絵本のおかあさん ehonkasan.exblog.jp

子どもたちが通った幼稚園で、絵本の読み語りボランティアのお母さんは、『絵本のお母さん』と呼ばれています


by yomuyomuehon
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

み~んな、お話が好き

押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

昨日は、小学校での昼の読み聞かせに行って来ました。

先週末、小学生版学祭とPTAバザーがあり、一つ大きな行事を終えて、落ち着いた!?

かと思いきや、

昼休みには、来月初めに行われる、市内小学生綱引き大会の練習が始まったようで、

読み聞かせルームで待っていると、子どもたちが体育館へ次々に向かうのが見えました。

taichiも四年生にして初参加。


最近水泳の練習がどんどんきつくなり、ここ一月は仮病を使ったり、泣いて車から降りなかったり、そしてとうとう裸足でスクールの敷地から逃げ出して・・・

辞めたい!と本人は言うものの、本心でもなさそうで、

大会の翌日、うれしかった結果を、真っ先に担任に報告したりもしていたようです。

でも、練習はつらい、もうやだ、行きたくない。

と、特に練習がきつい水曜日は特に鬼門。

そんな状態が続いていたので、他の事をやるのも、水泳以外の友だちとの交流もいいんじゃないかと、友だちに誘われながらも出場を躊躇していたtaichiの背中を押したのでした。

本人は、日曜日とて練習があったりするので、先のことは分からないから。。。。と迷っていたみたい。


と話が逸れましたが、天気もよく風のない静かな日に、読み聞かせにやってくる子はいるだろうか?

先月も三人だったし・・・その内の一人はhaneちゃんで(^^;)

なんて思いながら、持ってきた本を読んでいると、

二年生が数人やってきて、

そして、おおびっくり!

6年生男子が二人(^^)

初めてじゃん!!!

立ったままの二人に逃げられないように、目を合わさないようにしようっと(^^)

そうしたら、なんと最後まで聞いていてくれたのです!

昼読みは、いつも1・2年生が主で、たま~に3年生(う~ん、最近来てないかな?)という顔ぶれ。

高学年には、朝教室で先生がいらっしゃるところでしか、読み聞かせでお目に掛かることなし、だったのに。。。。

う~ん、感動です。


昨日のラインナップは、

気持ち悪い!と言いながら、小さな虫に食いついていた子どもたち。

学校の帰り道、落ち葉を踏んで蹴っ飛ばして、だけじゃなくて、捲ってみたりしてくれたかしら?


おちゃのじかんにきたとら

ジュディス カー/童話館出版

undefined


この本で、6年生の足が止まったのでした。

いい本っていうのは、皆がしーんとなって聞くもんなんですね。

「なんで、とら?」とか「いるわけないじゃん!」とか言う子が一人もなく、

読んでいて、なんて素敵な本なのかしらと改めて感じました。

このお話は、外に食事に行きたかった女の子とお母さんの妄想?

いやいや、だって次の日食料を買い込みに二人は出かけるのですからね。

妄想ではなかったわけですよね。

家の食料を食べ漁るとらの尻尾に、うっとり絡む女の子の姿。

散々食べといて、すっかりごちそうになりました。なんてお礼を言って紳士的に立ち去るとら。

この2シーンが私は好き。


びっくり まつぼっくり (幼児絵本ふしぎなたねシリーズ)

多田多恵子/福音館書店

undefined


知ってるーっ!と言う子も何人かいたこの本。

水に濡れるとかさが蕾み、乾くと開く性質を、小さな子に分かりやすく解説した科学絵本です。

6年生、家に帰ってやってみてくれちゃったかな?


そして最後は、

ふくろうくん (ミセスこどもの本)

アーノルド・ローベル/文化出版局

undefined


の中から、「おつきさま」を。

丁度二年生がアーノルド・ローベルの「おてがみ」を学んでいるようです。

とぼけたふくろうくんが何ともいとおしい。

大好きなお話の一冊です。


チャイムが鳴らない小学校。

一体何時に教室に帰らなきゃならぬのか・・・いつも分かりません(^^;)


なかなか高学年になると、自由参加のお話会に参加してくれる子はいません。

ましてや男の子なんて。

いやあ、実に嬉しかった昼読みでした。


今週のhaneちゃんラインナップ↓

e0160269_23231239.jpg

やはりhaneちゃんも、ゾロリのファン(^^;)

