絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ソメコとオニ

ソメコとオニ (岩崎創作絵本)
e0160269_162266.jpg

斉藤隆介・作     滝平二郎・絵
作品名をクリックして頂けますと、amazonの商品ページに行けます。
作者名をクリックして頂けますと、amazonの、作家の作品一覧に行けます。

ソメコとオニ  ←楽天ブックスへはこちらから

読んであげるなら4、5歳~


ソメコは 5つだ。
ソメコは まいにち タイクツしていた。
おとなたちは、なんてつまらない まいにちを おくっているんだろう。

ソメコが、すこし おもしろくなって、すこし むちゅうになると、
おとなたちは、もうへいこうして、
「ソメコ、あっちゃ行って あそべ。いい子だからナ」
っていって、行ってしまう。

ところが ある日、ソメコと いくらでも あそんでくれる おじさんがきた。


そのおじさんとは・・・
なんと ”オニ” だった。

こうしてソメコはオニにさらわれて、オニの岩屋まで来てしまった。

ところがオニを怖がらないソメコ。
それどころか、「カクレンボするベエ!オニゴッコしよう!」と言って、オニに付きまとうソメコ。

オニはソメコのお父ウに、脅迫状を書くつもりだった。
「ソメコを返して欲しければ、金の俵を1ぴょうもってこい」と。

ソメコを連れて来るまでは・・・

結局、オニがお父ウに宛てた手紙・・・その内容に思わずうふっ


   *  *  *  *  *

もうすぐ節分ですね。
息子の幼稚園でも豆まきやるようです。
聞くところによると、かなりびっくり!するとか。

何しろ怖がり屋の息子です。
免疫をつけようと、オニが出てくるお話を連日しています。

このお話のオニ・・・元気なソメコに振り回されっぱなし。
すっかり怖い鬼の威厳を無くしてしまいました。

そうです。
息子に、オニは怖くないんだよ~と暗示をかけているのです。

2月3日、息子はどんな顔して帰ってくるのでしょう。
きっと、頬に白く涙の跡が残った状態で、バスを降りてくるんでしょうけどね~。

それにしても滝平二郎さんのきりえ素晴らしいですね。



その息子、熱を出しました。
39度ちょっとあります。

今日は土曜日と勘違いしていた私。
365クリニックに向かいました。

駐車場に車を入れようとした時、主人が一言、
「365ってだけあって日曜日もやっているんだ~」

「えっ、日曜日?今日土曜日じゃないんだっけ?」

すみません・・・ほんと、最近まずいわ~





最後まで読んでくださって、ありがとうございます。


ランキングに参加しています
このお話読んでみたいわと思って頂けましたら、ちょこっと下のバナーを押してくださいね!
2つ押していただけると、なおうれしー070.gif
 ↓  ↓  ↓    ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 人気ブログランキングへ
トラックバックURL : http://ehonkasan.exblog.jp/tb/9520901
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by vivera at 2009-02-01 23:29
この絵本、お気に入りです♪
今月の親子登園の亀山さん、彼のお話にとっても感動して
すぐ買った本なの。
ソメコみたいな子供に育ってほしいな~♪
きっとyomuちゃんも大号泣だよ~。お楽しみに!

風邪大丈夫!?
インフルじゃないといいけど。。。お大事にね。
Commented by キュートなうさぎ at 2009-02-02 19:21 x
滝平さんの切り絵は、素敵ですよね。
『モチモチの木』の木の絵が大好きでした。
恐怖の豆まき。
うちの息子も号泣するでしょう(T_T)
by yomuyomuehon | 2009-02-01 17:19 | おもしろ絵本 | Trackback | Comments(2)