絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

み~んな、お話が好き

押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

昨日は、小学校での昼の読み聞かせに行って来ました。

先週末、小学生版学祭とPTAバザーがあり、一つ大きな行事を終えて、落ち着いた!?

かと思いきや、

昼休みには、来月初めに行われる、市内小学生綱引き大会の練習が始まったようで、

読み聞かせルームで待っていると、子どもたちが体育館へ次々に向かうのが見えました。

taichiも四年生にして初参加。


最近水泳の練習がどんどんきつくなり、ここ一月は仮病を使ったり、泣いて車から降りなかったり、そしてとうとう裸足でスクールの敷地から逃げ出して・・・

辞めたい!と本人は言うものの、本心でもなさそうで、

大会の翌日、うれしかった結果を、真っ先に担任に報告したりもしていたようです。

でも、練習はつらい、もうやだ、行きたくない。

と、特に練習がきつい水曜日は特に鬼門。

そんな状態が続いていたので、他の事をやるのも、水泳以外の友だちとの交流もいいんじゃないかと、友だちに誘われながらも出場を躊躇していたtaichiの背中を押したのでした。

本人は、日曜日とて練習があったりするので、先のことは分からないから。。。。と迷っていたみたい。


と話が逸れましたが、天気もよく風のない静かな日に、読み聞かせにやってくる子はいるだろうか?

先月も三人だったし・・・その内の一人はhaneちゃんで(^^;)

なんて思いながら、持ってきた本を読んでいると、

二年生が数人やってきて、

そして、おおびっくり!

6年生男子が二人(^^)

初めてじゃん!!!

立ったままの二人に逃げられないように、目を合わさないようにしようっと(^^)

そうしたら、なんと最後まで聞いていてくれたのです!

昼読みは、いつも1・2年生が主で、たま~に3年生(う~ん、最近来てないかな?)という顔ぶれ。

高学年には、朝教室で先生がいらっしゃるところでしか、読み聞かせでお目に掛かることなし、だったのに。。。。

う~ん、感動です。


昨日のラインナップは、

気持ち悪い!と言いながら、小さな虫に食いついていた子どもたち。

学校の帰り道、落ち葉を踏んで蹴っ飛ばして、だけじゃなくて、捲ってみたりしてくれたかしら?


おちゃのじかんにきたとら

ジュディス カー/童話館出版

undefined


この本で、6年生の足が止まったのでした。

いい本っていうのは、皆がしーんとなって聞くもんなんですね。

「なんで、とら?」とか「いるわけないじゃん!」とか言う子が一人もなく、

読んでいて、なんて素敵な本なのかしらと改めて感じました。

このお話は、外に食事に行きたかった女の子とお母さんの妄想?

いやいや、だって次の日食料を買い込みに二人は出かけるのですからね。

妄想ではなかったわけですよね。

家の食料を食べ漁るとらの尻尾に、うっとり絡む女の子の姿。

散々食べといて、すっかりごちそうになりました。なんてお礼を言って紳士的に立ち去るとら。

この2シーンが私は好き。


びっくり まつぼっくり (幼児絵本ふしぎなたねシリーズ)

多田多恵子/福音館書店

undefined


知ってるーっ!と言う子も何人かいたこの本。

水に濡れるとかさが蕾み、乾くと開く性質を、小さな子に分かりやすく解説した科学絵本です。

6年生、家に帰ってやってみてくれちゃったかな?


そして最後は、

ふくろうくん (ミセスこどもの本)

アーノルド・ローベル/文化出版局

undefined


の中から、「おつきさま」を。

丁度二年生がアーノルド・ローベルの「おてがみ」を学んでいるようです。

とぼけたふくろうくんが何ともいとおしい。

大好きなお話の一冊です。


チャイムが鳴らない小学校。

一体何時に教室に帰らなきゃならぬのか・・・いつも分かりません(^^;)


なかなか高学年になると、自由参加のお話会に参加してくれる子はいません。

ましてや男の子なんて。

いやあ、実に嬉しかった昼読みでした。


今週のhaneちゃんラインナップ↓

e0160269_23231239.jpg

やはりhaneちゃんも、ゾロリのファン(^^;)

最近一番のお気に入りは「かわいいゴキブリの女の子」で、

かわいいゴキブリのおんなの子メイベルとゆめのケーキ (世界傑作童話シリーズ)

ケイティ・スペック/福音館書店

undefined


に続き、二冊目もチョイス。

すっかり私は読み聞かせから引退させられ(^^;)寝る前、布団の中で一章、自分で読むのが日課です。

さみしくも、頼もしくもある今日この頃。



ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村

トラックバックURL : http://ehonkasan.exblog.jp/tb/26183288
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by キュートなうさぎ at 2017-11-21 08:12 x
おぉ、昼読みに6年生登場とは。
大きくなると、なかなか読んでもらう機会がないので楽しかったのでしょうね♪
yomuさんの学校では、全学年に読みがたりがあるのですね。羨ましい!
うちでは、今年から4~6年生にも読みがたりが始まったのですが、年に1度だけなんです。

taichiくん、小さな頃から厳しい練習に耐えてよく頑張っているな~と感心してしまいます。
学校の友達との交流や他のスポーツをすることも、いい気分転換になるでしょう。頑張れ!
Commented by yomuyomuehon at 2017-11-21 14:52
うさぎちゃん、こんにちは(^^)
でしょ?でしょ!すっごく嬉しかったよ~。昨日6年生に読み聞かせがあって、その話を入ったクラスの先生に話したら、「ああ、あの子とあの子なの~。ぼくたちお話だいすき~!って言ってたの~」だって。これを機に増えるといいな♪

さてさて、taichiくん。嫌だといいながらも、本当にやめられるのか?ってなると、本人も踏ん切りは着かないだろうな。休めば次はきついし、そうなると益々行きたくなくなっちゃうし。。。。
水泳ははやくなるだけでなく、踏ん張る気持ちや、理不尽な想いや・・・なんかいっぱい、色んな事を学ぶためだと思っているので、出来ればまだまだ頑張って欲しいかな。
今やめたら、負けた感しか残らない気がしちゃうし・・・う~ん、毎晩大変です(><)
by yomuyomuehon | 2017-11-18 23:28 | 秋の本 | Trackback | Comments(2)