最近一番のお気に入りは「かわいいゴキブリの女の子」で、

かわいいゴキブリのおんなの子メイベルとゆめのケーキ (世界傑作童話シリーズ)

ケイティ・スペック/福音館書店

undefined


に続き、二冊目もチョイス。

すっかり私は読み聞かせから引退させられ(^^;)寝る前、布団の中で一章、自分で読むのが日課です。

さみしくも、頼もしくもある今日この頃。



ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村

# by yomuyomuehon | 2017-11-18 23:28 | 秋の本 | Trackback | Comments(0)
押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

小学校図書室のボランティアは、図書室の飾り付けや書棚の整理が主な仕事ですが、

専門の学校司書がいない、子どもたちの通う小学校の図書室はちょっとお粗末(><)

子どもたちに人気の本と言えば、

ディスニーアニメブックに、ゾロリ、サバイバルシリーズで、

いわゆる名作は、ほとんど出ることがない様子。

子どもたちに、本で広がる楽しい世界を体験してほしく、紹介文をつけて展示したいと考えるも、なかなか時間がとれません。

いざ、これを!と思っても、図書室にない本も多く、なかなか仕事がはかどらず(><)

そして紹介するにはまず読まなくちゃ!と思うと、児童書とはいえ、高学年向けとなると読み応えがあって読むのに忙しく、紹介したい本は山積みなのに、ブログに向かう時間が無い状態です。

って、いいわけに過ぎないですね(^^;)

でも、こうして児童書に接していると、児童書って本当に素敵。

大人が読んでも、明日への希望を見いだせる気がしちゃうのです。



子ども向けに本をつくろうとしたらごまかしがききません。つまらないとすぐにそっぽを向いてしまいますから。
だから、いい児童書は、無駄をすべて削ぎ落としたうえで、ていねいにつくってあるのです。
児童書は、子どもの気持ちにならないと楽しめない本ではなく、優れたものは、子どもが子どもとして楽しめるのと同様に、大人も大人として楽しめます。この本で紹介する十冊は、すべて、子どもに読むためだけの本ではなく、大人が純粋におもしろいと思える本ばかりを選んでみました。だから、まずは、大人に読んでもらいたいと思います。(「はじめに」より)

本当にその通りではないかと思います。

先週読んで、面白い!と思った高学年向けはこの四冊。

「びんの悪魔」はちょっと大人っぽいないようなので中学生以上向けかな?

他は6年生くらいに絶対おすすめです。

「バッテリー」なんて、児童書の域を超えていて、これは本当に面白い!


子どもがその年齢に達したときに、親である私も読む機会を与えられるものがあります。

ほとんどの大人は、大人になってから児童書に向き合うことが無いでしょう。

でも、それはもったいないかも?

大人向けの本は、読み終えたときすごく疲れます。

いい意味で(読者がそれを望むので)、読者を裏切る展開や、読み終えたときのすっきりしない感じが残るものが多いです。

その後も暫く考えさせられたりしませんか?

一方児童書は、読み終えたときのさわやかな感じ・・・5月の草原の風のような・・・があります。

決して読者を裏切らない。

それどころか、明日への希望や夢を持たせてくれます。

大人は疲れます。

そんな大人にも、児童書はよく効くと思うのです。

そして子どもの世界には「正しい事」が「正しい事」としてあるのも素敵です。

大人になると、そんなのは表向きだけだよ!と、本来はこうあるべき姿が崩れてきます。

でも子どもの世界には、子どもの本の世界にはそれがあるのです。


さらにこの時期の子たちが読む児童書は、冒険による心の成長を書いています。

主人公と一緒に冒険した読者は、読了後少し大人になっているはずです。

本を読むことで疑似体験出来るというのは、人間にしか出来ない事。

映像を見ての疑似体験を、他の動物がどこまで出来ているのか、興味がありますが、識字による想像は、人間にしか出来ないでしょう。

この想像はまた、人によって異なります。

それも素敵なことです。

映像での体験はみな一緒ですが、文字から想像した世界はみな違うわけです。

それって面白いですよね?


