絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

もりのかくれんぼう




読んであげるなら 5、6歳~


(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)

こうえんで あそんだ かえりみち。

おにいちゃんの うしろを、けいこは くちを とがらせて あるいています。

「つまんないの」

かくれんぼしたくてたまらなかったのに、おにいちゃんたら

ともだちと ボールなげばかり してたんですもの。


 * * * * *


(以下、あらすじです)

「うちまできょうそうしよう。ようい、どん」と言って、先に行ってしまったお兄ちゃん。

けいこが慌てて後を追うと、行き止まりの生垣の根元から、足がちょろっと見えました。

けいこも真似っこして、生垣の下を通り抜けると、そこは見たこともない大きな森の入り口。

心細くなったけいこは歌を歌います。


ちかみち ほそみち

もりのみち

こわいかな、こわくない

どこまで いっても

もりのなか

だあれも いない

もりのみち



すると、うしろのほうで だれかが ゆっくり うたいます。


だあれも いない

もりのみち

そうかな、どうかな

ほんとかな

だれかが いるよ

もりのみち

こわいかな こわいぞう


この歌声はお兄ちゃん?

それとも・・・


 * * * * *


タイトルの「もりのかくれんぼう」に、疑問を持ちませんでしたか?

『かくれんぼ』ではなく、『かくれんぼう』

『かくれんぼう』とは、木の枝のような手足を持つ、不思議な男の子。

表紙にその『かくれんぼう』が隠れているのですが、分かりますか?


お兄ちゃんと、かくれんぼするお話ではありませんよ。

けいこが迷い込んだ森には、かくれんぼうの他に、くま・きつね・さる・しか等々、森の動物がたくさんいて、
一緒にかくれんぼするんです。


けいこと一緒に、どうぶつ達を探してみませんか?
e0160269_17271052.gif


息子はじーっと見ていましたが、なかなか難しかったみたいです。



この森は、けいこの住む団地が出来る前にあったという大きな森。

動物達が住む森が近くにあったら、なんて素敵なんだろうって思います。


イギリスに赴任していた友人は、リスやウサギを普通に見ながら、通勤していたようです。

そんな環境は、今の日本では既に遅しの感がありますが、せめて鳥のさえずりの聞こえる公園ぐらいは、残しておきたいもの。


今日は久々の好天で、この絵本のように紅葉した公園の木々が、とってもキレイでした。

『かくれんぼう』が住める程ではないにしろ、木の多い公園が近くにあるのって良いですね。









最後まで読んでくださって、ありがとうございます。


 * * * * *

本棚つくりました。

覗いてみてね~!
 ↓  ↓  ↓ 
ブクログ/絵本のおかあさん


 * * * * *


ランキングに参加していま~す


勢いよく押しちゃって~!
 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ


ごめんなさ~い。ついでにもう一個、ポチッとね
 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
トラックバックURL : http://ehonkasan.exblog.jp/tb/11585412
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by キュートなうさぎ at 2009-11-16 15:12 x
森をお散歩したくなる、かわいい絵本ですよね。
こんなにたくさんの動物に会えたら楽しそう♪
(実際に会ったらびっくりかな?)

子どもの頃、近所の森や沼が遊び場でした。
野うさぎやイタチもいたなぁ。
ショッピングセンターや道路とひきかえに、無くなってしまいました。
便利になるって、寂しいことでもありますよね。
Commented by yomuyomuehon at 2009-11-17 06:46
うさぎちゃん、いつもありがとう!メルヘンチックなあなたにはぴったりなお話よ~。ところで、私同様、田舎育ちだったのね。うちの周りでもイタチをよく見かけましたよ。でも、うさぎは無いなあ・・・秋の匂いと言ったら、もみ殻を燃やす匂いじゃなくて?私はあの匂いが大好き!今でも実家に行くと、どこからとも無く漂ってくるあの匂いに心が癒されます。ほんと、便利になるって、寂しいことでもあるわね。あんなに自然を破壊して建てた全国の空港も、今では無駄だ!無駄だ!の大合唱。もっと早く気付けよっ!って憤ること仕切り。ですが、それを言える様になったのも、政権交代のお陰。大人って情けないね~。壊しちゃってから気付くんだから
by yomuyomuehon | 2009-11-15 17:28 | 秋の本 | Trackback | Comments(2)