絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

みつばちみつひめ てんやわんやおてつだいのまき



秋山あゆ子・作

読んであげるなら 4、5 歳~


みつばちひめの みつひめさまは、はちのすじょうの
おひめさま。たくさんの かしんに かしずかれ、
なにふじゆうない ごてんの くらし。

でも、ほんとうは とっても たいくつ。

きせつは はる。あちこちから きこえてくるのは、たのしそうな みなの うたごえ。

みつをあつめろ おしろにいっぱいに
はちのす はちのす はちのすじょう
かしこい みつばち はたらきものだ
ハニカム ハニカム ろっかけい

「わらわも みなのものと はたらきたいのじゃ」


部屋から部屋へと飛び回るみつ姫様を、追いかけるお付の者達。

その内、蜜を蓄える大事な壷を壊してしまったみつ姫様。
切羽詰って、窓から外へ飛び出しました。

飛んで飛んで、くたびれ果てたみつ姫様。
くらくらと降り立った所へやって来たのは、まるはなばちの団子やさん。

花粉団子を貰って力が沸いたみつ姫様。
お返しに、団子作りのお手伝い。

お土産に団子を一つ貰って、はりきりばちの袋物屋で包んでもらいます。

ここでもみつ姫、袋作りのお手伝い。

壷をたくさん割ってしまって、城に帰れないことを話すと、
「そうだ、とっくりばちの やきものやで つぼを つくって おみやげにしたら どうだい」
「それは よき かんがえじゃ」


今度はみつ姫様、時を忘れ夢中になって壷作り。

「もう ひが くれる。おうちへ おかえり。つぼは、よく かわかして かまで やくから、
4、5にち たったら また おいで。こんどは いろを つけるといい」

と、とっくりばちの親方。

と、その時、
「ひめさまー、ひめさまー」と呼ぶ声が。
 
さて、みつ姫様は大人しくお城へ帰るのでありましょうか?
それは読んでのお楽しみ~!

   *  *  *  *  *

以前紹介した「くものすおやぶんとりものちょう」同様、大変リズムの良いお話でございます。

「くものすおやぶんとりものちょう」はどちらかと言うと、男の子向きだったような?
こちらの本は、色使いや主人公がお姫様ってところが、女の子向きかしら?

昔キョンキョンが演ってた、あんみつ姫を思い出しちゃいますね。

「ハニカム ハニカム ろっかけい~」
って、気がつくと口にしてたりもして・・・

ところで秋山あゆ子さんは、無類の虫好きなんだとか・・・
どうりで虫の本ばかり

   *  *  *  *  *

ところで、果樹などの授粉に使うセイヨウミツバチが、不足してるってご存知ですか?

作物の授粉に使われるのは、主に海外から輸入されるセイヨウミツバチ。
でも輸入の約8割を占めてきた豪州産から、07年に監視伝染病のノゼマ病が確認され、欧米でもハチの大量死が問題化した影響などで、輸入は08年からストップしている状態。

不景気で、値下げ↓値下げ↓って文字をよく見かけますよね。
果物の値段はどうなのかなあ?

実家の近くにある、野菜ソムリエの作るトマト&きゅうりの農家でも、蜂が受粉しているようです。
値段あがるのかなあ・・・

まだ量が採れないので、週末しか直売所開いてないみたいですけど。

そこのトマトときゅうりを、息子が大好きで、暑くなると大量に消費します。
値上げとなると痛いなあ・・・

ちなみにモロッコインゲンも美味しいですよ。
オープンして2時間もしないうちに売り切れます。

小山農園 加須市大室(県道久喜騎西町線、水深信号を東へ100m程行った左側)



以前紹介した増川農園のトマトも、かなり美味しいですよ
こちらもすぐに売り切れます。

   *  *  *  *  *

昨日は小松崎進先生をお招きしてこの本大好きの会の例会でした。

そこで紹介された本で、以前紹介したのは以下の本です。
でんしゃにのって
こんとあき
だってだってのおばあさん
もこもこもこ
おなべおなべにえたかな



先生のお話から
・本は寝る前に、子守唄代わりに読んであげましょう
・読み聞かせで大切なのは、「言葉」である。絵が無くてもいい、語ってあげることが大切。

   *  *  *  *  *

例会にはいつも、下の子を連れて行きます。
そこで、始めて見せた息子の行動がありました。

籠に入れていったおもちゃを他の子が触ると、怒って取り返し、籠にしまって逃げる!

1歳半になる息子、早くも「自分のもの」意識が芽生えた様子。

「貸してあげようね」な~んて言っても分かるはずもなく、そのやり取りを笑って見ていた母でした。

「え~ん(泣)、どうしてかしてくれないの~?」
1つ上のお兄ちゃんを泣かせてしまいました。

まあ、息子はすぐ他の事に興味を奪われ、おもちゃの事を忘れてしまいました。
その隙に彼はしっかり遊んでいましたよ。






最後まで読んでくださって、ありがとうございます。


   *  *  *  *  *

本棚つくりました。
まだ開発中ですけど
覗いてみてね

ブクログ/絵本のおかあさん

   *  *  *  *  *

ランキングに参加しています
お手間取らせて申し訳ございませ~ん040.gif

このお話読んでみたいわ~と思って頂けましたら、
ちょこっと下のバナーを押してくださ~い
 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ


ごめんなさ~い。ついでにもう一個、ポチッとね
 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
トラックバックURL : http://ehonkasan.exblog.jp/tb/10057787
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by キュートなうさぎ at 2009-04-16 08:51 x
『みつばちマーヤ』に『みなしごハッチ』と、子どもの頃から
蜂は身近な生き物のひとつですよね。
アシナガバチやスズメバチは怖いけど、お世話になっている
ミツバチさんは、病気に負けずに頑張って欲しい・・・と願って
しまいます。

次男くん、自分の物の意識が強くなってきたんですね。
我が息子は、自分の物より他人の物が好きな子でした(^^ゞ
by yomuyomuehon | 2009-04-15 23:48 | 春の本 | Trackback | Comments(1)