西の魔女が死んだ (新潮文庫)

梨木 香歩/新潮社

undefined


西の魔女とは主人公まいのおばあちゃんのこと。

おばあちゃんはイギリス人で、日本人のおじいちゃんと結婚し、ママが生まれ、まいが生まれた。

物語は、おばあちゃんが倒れたとの連絡を受け、中学校にいるまいを、ママが迎えにくるシーンから始まり、二年前に不登校になったまいがおばあちゃんと二人で暮らした日々を綴ったもの。

おばあちゃんはなぜ魔女と呼ばれるのか?

それはぜひ読んでみてください。

先日読んだ

も、ちょっと似た感じがありました。

きちんと生活をする事の大切さをどちらからも感じます。


魔女の宅急便 (福音館文庫 物語)

角野 栄子/福音館書店

undefined


小学校の図書室ではアニメ絵本は借りられているのですが、児童書の方は動かないまま(^^;)

キキが黒ネコのジジと、生まれ育った町から遠く離れた知らない土地で、一年間の魔女修行をした後、里帰りをするシーンがこの本のラスト。

親の所に帰って来たとき、改めてキキが成長したことが分かるのですが、うるっときます。

それは、私が主人公でなく、母親であるコキリさんの立場になっているからでしょう。

「魔女の宅急便」はこの本の後も続くのですが、この本のイラストだけ林明子さんでした。


バッテリー (角川文庫)

あさの あつこ/KADOKAWA/角川書店

undefined


あさのあつこさんの文章がうまい!

初版が出てから、この本が文庫本で出版されまでの7年間にあったことは、数知れず。

その中でも、1997年の14歳の少年による連続児童殺傷事件「酒鬼薔薇事件」など、10代少年の凶悪犯罪が次々報じられ、心理学者や教育者が少年の心を解析していくなかで、同じ10代の少年二人の息子を持つあさのさんも、母親仲間と嘆きあったそうです。

しかしながら、本当にそうなのか?自問自答する中で、書きたかった少年像をとらえました。

傲慢・脆弱・一途・繊細・無神経・思考力・希求の想い・惑う心・・・・悪とか善とかに簡単に二分されない、すべてを含んで屹立するたった一人の少年を。


主人公の原田巧は間もなく中学生。

類い希なピッチャーとしての才能を持つ、かなりの自信家であり、努力家。

中学入学を前に、両親の出身地、岡山県境の地方都市に引っ越してきました。

そこで出会ったのが同級生でキャッチャーをしている、病院の一人息子永井豪です。

巧とバッテリーを組むことを熱望し、出会った翌日から本気の野球を申し込みます。


なんかねぇ、文章が生きてて、ぞわぞわするのです。どきどきするのです。

会話が多いせいなのかな?

懸命に白球を追っている野球少年にも、まったくの野球音痴にも、この物語はビビッと来るにちがいない!

早く続きを読まねば!


びんの悪魔 (世界傑作童話シリーズ)

R・L・スティーブンソン/福音館書店

undefined


この本は、

宝島 (岩波少年文庫)

R.L.スティーヴンスン/岩波書店

undefined


を書いたスティーブンス作。

ハワイを舞台に、ある小瓶を手に入れた男の話です。

愛でも、名声でも、お金でも、豪邸でも、それどころかサンフランシスコのような町でさえ”欲しい”と口にすれば手に入れることができる。

ナポレオンも、キャプテンクックも持っていた小瓶。

でも彼らは手放し、そして没落し、一方は殺された。

なぜか?

この瓶にある一つの欠点。

それは・・・・

深いです。

そして、やはり人を救うのは愛です。

ぜひ、お読みください。


というわけで、今夜も読書に勤しむとしましょう。

最近の読書のお供がこちら↓





寒い夜にはお湯割りがいい(^^)

すっかり飲んべえになってるなあ(^^;)


ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村

# by yomuyomuehon | 2017-10-29 12:56 | 童話 高学年向け | Trackback | Comments(2)
押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村


大人向け・・・だと私は思う。

ヨシタケシンスケさんの絵本は、子ども向けなのでしょうか?

