絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

小学生向け、はじめての自己啓発本☆「かあちゃん取扱説明書」

押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村



読んであげるなら 7歳くらい~  

自分で読むなら  小学中学年~


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)

「ぼくのかあちゃん」          四年二組 田村哲哉

ぼくんちで、一番いばっているのはかあちゃんです。

とうちゃんよりずっとおっかないし、いばっています。

今日も朝からガミガミうるさくって、ぼくはハラがたちました。

学校にくると中、ガミガミのげーんいんを考えたけど、あんまりいろいろいってたから、なんでおこられたのか、まったく思い出せません。

これではかんちゃんのおこりゾンだし、ぼくのおこられゾンだと思います。

それから、かあちゃんはケチです。なんでも「もったいない」と、とっておくから、れいぞうこの中はしょうみ期限のきれているものがたくさんあります。

この間は・・・・

 

 * * * * *


(以下、あらすじです)


「あっははは、こりゃあいい」

ぼくの作文を読んで、父ちゃんは大笑い。


今日、先週家族紹介っていうテーマで書いた作文が帰って来た。

あの日、ぼくは朝からかあちゃんにどやされてムカムカしてた。

それでかあちゃんんお悪口をアレコレ作文用紙に並べ立てた。

それが「田村くん、よく書けてたよ」なんて先生から褒められちゃって。

と、ここで終わっていれば良かったものの・・・

「書いた作文をおうちの人に読んでもらって、一言で良いので感想を書いてもらってください。」

だって!

まさか母ちゃんに見せるわけにも行かず、父ちゃんに感想書いてって頼んだんだけど・・・・


「さっきの作文なんだけど」

「分かってるさ。母ちゃんには言ったりしないから安心しろ。男同士の約束だ」

「なんたって、母ちゃんとの付き合いは哲哉より長いんだ」

「かあちゃんの扱いは慣れたもんさ」

「例えばだ、ビールをもう一本飲みたいなって溶き、どうすると思う?」

「わかんない」

「なんだ哲哉、少しは考えるとよ。哲哉ならどうする?」

「うーん、こっそり飲む・・・とか?」

「そんなことしてみろ、バレたらヒサンだぞ。いいか、そういう時はとにかくほめる」

「褒める?何で?」

「哲哉だって作文の書いてたじゃないか、うちのかあちゃんは、美味しいっていうと同じご飯が何日も続くって」

「それをうまく使うのがコツだろう」

「うまく使うって、どんなふうにさ」

「それは自分で考えるんだよ。それは自分で考えるんだよ。つまり、母ちゃんは褒められる事に弱いんだから、そこんとこを上手い具合にだなあ。父ちゃんなんて、本気で二本目をゲットしようってときには必死で褒めまくるからな」

「パソコンやビデオも、扱い方を間違えると、動かないだろ、ヘタすりゃ故障だ。それと同じってことだな。うん」


扱い方。そうか、扱い方だ!

扱い方さえ間違えなければ、母ちゃんなんてチョチョイのチョイだ。


*****


「ああ、パパのとりせつがほしい・・・」

と、嘆くそうた。

「今日は〇×■△◎×●・・・だから、出来ないとかさぁ、自分で説得すればいいじゃない?」

「あのさぁ ママ。パパに通用すると思う?無理にきまってるじゃん」

「じゃあ、どうしたら納得するか、考えれば?パパはそうたの態度を見て言うんだからさ。この本みたいに、そうたの行動変えれば良いんじゃないの?」

「・・・・・」

育児に熱心な、そして子煩悩なパパは、私なんかよりず~っと妥協を許さない!?

『自分で自分の限界を決めるな!』

『出来ない理由を言うな、どうしたら出来か考えろ』

そうたに頻繁に言う言葉。

間もなく10歳になるそうたは、この所ようやく踏ん張れる様になって来た感じ?

まだまだ疑問符は取れないのですが(^^;)

何せ、いつもこれが持続しないもので・・・


子どもに対して、

そして他人に、部下に、上司に対しても、この「取説」は通用します。

相手を変えるのではなく、自分を変える!

人を変えるのは簡単じゃないけれど、自分の事なら変えられる

だからといって、機械みたいに上手くいくとは限らないのが人対人なんだけど(^^;)

でも、それもまた面白い(^^)


ブックオフオンライン

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

 * * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  ↓  ↓  ↓    

にほんブログ村
トラックバックURL : http://ehonkasan.exblog.jp/tb/22294119
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by キュートなうさぎ at 2014-08-18 13:13 x
yomuさんおすすめのこの本、読みましたよ~。
面白い!そして、私にもあてはまるぞ~とも思ったり(笑)
息子は、大・大・大爆笑しながら読んでいました。
そして「俺も母ちゃんの取扱説明書を作ろうかな。」と。
この本で、読書感想文を書くそうです。

yomu家のパパさんは、本当に子育てに熱心ですよね。
夫婦で子どものことについて話し合えるって、羨ましいです。
そして、厳しいパパさんについていくそうたくんも素晴らしい!!
さてさて、そうたくんは、どんな取説を作るのでしょうか?(^_-)
Commented by yomuyomuehon at 2014-08-29 23:12
うさぎちゃん、こんばんは

そうたはこれで読書感想文書いたよ~(^^)
「父ちゃん取扱説明書を作ってみた」というタイトルで!
まあ、真似してる感ありありだけど、
面白い作文に仕上がった。
きっと、先生も大爆笑だと思います。
が、パパが読んだら・・・(^^;)

うちはね、子どもの事しか話題にならないのよ(^^;)
子どもが巣立っちゃったら、会話あるかな?

そうたの取り説・・・へえーっ、そんな願いもあるんだ~!って、驚いた事もあったよ。
まあ、もう4年生、いつの間にか四年生になってたんだもんね。
いつまでも子ども扱いしていちゃいかんなって思ったわ(^^;)
by yomuyomuehon | 2014-08-16 10:50 | 童話 中学年向け | Trackback | Comments(2)