絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

シナの五にんきょうだい

クレール・H・ビショップ
瑞雲舎
発売日:1995-10-26



読んであげるなら 4、5歳~


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)


むかし、シナに 、五にんの きょうだいが すんでいました。

五にんは、とても よくにていて、だれが だれやら くべつが つきませんでした。



 * * * * *


(以下、あらすじです)


お母さんと海辺に暮らす五人兄弟。

一番目の兄さんは、海の水を飲み干す事が出来ました。

二番目の兄さんは、首が鉄で出来ていました。

三番目の兄さんは、足をどんどんの伸ばす事が出来ました。

四番目の兄さんは、体が焼けないで、

五番目の末息子は、いつまでも息をしないでいる事が出来ました。


毎朝一番目の兄さんは、海へ魚を獲りに行きます。

ある日の事、小さな男の子に、一緒に魚獲りに連れて行ってくれと頼まれた一番目の兄さん。

「戻って来いと合図したら、すぐ戻ってこなくちゃいけないよ」

「ああ、くるよ、くるよ」


と、約束した男の子でしたが、幾ら呼んでも戻ってこなくて、

海の水を口いっぱいに含んだ兄さんは、次第に苦しくなって、

その内、口の中で海がモリモリ盛り上がり・・・・

海は突然、どう!と、兄さんの口から流れ出し、また深い海に戻ってしまったのです。

--------そして、男の子は見えなくなりました。



一人で村に帰って来た兄さんに、男の子殺しの容疑がかかり、首を切られる事になりました。

いよいよ首を切られるという朝の事、兄さんはお役人に言いました。

「わたくしは ははに わかれを つげてきたいと おもいます。

どうぞ、いえに かえらせてくださいまし」


この願いは受け入れられ、一番目の兄さんに代わってやってきた二番目の兄さん。


そうです!

この二番目の兄さんの首は鉄製なので、切れないんです。


村の人たちは怒って、海に放り込んで殺そうって事になり・・・



 * * * * *


先日紹介した王さまと九人のきょうだいにとっても似てるでしょ!

「王さまと・・・」で言うなら、

一番目の兄さんは・・・「みずくぐり」

二番目の兄さんは・・・「切ってくれ」

三番目の・・・・「ながすね」
e0160269_3591444.jpg

四番目の・・・・「さむがりや」

五番目の・・・・これはちょっと違うかな・・・




ドイツに生まれ、ハンブルグで中国との貿易を学び、20代は中国で暮らしたクルト・ヴィーゼ。

第二次世界大戦時、捕虜生活を強いられた彼。

後にアメリカに渡り、絵本の黄金期を支えた絵本作家の一人になりました。



この絵本は、中国人を馬鹿にしているとかいう理由で一時絶版に。

福音館書店から出ていたこの絵本は今、瑞雲社から出版されているようです。



王さまと九人のきょうだいをそうたに読んでいた時に、なんか似ている話があった・・・と言い出した主人。

子供の頃に読んでもらったか、読んだのか・・・それがこの「シナの五にんきょうだい」だったようです。

そうたは王さまと九人のきょうだいが大好きなのですが、こちらも面白いようです(^^)


家で読むには良いのですが、見開き字だけのページがあって、

幼稚園での読み聞かせには厳しいかな・・・


そのページを越えれば、

一番目の兄さんが次第に苦しくなって、顔がパンパンになっていく様子、

そして次々と危機を乗り越えていく、兄弟たちの様子に釘付けでしょうけどねっ!


 * * * * * 


「絵本のおかあさん」(幼稚園の読みボラのお母さんの俗称)な~んてタイトルつけながら、

昨年の秋以降、シフトを外してもらっていた私。

Tママの、「産む前に一度読んどいたら?」という好意で代わってもらいました。

久~しぶりに先の木曜日にそうたのクラスで読んできました。


読んだのは「王さまと九人のきょうだい」



その中でも、何人かが声を出して笑っていたのは、

最後に「みずくぐり」が、王さまにぷはーっと大川の水を吹きかけるシーン。

そうたもこの場面が大好き♪


それが「シナの五にんきょうだい」では最初に出てきます。

まあ、シチュエーションは違いますが・・・


海の水、大川の水・・・

これを飲み干すシーンが、子供達の心を一番引き付けるって事を、分かっていたんですね。




最後まで読んでくださって、ありがとうございます。


 * * * * *

本棚はこちら
 ↓  ↓  ↓ 
ブクログ/絵本のおかあさん


 * * * * *


ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!

あなたの一票が明日への励みに繋がりま~す(^^)

 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
トラックバックURL : http://ehonkasan.exblog.jp/tb/12260640
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by キュートなうさぎ at 2010-03-06 08:46 x
民話や昔話って、書き手によって表現の仕方が違いますよね。
内容も少しずつ違っていたり。
それも読む楽しみの一つかもしれません。

4月から読みボラを始めることにしました。
すでに今からドキドキです(笑)
本の選び方など、色々教えてくださいね~♪
Commented by yomuyomuehon at 2010-03-06 12:59
うさぎちゃん、ありがとう!読みボラやるんですね(^^)子供達の成長が見れる絶好の機会。楽しんでね~♪年長さんへの読み聞かせは長い本になるので、横に持った時かなり読み込んでないと、子供達の顔をたまに見ながら本に戻ろうとした時、あれれ~どこまで読んだっけ?ってな事になります。読み込む事が大事よ~!子供の方が分かっていたりして・・・抜かしたっ!な~んて指摘を受けちゃったりもするからねぇ(ふふっ) 昔話を読む人が少ないように見受けられます。是非その辺り攻略してみてくださ~い!頑張ってね!!じゃなくて・・・是非、楽しんでね~♪
Commented by marinco at 2010-03-06 16:51 x
お邪魔します~(コソコソッ)
この「シナの~」は年少の我が子が一時はまりました。耳鼻科の待合室にあって、よく読んだなぁ・・・
文字の無い見開きの、口から水が溢れそうになっているシーンが
大好きなようです。
「さいばんかん」のような難しい言葉が出てきたり
最後の「いきうめ」のところは理解不能だったと思うんだけど、
お話全部を理解するというよりはそのワンシーンのためだけに
この本が大好きなのかも~~
Commented by yomuyomuehon at 2010-03-07 07:05
marincoさん、ありがとう!!お待ちしてました(^^) そうですね、見開きの今にも口から海の水が溢れてきそうなシーン・・・子供は興奮しますよね!「王さまと・・・」よりも「シナの・・・」の方が小さい子向きかも。「王さまと・・・」の最初のおばあさんのくだりは、子供にとってあまり面白くはなさそうで、読みボラの時に、その辺りでは集中できなさそうな子もチラホラ見受けられましたもの。またいらしてくださいね~!!
by yomuyomuehon | 2010-03-06 04:10 | おもしろ絵本 | Trackback | Comments(4)