絵本だからとて、全てが子ども向けとは限りません。

漫画っぽい絵に、飛びつく子どもは多いです。

でも、大人だから笑えるし、共感できるものがあるのではないかと、私は思うのです。

haneちゃんが書店に置いてあるヨシタケさんの絵本をパッと手にとっても、それは一度きりのこと。

まだまだ楽しめないお年頃です。


子どもには勧めないこの本を、私が読んでみました。

ふむふむ、なるほど~

面白い。

大人が読むと面白いのです。


子どもの本は、未来へ開けるものであるべきだと私は思うのです。

色々嫌なことも、苦しいこともある中で、そのお話の結末に何か一筋の光が見えるようなもの、それが児童書のあるべき姿ではないかと。


確かにこの本は面白かったのですが、そういう意味では大人向けです。


で、この本を読み進めて行く内、こんな本棚あったらいいなと思う場面がありました。

(こんな内容です)

その町のはずれの一角に、「あるかしら書店」があります。

このお店は「本にまつわる本」の専門店です。

店のおじさんに「○○についての本ってあるかしら?」ってきくと、たいてい「ありますよ!」と言って奥から出してきてくれるのです。

そして今日も、あるかしら書店には、いろんな理由で本を探しにお客さんがやってくるのです。


私がいいなと思った場面は、


e0160269_09530881.jpg

書店婚って、何だかほっこり(^^)

本好きな人同士だったら、絶対やってみたいと思いますよね?

ケーキ入刀ならぬ、しおり入本とか、

ブーケトスならぬ、文庫トスとか、

絶対良い(^^)


それからちょっとしんみりしちゃうのが、「お墓の中の本棚」↓

e0160269_09564129.jpg

墓石の中が本棚になっていて、生前故人が好きだった本が入っています。

墓参りに行くと、中から一冊選び出し、代わりに天国のあの人に読んでもらいたい本をしまってくるのです。

いいと思いません?

私のお墓をこうして欲しいわ~。

故人とこうやって心を交すこと、本当に出来そうな気がします。



それから「水中図書館」。

カリオストロの城を彷彿させる?

ある大金持ちがコレクションしたたくさんの本。

それを背の高い棟のようなお城のような図書館にぎっしり詰め込んで、階段もはしごも外したのです。




e0160269_10030813.jpg
やがてくぼんだ土地に建てたその棟は、水の中に。

「水中図書館」として、有名になりました。


e0160269_10061933.jpg



e0160269_10084287.jpg


あったら行ってみたいわあ~♪


どうでしょうか?

この三場面だけでも、子ども向けではないですよね。

大人だから共感出来るのではないかと思いませんか?


ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村

# by yomuyomuehon | 2017-10-25 10:14 | 大人向け | Trackback | Comments(2)
押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村


読んであげるなら 7歳位~

ハロウィーン・・・日本ではクリスマスよりもその地位を確立したらしい、このイベント。

しかし、どうも私は好きになれない。。。。。

なぜか?

クリスマス以上に、商業ベースに乗せられている感じがあって、そもそもハロウィーンってさあ!な~んて思ってしまう石頭だからだろうか?


ハロウィーンは、日本で言うところのお盆。

時期を同じくしてやってくる有害な悪霊や魔女から身を守るために、仮装や魔除けの火を焚いてたことが始まりだとか。


この「アイスクリームが・・・」は、


「Trick or treat」(お菓子をくれないと、いたずらするぞ!)と言って、お菓子をもらうことになったわけから始まる。


昔、子どもたちは、ハロウィーンになると、本当にいたずらをしたらしい。

家の前の郵便受けをバットで殴ってボコボコにしちゃったり、

家の玄関に生卵を投げつけたり、

牧草地の門を開けて、牛を皆逃がしちゃったり・・・

被害者からすればひどい話だけど、まあ「牛を・・・」のいたずらには笑っちゃう(^^)


それが、世界恐慌時代にはエスカレートし、笑えないいたずらになったそうだ。


電柱をノコギリで切り倒す!?

列車の運転士が急ブレーキを掛けるように、人そっくりの人形を作って線路に置く!?

干し草を摘んだ荷車に火を着けて、丘の上から転がす!?

などなど。


大人たちは怒って、

子どもたちを銃で撃ったり(><)

警察はバリケード越しに子どもたちと戦ったり・・・

そんなおそろしい時代があったのだそうだ。


お祭だったはずのハロウィーンが、大人対子どもの戦争のようになってしまって、大人たちはハロウィーンを変えることにした。

それが、

「子どもがいたずらをしないように、大人がお菓子をあげる」お祭になった。


ハロウィーンなんて、はあ?の私がこの本に惚れたのは、この後のお話。

図書館で借りて読んで、即注文(^^)



子どもが「trick or torieat」とやって来たら、その子が何の仮装をしているか当てなくてはいけないそうだ。

これはあいさつのようなもので、当てないのは失礼にあたるのだと。


スーパーマンのシャツを着て、全身緑色の絵の具にまみれた子。

さて、この子は何?

