輝夫・訳

作品名をクリックして頂けますと、amazonの商品ページに行けます。
作者名をクリックして頂けますと、amazonの、作家の作品一覧に行けます。


読んであげるなら 4歳~

   *  *  *  *  *

ある ばん、マックスは おおかみの ぬいぐるみを きると、いたずらを はじめて
おおあばれ・・・

おかあさんは おこった。「この かいじゅう!」

マックスも まけずに、「おまえを たべちゃうぞ!」

とうとう、マックスは ゆうごはんぬきで、しんしつに ほうりこまれた。

すると、しんしつに、にょきり にょきりと きが はえだして
どんどん はえて、


森や野原になったマックスの部屋に、波が押し寄せ、船が運ばれてきた。

船に乗ったマックスは、1年と1日航海すると、怪獣たちのいるところに到着。

怪獣たちの王さまになったマックスは、怪獣たちと一緒に怪獣踊りを始めた。

  ・・・・・・・・・・・・・

「もう たくさんだ。やめえ!」

怪獣たちを眠らせたあと、さびしくなったマックスは王さまをやめることにした。

「おねがい、いかないで。おれたちは たべちゃいたいほど゙ おまえが すきなんだ。
たべてやるから いかないで。」


と言う怪獣たちを振り切って、ボートに乗り帰って来たところは、
温かい夕食の置いてある自分の寝室だった。

     *  *  *  *  *

e0160269_17211682.jpg




あたりが くらく なりました
マックスぼうやの せかいです

「こんやは なにを しようかな
おおかみごっこを してみよう」

ぼうやの おへやが かわります
どんどん どんどん かわります

もりの  きまでが はえました

その きが どんどん そだちます

ぼうやの おへやは もりのなか
つるくさ するする のびだして
おへやは どこにも なくなった
とうとう おへやが なくなった

こんどは うみが  ざんぶりこ
ぼうやも おふねで ざんぶりこ
あさから ばんまで ざんぶりこ
どこかの くにまで はしります

ざんぶりこっこが いっしゅうかん
ざんぶりこっこが いちねんかん
おふねは やっと つきました
おばけの くにに つきました

いるいる おばけが すんでいる
おばけが ぼうやに ほえました

きばを  がちがち させながら
おそろしい こえで ほえました

おおきな めだまで にらみます
ぼうやを じっと  にらみます

するどい つめが  ひかります
ぼうやの まえで  ひかります


おばけたちの王さまになったマックスは、おばけたちと一緒に踊った。
でもさびしくなって帰りたくなったマックス。

「かえっちゃ いやだよ マックスおう!」
「いっしょに いてよ  マックスおう!」
「かえって いくなら  たべちゃうぞ!」

おばけたちを振り切って、船に乗ったマックス。

とうとう おへやに つきました
あのひの よると  おなじとき
ぼうやの おへやに つきました

おいしい においが してました

ばんごはんが ありました
ぼうやの おへやに ありました

ゆげが でたまま ありました
あたたかいまま  ありました
 

  *  *  *  *  *

途中省略しましたが、全文七・五調です。
こちらは1966年にウェザヒル出版社から出た「いるいるおばけがすんでいる」版。

翻訳・編集には5人の方が携わり、監修委員の一人に、三島由紀夫が名を連ねている点が興味深いです。
そしてこのウェザヒルのアメリカ新絵本シリーズには、マザーズブックなる原書と日本語の直訳が付いています。

その原書の直訳を見ると、原書に近いのは「かいじゅうたちのいるところ」の方です。

原書タイトルは「WHERE THE WILD THINGS ARE」
これには当時親たちからかなりの批判をあびたようです。
THINGS=野蛮人ですからね。
本来、怪獣でもおばけでもないものを描いていたわけですよね。

でも子供ってこういうの、好きなんですよね。
それは世界中で永く読まれ続けている事からもわかります。



以前、この本の事を図書館の司書さんに話したところ、県内の図書館を探してくれました。

もう販売してないし、置いている図書館も少ないので、出合ったら是非読み比べてみてください。

「かいじゅうたちのいるところ」は息子が3歳の時に購入しました。

今回「いるいるおばけがすんでいる」を読んだら、こちらの方が気に入ったようです。
こちらの方が怖くない感じがします。

   *  *  *  *  *

先日息子は担任の先生に、「おばけだぞ~」を30分以上やったようです。
先生から聞きました。

本当に仕事とはいえ、保母さんって大変。
私は、「きゃ~、こわいわ~」なんて30分も付き合えないもの。
この本のようなお母さんになってしまいま~す。

   *  *  *  *  *

1965年のコールデコット・メダル受賞作品


以前紹介したコールデコット・メダル受賞作品はこちら

「ゆきのひ」
「もりのなか」





最後まで読んでくださって、ありがとうございます。


ランキングに参加しています
このお話読んでみたいわと思って頂けましたら、ちょこっと下のバナーを押してくださいね!
2つ押していただけると、なおうれしー070.gif
 ↓  ↓  ↓    ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 人気ブログランキングへ
トラックバックURL : http://ehonkasan.exblog.jp/tb/9788007
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by vivera at 2009-03-09 08:49
ほんとに、いるいる…の方がとっても優し感じがするね。
かいじゅうたち・・・は本とビデオを見たけれど、少し
ミステリアスな感じよね~。
今日はうたの会、年長さん以外のママは絶対泣かずに
歌わなきゃいけないらしい!
必死に他ごと考えながら歌わなきゃ☆
Commented by mokumoku at 2010-02-22 12:11 x
はじめまして。親が仕事に関わっていた関係で小さい頃に両方読みました。(最初は『いるいる~』しかなかったのですが、のちに『かいじゅうたち~』の方が出て・・・。)おっしゃるとおり、『かいじゅうたち』の方は入ってくるものが強かったです。あんなにニュアンスが違うものかと。実際手元にあるものは、色彩の調子も『いるいる』の方がトーンが柔らかいです。(要するに文章、装丁全部含むという感じでしょうか。絵本は翻訳含め言葉だけが大事ではないですよね)
私は『かいじゅう』の方は受けつけませんでした。・・・女だからというのも多少は?あるのかもしれません。ご参考まで。
Commented by yomuyomuehon at 2010-02-23 07:14
mokumokuさん、コメントありがとうございます。ご両親は素敵なお仕事に携わっていたのですね(^^)私は恐らく子供のころ「いるいる・・・」の方を読んだ事はありません。子どもを持ってから「かいじゅう・・・」の方を先に読んでいます。昔の絵本は直訳が少なくて、日本的な、7・5調が多かったようですね。表現も優しくて、「怪獣」って感じじゃないですよね(ふふっ) 私はどちらが好きか?・・・う~ん、難しいなあ・・・二つの絵本は、全く別物のような感じがします。ところで色合いも違うんですね~。私が図書館で借りたのは、かなり古いものだったので、その辺りは分かりませんでした。貴重なご意見、ありがとうございました。またいらしてください。お待ちしてます(^^)
by yomuyomuehon | 2009-03-08 17:46 | 愛のある絵本 | Trackback | Comments(3)