正解は、

ウーパーマン!

???

って、私は分からないのだけれど(^^;)

スーパーマンは、クリプナイトという緑色の石の光を浴びると、弱くなってしまうんだそうで、

頼りにならない、空も飛べない、力も弱くてまっすぐ歩けないスーパーマン。

それが、ウーパーマン。

この子は、そのよわよわスーパーマンを演じる。

それが大受け。

弱いけど、ヒーローの気分(^^)


こんなものは巷に売っていやしない。

手作りなのだ。

そしてこの手作り衣装こそが、ハロウィーンの醍醐味なのだ。

せっせと手作りする両親。

しかし、一度はお店で売っているものを着たがる時期がある。

が、それだと、友だちと被ってしまったり、当てっこゲームで盛り上がらなかったりして、

結局は手作りに戻る。

毎年毎年溜まっていくハロウィーンの写真を見て、みんなで笑う。

ハロウィーンとは、そういうお祭なんだそうだ。


やがて友だち同士で親が嫌がるような衣装を作ったりして、大人になっていく。

ハロウィーンでお菓子をもらうのが当たり前だった子ども時代も、やがて終わりが来る。

親と見ていた写真を、友だちと見ながら、その時と同じ衣装を作ってみたり、一緒に泣いたりして、

そうして、子ども時代に終わりが来る。


へえ、そんな風にハロウィーンを考えた事無かったなあ。

日本でのハロウィーンはそういう感じじゃないもんね。

衣装を手作り・・・楽しんでいる大人はやりそうだけれど、子どもには売ってるものを着せてるだけかも。

この本にあるようなハロウィーンならいいよねぇ♪

e0160269_653230.jpg


さて、上の写真。

数年前、主人が夜なべして作ったダースベーダー卿に扮した私。

幼稚園のバザーで、お化け屋敷に出現。

誰も、「お化けじゃないじゃん!」って言ってくれなかったけど、すっごくいっぱい写真を撮られた、最高の出来映え♪

e0160269_66158.jpg


主人が着ると、おおダースベーダーっぽい。

手前のストローハットはsota、一年生かな?

って事は6年前。

いやあ、家族でばかな事をやっていた時代。

今のような悩みはなく、う~ん、あったかもしれないけど、今考えると大したこと無かった(^^;)

っていうか、主人が細いんですけど・・・・






第二弾はこれ↓

e0160269_17272460.jpg



ブルックに扮した私。こちらも幼稚園のお化け屋敷で(^^)



「お菓子をもらっていた頃の仮装の写真は、みんなの宝物。

大人になった子どもたちは、考える。

針金ハンガーをママやパパと曲げながら作っていたのは、何だったのだろう?

思い出とか、愛という気持ち。

一緒にいる時間。

一緒に歩く時間。

それとも?


いつかタイムマシーンが発明されるとしたら、その答えを知るために発明されるのだ。」


私が紡いでいるこのブログも、絵本や児童書の紹介でありながら、思い出であり、愛である。

sotaもtaichiもhaneちゃんも、その思い出や愛を糧に、大人になってほしいものである。


最近、更年期(・・・だと自分では信じ切っている)による感情のコントロールが難しく、イライラしっぱなしで、笑みがない自分。

そんな自分が一番、過去の思い出に癒やされるのかもしれない。


ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村

# by yomuyomuehon | 2017-10-20 23:30 | 愛のある絵本 | Trackback | Comments(0)
押してくれると、うれしいな(^^V)


にほんブログ村

児童書コーナーで見つけたが、どう見ても大人向け

(本文の書き出しは、こんな感じ・・・)

豚、ひとりで林の入り口にすんでいました。

豚だから、豚は豚小屋にすんでいます。

 * * * * *

(以下、あらすじです)

お腹がすけば、林に入り、ピクニックに来たうさぎやきつねの食べ残しをあさり、

どろんこがあれば、ごろごろ転げ回り、

日向で体を乾かすことがあれば、どろどろのまんま家に帰ったりもしました。

そうやってずうっと林の入り口に住んでいたのです。


やがてたくさんの動物たちが豚の知らない機械を持ってきて、林の木を切り倒し、林が野原になっていきました。

そこに何十軒ものきれいな家が建ち、

朝にはランドセルを背負った子ども達が出掛けていき、

背広にネクタイ姿のお父さんたちもぞろぞろ出掛けていきました。

残ったお母さんたちは、洗濯物を干すと、テニスに出掛けていきました。

小屋の近くに来た子ども達にクーサイクーサイと笑われても、豚は豚のまんまでした。


ある日、きつね紳士とうさぎ婦人が豚小屋にやって来て、

他の豚と同じように、文化的生活をするようにと勧めたのです。

しかし、意に返さない豚。

翌日もいつものように林に食べ物を探しに入り、小川で遊び、小屋に戻ってみると、豚小屋があったはずの所にはオレンジ色の屋根のある真っ白い家が。

玄関にはきつね紳士がにこにこ笑って立っていました。

「ここがきょうからの豚さんのいえですよ」

その日から、パンツとズボンを履き、ネクタイを締め、背広を着た豚。

街の大きなビルの一角で働き始めました。

夕方、疲れて家に帰った豚を待っていたのは・・・・えっ、奥さんに子ども?

*****

ちょっとSFっぽくて、現代社会人を風刺しているような面もあって、

う~ん、どう見ても大人向けなんだけど。。。。。

どうしてこの本が児童書コーナーにあるのかしら?

これは、子どもが読んで、楽しいのかしら?

だとしたら、随分と大人っぽいお子さんです。

佐野さんの作品は、確かに子ども目線じゃないものが多いかもしれません。

でも、

なぜ?と、目の前の現実を受け入れられない豚に、当たり前のように子どもが生まれた時や入学式の写真を見せる奥さん。

そこに一緒に映るのは紛れもない、父となった豚。

その後、思い立ってきつねの家を訪ねた豚の取った行動や、その後の展開に、子どもにはショックじゃないかしら?


ある日、バス停で会ったきつね紳士はいう言いました。

「しかし幸せというやつは、ひととおなじことをやっていないといけませんからな。こつはこれだけです。このかんたんなことをやるのがまた、なかなかたいへんですが、幸せってそういうもんですからな。はっはっはっ」

さらに「しかし、」と言いかけた豚に対し、

「『しかし』とか『よくかんがえてみますと』とかはいわないほうがいいのです。『しかし』とか『よくかんがえてみますと』とかは、いまの幸せをこわします。よくおわかりになっているでしょう」


大人はきつね紳士のように、紳士面をしているのかな?

子どもはきっと

「うちのパパはどうなんだろう?」

な~んて考えちゃうよね(^^;)


大人からすれば、

う~ん、分かるなあ。。。。。

大人として、親として、こうあるべき!だけれどもさ、

時に逃げだして、どろんこの中でごろごろしたくなっちゃうもの。

現実的にはそうは出来なくて、心の中でごろごろしながら、ちゃんとしている自分を演じて思うんだろうな。

ああ、ちゃんと大人やってる自分って偉い!ってね。


タイトルにもなっている「あっちの豚 こっちの豚」は物語のラストに登場するのですが、果たしてこれは一匹の豚なのでしょうか?

それとも?

う~ん、謎めいていています。

私の中にも、「あっち」と「こっち」と、二匹の豚が存在しているような気がします。

皆、そうなのかもしれませんね。

そうやって私たちは、自分というバランスを保っていられるのかもしれません。

*****

さて、この絵本は文も挿絵も、佐野洋子さん作ですが、実は1987年に小峰出版から広瀬弦さんの挿絵で出版されていました。

巻末に、その当時のイラストが載っています。

当時、親子がちバトルの末、息子さんのイラストが採用されたそうです。

でも私は、広瀬さんのイラストは生々しくて毒がある気がして、佐野さんのイラストの方が好きだなあ。

あなたはどちらがお好みでしょう?

ブックオフオンライン 楽天ブックス



最後まで読んでくださって、ありがとうございます。 

* * * * *

ランキングに参加していま~す

お帰りの際に、ポチッとよろしく~!!
  

↓  ↓  ↓ 
 
にほんブログ村

# by yomuyomuehon | 2017-10-12 16:45 | 大人向け | Trackback | Comments(0)